1. トップ
  2. メイク
  3. 【イガリシノブ】”老け見え”の原因はファンデの厚塗り!? イガリ流らしさを引き出すメイク 【イガリさんがwith girlsのメイクをお直し!】

【イガリシノブ】”老け見え”の原因はファンデの厚塗り!? イガリ流らしさを引き出すメイク 【イガリさんがwith girlsのメイクをお直し!】

  • 2019.8.30
  • 15077 views

イガリさんがwith girlsに出会ったばかりで、ささっとお直し! 「らしさ」を隠しちゃ、もったいないよ~ 。

今回はwith girls スターメンバー・井上カオリさんの、ファンデの厚塗りで老けて見えがちなメイクをお直ししちゃいます!

井上さんのいつものメイク&イガリさんの分析

 (534865)

・男性モテしそうなメイクはお似合い
・目頭が中心に寄っててキレイ
・ファンデ厚すぎ&グレーみで老けて見えるかも

だから…

塗りすぎ見直し&赤みをプラスして、 フレッシュさUP! 口元が下がり見えする骨格なので、上向き印象に!

「あのね、ファンデーションを厚く塗るのはその感じが好きな人もいるだろうし、いいの。どうぞ! でもね、顔全体が均一に厚いのはダメ! のっぺり見えるし、まさに仮面のような重たさで井上さんは3枚分くらい余計についてる!! せっかく持ってる涙袋も消えちゃってるし、くすんで見えるし。美人で男性ウケ良さそうなのに、若々しさがなくて実年齢より上に見えていて、"らしさ" がかなり減!! 頰の印象もハイライトで上向きにしよ~」

まずは厚めのファンデをオフしてフレッシュさUP!

「ファンデの厚さが尋常じゃない!(笑)」とイガリさん。鼻の下、口周りとほうれい線周りを丁寧にスポンジでオフしていく。さらに目元。綿棒を使ってメイクオフするも……取っても取ってもファンデーションが綿棒についてなかなかオフしきれないほどの量という事実が発覚。そして、徐々に元々の涙袋が出現し、スタジオにいたスタッフ一同&そして本人もびっくり。

---厚塗り印象の人中をファンデオフ
---ファンデの層から涙袋を掘り出して!
---涙袋を拭いただけでこんなに取れた!

HOW TO MAKE UP

\使ったのはコレ!/
 (534875)


【A】ブラウンの延長で使いやすい。マキアージュ アイブロースタイリング3D 60 ¥2500(セット価格、編集部調べ)/資生堂

【B】上品な光沢感で美人みえ。エターナルクチュール アイズ ベルベット 03 ¥5000/ジルスチュアート ビューティ

【C】マルチに使える。インフィニトリーカラー 12 ¥3200/セルヴォーク

【D】洗練された肌質に整える。コンスピキュアス チークス 06¥6800/アンプリチュード

【E】潤いもキープ。カネボウ リクイドルージュ 15 ¥3500/カネボウインターナショナル Div.

《1.目のキワにはキラキラを入れよう~》

イガリさん曰く「きっと美人な印象のメイクが好きだと思うから、下まぶたの粘膜にキラキラを入れるのがいいと思う。そうすればクマだって目立たなくなるし目の輝きも一層増します!」とのこと。

 (535107)

目の下は薄くリキッドファンデーションでカバーし、【B】左のハイライトシャドウをインサイドに。さらに目頭にも同じ光を加えて、美人印象を高めて。

《2.グレーみを赤みにチェンジ》

「もともとのこってりファンデーションに対して、メイクの色みもどことなくグレイッシュだったから、ぶっちゃけ若々しさが消えちゃってるのがもったいない」とイガリさん。

 (535112)

眉も【A】の赤みパウダーを重ね、【C】をまぶたにのせてから、【B】右から2番目のくすんだ赤を二重幅に。両サイド2色を混ぜてキワにのせて引き締めて。

《3.ハイライトで上に上に》

光を放つハイライトは、無意識に視線や印象を上に持ち上げる効果が。
「骨格的に頰がポヨンとしていて、ちょっと下に引っ張られるような印象に。それをハイライトで上重心に明るさをプラスして、自然と上に上に!!!」(イガリさん)

 (535118)

【D】上のハイライトをブラシにとり、おでこ、鼻横の上の部分、こめかみに。

《4.上唇だけボリュームUP》
 (535122)

唇の中央部分にローズのリップ【E】を塗り、指でなじませる。その後に上唇だけもう一度塗り重ねることで、上向き効果を発揮。

FINISH

 (535125)

職場では"気が強い"って言われてたけど、上品な色気を少し出せてすごく嬉しいです!!(井上さん)

ニット¥8000/メルディティ ピアス¥4200/ステラハリウッド

思い込みに囚われすぎないで!

みなさんは普段、自分のものさしの"らしさ" でメイクしていると思うんです。でも、一番思ったのは思い込みに囚われすぎているのかな~って。一度メイクの思い込みを捨てて、客観的に見てみるといいかもね~。(イガリシノブ)

撮影/田上浩一(モデル)、恩田亮一(商品)ヘア&メイク/イガリシノブ(BEAUTRIUM) 取材・文/森山和子
●再構成with online編集部 ●商品情報はwith2019年9月号発売時点のものです。

元記事で読む