知って得する!シャンプーの基礎知識 〜シャンプーの選び方〜

シャンプーの洗浄成分

シャンプーの洗浄成分
出典:GODMake.

髪をダメージさせないためには、どのようなシャンプーを選べばいいのでしょうか。まず、シャンプーを選ぶときには、「洗浄成分」に着目することが大切です。

大きく分けて、シャンプーには「硫酸系シャンプー」と「アミノ酸系シャンプー」があります。市販で売られているものには、硫酸系シャンプーが多いです。硫酸系のシャンプーは、比較的値段が安いのも特徴です。

基本的には、髪と頭皮のためを思って選ぶなら、「アミノ酸系シャンプー」を選ぶと良いでしょう。アミノ酸系のシャンプーは、洗浄力がマイルドなため、頭皮や髪に必要な油分を落とさずに、洗うことができます。反対に、硫酸系のシャンプーは洗浄力が強いため、頭皮や髪に必要な油分を洗い流してしまうのです。

アミノ酸系シャンプーを選ぶ方が髪に良い、ということはわかっていただけたかと思います。次に、どの洗浄成分が何に当たるのかを解説していきます。

アミノ酸系の洗浄成分
アミノ酸系の洗浄成分
出典:GODMake.

アミノ酸系シャンプーの洗浄成分は以下です。

  • ココイルグルタミン酸
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ラウラミドプロピルベタイン
  • コカミドプロピルベタイン

シャンプーのパッケージの裏面を見て、この名前の成分がはじめの方に載っているシャンプーがおすすめです。硫酸系の洗浄成分に、アミノ酸系の洗浄成分を混ぜた、アミノ酸系配合シャンプーと呼ばれるものもあります。

シャンプーを選ぶときには、アミノ酸系シャンプーか、アミノ酸配合シャンプーを選ぶようにしましょう。

硫酸系の洗浄成分
硫酸系の洗浄成分
出典:GODMake.

続いては、硫酸系シャンプーの洗浄成分を紹介します。

  • ラウレス硫酸
  • ラウリル硫酸
  • スルホン酸

これらの名前がパッケージの裏面のはじめの方にきているシャンプーは、少し注意が必要です。肌が弱い方や、頭皮が乾燥しやすい方が使用すると、余計に乾燥してしまうこともあります。

泡立ちがとても良いというメリットもあるのですが、刺激は強めです。

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの選び方

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの選び方
出典:GODMake.

巷では、「シリコンは悪!」「ノンシリコンシャンプーを選びましょう」と言われることも多くあります。しかし、実はどちらにもメリットデメリットが存在するのです。

簡単に言うと、シリコンとは、髪をコーティングして保護し、指通りや手触りをよくするために配合されているものです。そのシリコン自体は悪者ではありません。シリコンは、手触りをよくしてくれるのですが、しっかりとすすがないと毛穴を詰まらせてしまう原因にもなります。これが、悪者と言われる所以です。

では、シリコン入りシャンプーとノンシリコンシャンプー、どちらを選べばいいのでしょうか。

ノンシリコンシャンプーの使い心地は軽めです。猫っ毛やペタンとなりやすい人には向いています。パーマをかけたりするときに、ノンシリコンを使用していると浸透が良くなることもあるので、パーマをかけたいと思っている方にもおすすめです。

頭皮のべたつきや髪のごわつきを感じる方も、ノンシリコンシャンプーを使うと良いですね。その代わり、ノンシリコンシャンプーを使うと、コーティング剤がないため髪が軋みやすくなります。なので、髪が大きくダメージしている方がノンシリコンシャンプーを使うと、ダメージが悪化することがあります。

髪が大きくダメージしている人は、あえてノンシリコンシャンプーを使わなくても良いと思います。しっかりとすすぎをすることを守れば、シリコンの有無にこだわらなくても良いのです。

ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプー

ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプー
出典:GODMake.

よくお店で、ボタニカルシャンプーと呼ばれるものが置いてありますよね。それらは、植物成分を配合しているシャンプーのことを指しています。基本的には優しい成分で作られていますが、厳密な規定がないため、悪いものも存在するので注意が必要です。

ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプーは、ほぼ同じと思ってもらってかまいません。どちらも、植物成分を配合しているシャンプーです。

植物成分の入ったシャンプーを使うときには、アレルギーを起こすこともあるので、使用中に異変を感じたら、すぐにストップするようにしましょう。

髪に優しいシャンプーで美髪へ

髪に優しいシャンプーで美髪へ
出典:GODMake.

正直、市販のシャンプーでは、値段も安めのものが多いので、成分もそれなりのものが多いです。ですが、中にはアミノ酸系の成分を多く配合しているものも存在します。

シャンプーの良し悪しは、成分だけでは決められません。(成分配合によって違いが出てくるため)しかし、シャンプー選びの基準としては、成分を見ることが手っ取り早い方法です。

自分の髪に合うかどうかが一番大切なので、今回の記事を参考にシャンプーを選び、色々使ってみてくださいね。

元記事を読む
提供元: GODMake.の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。