1. トップ
  2. スキンケア
  3. 【CANMAKE vs KATE】プチプラで白肌をGET♡新作トーンアップクリーム比較!

【CANMAKE vs KATE】プチプラで白肌をGET♡新作トーンアップクリーム比較!

  • 2019.8.8
  • 22415 views

韓国コスメからブームが始まった「トーンアップクリーム」は簡単に白肌を作れることで人気のアイテム。ワントーンどころかパキっと明るいベース作りができるので、最近では日本でも定番のベースアイテムです。今回はキャンメイクとケイトというプチプラで買いやすいブランドから発売している「トーンアップクリーム」を比較してみたいと思います。

挑戦しやすい!プチプラのトーンアップクリーム

「トーンアップクリーム」は、文字通り肌の色をトーンアップさせてくれるアイテムです。
BB・CCクリームとは違って、よりトーンの補正に重点を置いたアイテムで、肌のトーンを一気に明るくすることができます。

「CANMAKE」VS「KATE」比較検証!

買いやすい価格帯の「CANMAKE」と「KATE」の「トーンアップクリーム」。さっそく検証してみたいと思います。

プチプラトーンアップクリームのUVカット効果は?

CANMAKE:SPF50+ PA++++
KATE:SPF14 PA++

CANMAKEはSPF50+、PA++++なので、夏の日焼け対策ができる十分なスペックがあります。
それに比べKATEは夏には物足りないスペックなので、夏場は日焼け止めと併用して使うと良いでしょう。

プチプラトーンアップクリームのテクスチャーは?


CANMAKEは乳液のようななめらかさで、伸びも良く塗りやすい印象。

テクスチャーの色はやや黄味がありますが、肌にのせると自然に馴染みます。


KATEは乳液のようななめらかさというよりかは、日焼け止めのようなやや重めのテクスチャーです。

伸びは程よくありますが、部分的に若干白残りする点が気になりました。

つけすぎには注意が必要です。

プチプラトーンアップクリームのトーンアップ効果は?

CANMAKEは自然にワントーンアップしてくれます。

ただ「トーンアップクリーム」として使う場合は物足りなさを感じる場合も…。


その分KATEは商品名に”ホワイター”という文字通り、しっかりとトーンアップしてくれます。
パキっと明るくトーンアップ効果が感じられるので、これこそまさに「トーンアップクリーム」という印象。


こちらは顔だけでなく首にも使えます。
顔と首が違うトーンになり恥ずかしい状態にならないよう、塗る際は首も忘れずに!

キャンメイク・KATEのトーンアップクリームの評価は?

<商品> 画像左
CANMAKE マーメイドスキンジェルUV 02 /770円(税込)

UVカット効果:★★★★★
テクスチャー:★★★★☆
トーンアップ効果:★★★☆☆


<商品> 画像右
KATE フェイス&ネックホワイター /1,760円(税込)

UVカット効果:★★☆☆☆
テクスチャー:★★★☆☆
トーンアップ効果:★★★★★


「トーンアップクリーム」として使いたい、美白を極めたい、なんて方にはKATEはとてもオススメです。

しっかりとトーンアップしてくれるので、通常のベースアイテムでは叶わないトーンアップ効果を実現してくれます。

ただ、自然にワントーンアップしたい、デイリー使いしたいという方であればCANMAKEのほうが使いやすいと思います。とても塗りやすいテクスチャーなのもポイントです。

2つのプチプラブランドから発売されている新作のトーンアップクリームをレビューしました。

どちらも使い勝手が良いので、シーンやその時にしたいメイクによって使い分けてみてはいかがでしょうか♪

元記事で読む