LINEの文で脈ナシ判定!「LINEを上手に使った恋愛」をするコツ

気になる彼とのLINEでは、一喜一憂することが度々ありますよね。
彼の心がわからない……脈ナシかも……とネガティブな妄想に囚われることもあるのではないでしょうか?

今や恋愛に欠かせないLINE、もっと上手に使いこなしたいですよね。
そこで今回は、「LINEを上手に使った恋愛」をするコツを紹介していきます。

(1)聞き上手になる

『LINEするのが楽しい女性とは、会ってもっと話してみたくなる』(29歳/営業)


会って話をするのと同じで、聞き上手な女性に好感を持つもの。
コミュニケーション能力が高い女性は、一方的にトークをしてしまうことが多いですが、男性だって話を聞いて欲しい気持ちはあります。

上手に質問し褒めてあげることで、ポジティブな印象を持ちやすくなり好感度アップ。
とくに相手が得意なことや、未来の話について上手に質問してみて。

(2)感情は少し大袈裟に表現

『すごく楽しそうなスタンプとか送ってくると、可愛いなって思う』(27歳/金融)


文字だけでやり取りをするLINEでは、感情がわからなく誤解をすることがありますよね。
相手の感情を察知する能力が低い男性は、女性がどのように思っているかわからないことがあります。

感情は少し大袈裟なくらい言葉や絵文字、スタンプで表現することで伝わりやすくなるもの。
とくに「嬉しい」や「楽しい」などポジティブな感情は積極的に伝えてみて。

(3)自分のメッセージを確認

『返信しにくいLINEを送ってくる女性っているよね』(27歳/商社)


気になる彼とのLINEで、トークが続かなく素っ気ない返信だと脈ナシかも……と落ち込むことがありますよね。
そんな時は脈ナシと判断する前に、まず自分のメッセージを確認してみましょう。

たとえば長文で送っている場合は返信することが面倒に思います。
またまだあまり仲良くない相手に自分報告のLINEをされると、どのように返信していいかわからないもの。
相手が返信しにくいメッセージを送っている場合があるので、これまでのメッセージを確認してみて。


(4)相手との距離感を確認

『遠まわしに断ってもグイグイ押されたら、もっと逃げたくなる』(31歳/IT)


食事などに誘った時、具体的な日程を決めないのなら、まだまだ相手との距離がある証拠。
たとえば「仕事が忙しい」や「行ける時また連絡する」など。

このような場合は、一旦引いてグループでの誘いに切り替えるようにすると◎。
やり取りが残るLINEでは、相手との距離を確認できるので、やり取りをもう一度確認して次のアクションを考えましょう。



脈ナシかも……と思っても、まだまだ諦めるのは早いですよ。
上手にLINEを活用すれば、逆転のチャンスはあります。
冷静に判断して、少しずつ相手との距離を縮めていきましょう。

(恋愛jp編集部)

元記事を読む
提供元: 恋愛jpの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。