1. トップ
  2. レシピ
  3. 低糖質ダイエットがブームの最中、お米が好きと答えた人はなんと○%!

低糖質ダイエットがブームの最中、お米が好きと答えた人はなんと○%!

  • 2015.3.26
  • 1576 views

こんにちは! 年間300軒以上飲み歩くアラサー女子、ハツです。

undefined

突然ですがみなさん、「お米」好きですか? 毎日食べていますか? 日本人の主食と言われるごはんは、昔に比べて食べる人が減少していると言われていますが、私は飲んだ後の〆には必ずといっていいほどごはんものを食べますし、ランチでは大盛り、おかわり当たり前で毎日ごはんを食べています!

ごはんの消費量が減っている理由は、パンや麺類を食べる人が増えたり、最近の健康ブームも相まって「低炭水化物」や「低糖質」が流行していることもひとつ。

そんななか、全国の男女1,200人に「ごはんに関する調査」を実施したところ、実は、74%の人が「ごはんがすき」と回答し、さらに「1日に1食以上ごはんを食べる人」は93%もいたのです。

やせたい! という思いもありながら、やっぱりごはんが好き。というのは日本人ならではですね。さっそく調査結果をみてみましょう。

 

■ごはんを食べる頻度は、本当に減っている?

「あなたがごはんを食べる頻度は、1年前と比べ変化はありますか?」という質問に対し、

増えた・・・・・・8.9%

減った・・・・・・10.6%

変わらない・・80.5%

ほとんどが変わらないと言っていますが、全体を見ると若干減っているようです。特に女性のほうがごはんを食べる頻度が減っているようですが、増えているのも女性のほうが多い結果に。

 

undefined

 

 

では、増えた理由、減った理由を聞いてみましょう。

 

■「ごはんを食べる頻度が増えたことの理由はなんですか?」

栄養のバランスが良いから・・・・31.8%

健康に良いから・・・・・・・・・・・・・・31.8%

と、多くの人が健康や栄養を考えて、積極的にごはんを食べているということがわかりました。「和食中心の食事にした」、「ごはんがおいしいと思うようになった」などの意見も多く、2013年には和食が無形文化財に登録されたこともあり、和食に注目が集まっているのかもしれませんね。

undefined

 

■「ごはんを食べる頻度が減った理由はなんですか?」

ダイエットのため・・・・・・37%

圧倒的にダイエット目的でごはんを減らしている人が多い結果に……!

ごはんやパンなどの炭水化物を食べずに糖質摂取を抑えるダイエット法「糖質制限ダイエット」が女性だけでなく、男性の間でも話題になっていますが、栄養面でみると、炭水化物を極端に減らすことでバランスが崩れてしまう恐れも……。最近では、白米よりも栄養価が高いとされる玄米を食べる人も増えていますよね! 74%の人が「ごはんがすき」と答えるなかで、ダイエットのためにごはんを減らす人が37%……。みなさん食べたいけど泣く泣く我慢してダイエットに励んでいるようです(泣)。

摂りすぎるのも減らしすぎるのも身体に悪影響を及ぼすので、適量を摂取したいものですね。

undefined

いかがでしたか? ダイエットもいいですが健康的な身体を手に入れるためには、偏った食生活を脱して、栄養バランスの良い食事を心がけることが大切ですね。

出典:

ごはんに関する調査

日本人がみんな大好きな「ごはん」。その一番の理由は、『懐かしいおふくろの味』というのも大きいかもしれません。(ハツ)

★これができれば即結婚!ご飯が超絶においしくなる炊き方

 

元記事を読む