流浪の音楽番組が東京・大森でロケ ベトナム料理店で「踊りたくなっちゃう曲」と「いい声の歌手」を語る

「ザ・カセットテープ・ミュージック」8月11日(日)放送より
(C)BS12 トゥエルビ

【写真を見る】うめ子(河村唯)はアオザイを着用して登場。スレンダーな体に似合う!

マキタスポーツ&スージー鈴木の「ザ・カセットテープ・ミュージック」(毎週日曜夜9:00 BS12 トゥエルビ)が、またしても料理店で「食べながら」収録。今回は、東京・大森のベトナム料理店が舞台だ。

「流浪の音楽番組」を自認する同番組。これまで、文藝春秋社や東京・中目黒のカフェ、竹橋の老舗レストラン「アラスカ」と渡り歩いてきたが、今回はぐっと南下しての大森。

カセットガールのうめ子こと河村唯の「いつもお世話になっているので、今日は私が撮影場所を提供します」という申し出で、大森の「アジアンテーブル&バー・レン/REN」での収録となった。うめ子は同店のアンバサダーを務めているという。

収録したテーマは、8月11日(日)放送の「夏だ!祭りだ!踊っちゃおう特集」(第46回)と、9月1日(日)放送予定の「ええ声特集」(第47回)。前者は、「聴くと踊りたくなっちゃう曲、思わずノってしまう曲」を特集、後者では「いい声!」を持つアーティストをセレクトし、その理由を解析していく。

マキタスポーツ・スージー鈴木インタビュー

【写真を見る】うめ子(河村唯)はアオザイを着用して登場。スレンダーな体に似合う!
(C)BS12 トゥエルビ

今回は、収録を終えたばかりのマキタスポーツ、スージ鈴木に行ったインタビューを紹介する。

――ベトナム料理店での収録となった理由を教えてください。

マキタ:それは完全にうめ子(河村唯)利権ですね(笑)。

スージー:加計問題と構造は一緒です(笑)。利益誘導、恐らくタイアップ料を・・・(笑)。

マキタ:ハハハハ(笑)。おいしいベトナム料理をいただきましたよ。この番組は、「流浪の番組」。何回に1回は(収録場所になることが多い)トゥエルビの社屋から離れないと。トゥエルビ社員の皆さんが働いているところで我々が大声でしゃべるんで、スタッフにすればしのびないということなんでしょう。

スージー:番組の内容、性質的に、渋谷区神宮前的ではないんじゃないかという疑念がありまして。今回のシャネルズの聖地の大森とかですね、足立区とか下町の方に。もうすぐ茅ヶ崎ロケもあるんじゃないですかね? ラチエン通りとか(スージーの好きなサザンオールスターズの楽曲に「ラチエン通りのシスター」がある)。でも、外に出るのはいいことだと思うんですね。たとえ利益誘導であっても(笑)。

(スタッフ含め、一同爆笑)

――ベトナム絡みのことは全く収録には出てきませんでしたね。ベトナムの音楽とか。

マキタ:全然ですね。大森のベトナム料理店で「踊った」というだけです(笑)。

――かなり体を動かされてました。

スージー:ザ・スパイダースのダンスを披露しまして。うめ子さんも踊らせて。かつてない肉体性にあふれる収録になりました。

マキタ:ひと言で言うと我々は身体性に乏しいじゃないですか。

スージー:下半身が動かない番組と言われてますから。でも今回動きましたよ、体が。

マキタ:今回は体を使いながら、音楽のリズムの楽しさ、ビートの楽しさに注目したということですね。面白い話もできましたよ。エイトビートとシャッフル、ザ・スパイダースから始まって、タテ乗りとヨコ乗りの話だとか、遊び人について語ったり。

――スージーさんが「踊りたくなっちゃう曲」として「ザ・ハイロウズのテーマ」(THE HIGH-LOWS)をセレクトされたのが意外でした。

マキタ:体が思わず動いてしまうという意味でね。

スージー:THE HIGH-LOWSのドラムは、日本のエイトビートの真骨頂と言いましょうか。ビートの概念とスウィングの概念が見事に融合している最高のドラムだと思うんです。イントロはエイトビート。最高のエイトビートではないかと個人的に思っているので、それを世に問うてみます。どれだけ反響があるか分かりませんが。

マキタスポーツは自作の図表を用意して「いい声」を解析する
(C)BS12 トゥエルビ

――2本目は「いい声」特集。

マキタ:音楽における「いい声」とは何ぞやと。いつかテーマとして取り上げたいと僕も思ってました。歌い方の変遷、系譜も気になりますし、声質とか、何がいい声なのかを考えたいなと。研究の一端を披露してみたわけです。

――お手製の分析図表まで用意されて、かなり研究なさっているようですね。

マキタ:まだまだ研究途中ですけどね。僕も「いい声だね」「独特の声だね」って言ってもらえる時があるんですよ。

スージー:あぁ。マキタさんの声には倍音があるかもしれないですね。

マキタ:若い頃はこういう声じゃなくて、お酒やタバコの影響とか、独特のエイジングとか、声が変化してきた。

歌う身としては、どうやって声を響かせるかに興味があるんですよね。歌手がどういう風にして声を出しているか、そういうのも気になりますから。

――昔と今の歌い方の違いを聴き比べるのも面白い試みですね。

マキタ:もちろん歌い方自体が変わっているし、声質も変わっている。僕も低いところが出るようになったのは最近、年取ってから。あとは、出し方が分かってくるというのもあるんでしょうね。

――「いい声」というフレーズは、スージーさんは番組でもよく口にされています。

スージー:声フェチなんです。特に女性ボーカルが好きなので、日本の女性ボーカルになぞらえて、「声の好き好きランキング」1位のカレン・カーペンター、5位のバーブラ・ストライサンド、圏外のケイト・ブッシュ、そして殿堂入りのジャニス・ジョプリンを語れてうれしかったです。

マキタ:夏川りみさんの「アメージング・グレース」は最高だったなぁ。初めて聴いたけどすごかった。

スージー:島津亜矢の再評価ブームが1チャンネルを中心に起こっているわけですが、ぜひ夏川りみとセットで、「あやりみ」「りみあや」、日本の最高峰だと思います。

マキタ:夏川さんはすばらしい。あの声はすごくないですか。

スージー:子どもの頃から歌っていて、カラオケ大会でテレサ・テンの「空港」を歌っている映像があるんですけど、ビックリしますよ。

マキタ:島津さんも子どもの頃から。子どもの頃に島津さんの番組が作られてるほど。お母さんにしつけられたらしいですよ。新曲を1回か2回、多くて3回しか聴いちゃダメと言われて、それで覚えていたんですって。

スージー:歌唱エリートだ。

マキタ:そう。熊本はカラオケ大国で、カラオケ大会が九州全土でも熊本でもけっこう開催されるんですって。そこのコンテストあらしだったって。

スージー:1960年代の野口五郎、天童よしみ、上沼恵美子。当時のちびっこのど自慢のあらしだったらしいですね。

マキタ:だから島津さんは、鳴り物入りで東京に上京してきてるんですよ。もう超エリート中のエリート。

――マキタさんは「紅白」以前から島津さんに注目されていたわけではなかったのですね?

マキタ:はい。本当に2015年の「NHK紅白歌合戦」で見て鳥肌が立った、度肝を抜かれたんです。

スージー:私も私も。

マキタ:で、スージーさんもそれを大絶賛してて。それがめちゃくちゃうれしかったです。あれは本当にたまげましたですよね。

スージー:たまげました。

マキタ:質実剛健で、ただ歌うだけであんなに人を引き付けるなんて。

スージー:今それに近いのは、朝ドラ「なつぞら」(NHK)の戸田恵子ですね。たまに歌う時があるんですが、ビックリ。あまりの上手さにひっくり返りますね。ストーリー忘れちゃうくらい(笑)。

――紅白歌合戦は欠かさず見ていらっしゃる?

スージー:絶対見ます。大好き。

マキタ:見ますね。見るし、そういう「見つけた!」っていう思いをしたいですね。それがあるからやめられないですね。

スージー:去年(2018年)みたいなマジック、奇跡、ミラクルも起きますからね(松任谷由実、桑田佳祐の絡みを指している)。長尺の音楽番組の中でも、紅白は気合いの入り方が違いますから。

マキタ:演歌歌手はやはり上手い。空間を制するような声は、真骨頂だなと思いますね。中でも島津さんは本当にすばらしい。NHKホールに声を響かせる、鳴らしてる。

収録では言い忘れましたけど、あの人、マイクの位置をあまり動かさないんですよ。口元から離すようなマイクプレイではなくて、声をコントロールできる。

――「いい声」でシブがき隊を選択というのもマキタさんならではでした。

マキタ:トリッキーですけどね(笑)。

スージー:でもあれがあることで一周回った感じがします。突き詰めると、あのような曲も愛でてしまうという。真の野球ファンが高校野球の地区予選に足を運んでしまうような。

マキタ:ハハハハハハ(笑)。

スージー:ロリコンと私は呼んでますが、野球ファンが突き詰めるとそこに行っちゃう。保土ケ谷球場に行っちゃうというね。

マキタ:そうですよ。成熟した技術の塊のプロ野球を楽しみながら、未熟というか、荒っぽいものも楽しむ。

スージー:保土ケ谷球場の神奈川県大会1回戦にスコアブックを持って行く人もいるんですよ。アレに近い。

マキタ:確かにそうかもしれませんね。声に対する意識をすればするほど失うものがあるんです。尊さとか。

スージー:コード進行とか分析できるようになると、音の塊として聴いてた頃の気持ちとは違ってきますよね。幸か不幸か。

マキタ:完成する前を見ておきたい。野球ファンはそういう見方をするじゃないですか。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。