起き抜け30秒!目覚めスッキリヨガ ♯活動スイッチをオンにするポーズ

体を弛緩から緊張に導き、交感神経を高めアクティブに一日をスタート

眠りから覚めたときは副交感神経が高く、一日の活動に向けて交感神経を優位にする必要があります。私は毎朝30分~1時間かけてポーズのセルフプラクティスを行い交感神経を高めるのが日課。決まったフローではなく、その日の体調に合わせてポーズを組み合わせ自由に動くのが私流。ポーズの種類は毎日変わりますが、ダウンドッグは必須ポーズです。背骨を伸ばすと体が目覚める感覚を味わえ、同時に今日の体の状態をチェックし、ダウンドッグを繰り返す中で筋肉の緊張や関節の詰まりを調整していきます。

今回ご紹介するのは、体を弛緩させてから緊張状態に導き交感神経を働きやすくするセットポーズ。自宅を出る前に交感神経のスイッチを入れて心身を活動的な状態にしておくと、日中アクティブに過ごせますよ。(相楽のりこさん)

チャイルドポーズ

目的と効果:交感神経を高めるための準備ワーク。チャイルドポーズでリラックス状態にしておくと、次に紹介するダウンドッグで交感神経が高まりやすい。ダウンドッグとセットで行うこと。

やり方

1.うつぶせになりおでこをマットに付けて両腕は体の脇に置く。

目覚めをよくするヨガポーズ
Photo by Shoko Matsuhashi

2.正座に移行しおでこをマットに付けて両腕を前方へ伸ばす。

目覚めをよくするヨガポーズ
Photo by Shoko Matsuhashi

効果UPのポイント:ベッドに体が沈み込むように吐く息で完全に力を抜き切り、交感神経を完全にオフにしておく。

ダウンドッグ

目的と効果:全身ストレッチと深い呼吸により、チャイルドポーズでオフにした交感神経をオンにして活動的な体を作る。

やり方

1.四つん這いからお尻を高く天井に突き上げ、腋の下と体側を伸ばし呼吸を繰り返す。できる人はかかとをマットに下ろす。

目覚めをよくするヨガポーズ
Photo by Shoko Matsuhashi

2.膝を曲げて足踏みを繰り返し、背中やふくらはぎなど体がほぐれる感覚を味わう。

目覚めをよくするヨガポーズ
Photo by Shoko Matsuhashi

効果UPのポイント:肩はすくめず肩甲骨を開いて背中を伸ばし、手首~尾骨を一直線に保ち背骨の伸びを感じる。

教えてくれたのは…相楽のりこさん
ヨガインストラクター、「TODAY SAGARA YOGA STUDIO」主宰。幼少時代から10年間器械体操の選手として活躍、その後タレント、女優として活動する中でヨガに出会いナチュラルな美を追求。過去の経験を活かしてストレッチ要素を取り入れたヨガ+ストレッチ「sagarayoga」を提案し、企業やイベントでレッスンを展開。2017年3月、東京・千駄ヶ谷に自身がオーナーを務める「TODAY SAGARA YOGA STUDIO」をオープン。

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi

元記事を読む
提供元: Yoga Journal Onlineの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。