1. トップ
  2. 横浜流星は“悲観主義者”?「感情を抑え込むタイプ」と告白 「いなくなれ、群青」試写会

横浜流星は“悲観主義者”?「感情を抑え込むタイプ」と告白 「いなくなれ、群青」試写会

  • 2019.8.13
  • 1026 views
映画「いなくなれ、群青」完成披露試写会より
撮影=阿部岳人

俳優の横浜流星が8月12日に行われた主演映画「いなくなれ、群青」(9月6日公開)の完成披露試写会に出席した。

【写真を見る】飯豊に「僕は壁ですか」と笑顔で返す横浜流星

飯豊まりえに「僕たちは正反対」

映画「いなくなれ、群青」は河野裕氏による青春ファンタジー小説が原作。横浜は平穏な生活を望む“悲観主義者”の主人公・七草を演じ、飯豊は誰よりもまっすぐで正しく凛々しい“理想主義者”の幼なじみ・真辺を演じている。

自身は“悲観主義者”と“理想主義者”どちらに近いかと聞かれた横浜は、「七草かな…自分も感情を抑え込むタイプなので」と回答。飯豊との共演を「七草は(受け取ったものを)一回落とし込んでから返すので、難しかった。感情的な真辺とうまくキャッチボールできなくて」と振り返った。

一方、飯豊は「横浜さんは何を投げても綺麗にポーンと返してくれる」と横浜を称えたものの、横浜は、飯豊のコメントに「僕は壁ですか」と苦笑ぎみ。それを受け、飯豊は改めて「横浜さんとお芝居して、絶対に受け入れてくれると信じられました。そこは真辺ちゃんも七草に対してそう感じていると思います」と俳優・横浜流星の魅力を語った。

お互いの性格については横浜が「僕たちは正反対です」、飯豊も「横浜さんと私は根本的に正反対ですよね」ときっぱり。共演の矢作穂香が横浜を「七草と真辺の両方を持ってる感じがする。陰と陽どっちもある」と指摘すると、横浜は「はい。僕は二面性を持っています」と素直にうなずいていた。

この日のイベントには、横浜のほか共演の飯豊まりえ、黒羽麻璃央、矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆と柳明菜監督、音楽の神前暁氏が出席した。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む