1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 日焼け後の正しい対処法とは?守るだけではダメ!覚えておくべきケア方法

日焼け後の正しい対処法とは?守るだけではダメ!覚えておくべきケア方法

  • 2019.8.11
  • 9146 views

日差しが強く降り注ぐ季節がやってきました。日頃から日焼け止めを塗ったり、日傘を差したりと、日焼け対策に抜かりなく過ごしている人も多いでしょう。

しかし、海やキャンプなど一日中屋外にいることが多いレジャーの場合はどんなに対策をしても肌が焼けてしまうことも。日焼けで、肌のヒリヒリがひどくなったり、肌が黒く色素沈着してしまうことも……。そうなる前にしっかりと対処することが大切です。

そこで今回は、日焼けの原因やその対処法について紹介します。

日焼けの種類は2つある

日焼けと一言で言っても、実は2つの焼け方があります。

まずは肌がヒリヒリと赤くなってしまう日焼けです。これは紫外線のB波によって引き起こされるもので、肌に炎症が起き、ひどいときには水ぶくれができてしまうことも。まさに火傷のような状態です。このヒリヒリ日焼け、炎症が進むと皮膚ガンの原因にもなってしまいます。

もう1つが肌が黒くなる日焼けです。これは紫外線のA波というものの影響で引き起こされます。

中には赤くヒリヒリすることなく、肌が黒く焼けてしまうという人も多いですね。この日焼けは、赤く日焼けするよりも体で感じる辛さが少ない分、対処も遅れがちです。

しかし、しっかりと対処しないとシミやソバカス、たるみの原因になってしまいますよ。

日焼けのケアは対処の早さと手順が大切!

日焼けのケアでは、焼けてからケアをするまでの早さが重要です。どういった手順でやれば良いか紹介しますね。

1:焼けてしまった肌をクールダウンさせる

まずは日焼けしてしまった部分をクールダウンさせましょう。濡らしたタオルなどを優しく肌に当てましょう。保冷剤を使う場合は、タオルに巻いて冷たさを軽減させてから肌に当ててくださいね。もしもタオルがない場合は水道水やシャワーで水を当ててもOKです。肌の火照りが治るまでしっかりと冷やしましょう。クールダウンをすることで、保湿液などを塗ったときに沁みるのを防げます。

ヒリヒリと赤く日焼けしてしまった場合は、肌がかなり火照っている状態なので、早めに冷やしてあげましょう。

もちろん、黒く日焼けした場合でも、じんわりと肌が火照っていることが多いですよね。大したことないと思いがちですが、この場合も早めのクールダウンしてくださいね。

2:保湿はしっかりしよう

肌をクールダウンさせたら次は保湿を行います。日焼けをした肌は非常に敏感です。細胞が破壊されているため、乾燥にも弱い状態になっています。

いつも使用している保湿のクリームでもOKですが、日焼けしてしまった場合は、日焼け肌用の保湿液がおすすめ。クールタイプのものが多いので、保湿だけでなく、火照った肌をしっかりとクールダウンしてくれます。

ただ、このクールタイプを使う場合でも、事前に水などで肌の火照りを鎮めてから使うようにしましょう。肌が弱く、赤く日焼けしやすい人は、刺激少なめのタイプを選ぶと良いです。ワセリンなどは子どもにも使えるためおすすめですよ。

3:体の内側からもケア

日焼けをした後は、体の内側からもしっかりケアを行いましょう。日焼けによって、肌が乾燥しやすい状態になっているため、水分補給もしっかりしておきましょうね。

また、抗酸化作用のあるビタミンC、肌のターンオーバーの促進に効果的なビタミンAを多く含む食材を摂取するのがおすすめです。

サプリで摂っても良いですが、食材から摂取すれば吸収力がアップする場合があります。緑黄色野菜や青魚、フルーツを普段の食事に取り入れてみましょう。

放置は厳禁!早めの対処を心がけて

もう焼けてしまったものはしょうがない……。日焼けするとそんな風に考えてしまいがち。しかし、早めの対処をすることで十分に肌の状態は改善できます。むしろ、ひどい日焼けを放置することで炎症などが悪化してしまう可能性があります。

日焼けをしてしまった場合は、放置することなくしっかりと早めのケアを心がけてくださいね。

photo/PIXTA

オリジナルサイトで読む