1. トップ
  2. 阿部寛主演、13年ぶりの続編タイトルは「まだ結婚できない男」に! 吉田羊ら新キャストも参戦

阿部寛主演、13年ぶりの続編タイトルは「まだ結婚できない男」に! 吉田羊ら新キャストも参戦

  • 2019.8.8
  • 126 views
阿部寛主演ドラマの正式タイトルが「まだ結婚できない」に決定した
(C)カンテレ

阿部寛が主演を務め、2019年10月期に13年ぶりの続編放送が決定したドラマ「結婚できない男」の正式タイトルが「まだ結婚できない男」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)に決定。併せて、おなじみのキャストの継続出演と吉田羊、深川麻衣、稲森いずみら新キャストの出演が決まった。

【写真を見る】阿部寛“桑野”を取り巻く新たな美女たち…吉田羊が険しい視線を向けた先には何が?

本作は、2006年に放送された「結婚できない男」の続編。53歳となり、偏屈さに磨きがかかった独身の建築家・桑野の日常を描く。

彼女との破局後、少し恋愛モードに傾いていた桑野の気持ちは再び固く閉ざされ、独り身を満喫していた。しかし桑野の運命は、偶然出会った女性たちによって突然動き始める、というストーリー。

このたび解禁になった新キャストには、主人公・桑野(阿部)が出会うさまざまな女性たちの名前が並ぶ。

弁護士・吉山まどかを演じるのは、阿部と初共演となる吉田。桑野に振り回され、いつもぶつかり合いながらも関係を深めていく役どころだ。

そして、桑野の部屋の隣に引っ越してくる謎の女性・戸波早紀役で深川、カフェの店長・岡野有希江役で阿部と21年ぶりの共演となる稲森が決定。また、桑野のめい・中川ゆみ役で平祐奈の出演も決定した。

さらに、前作にも出演していたメンバーも続投。

桑野の設計事務所のアシスタントで、現在は桑野と共同経営者となっている建築士・村上英治役の塚本高史、桑野の母・桑野育代を演じる草笛光子、桑野の妹・中川圭子に扮(ふん)する三浦理恵子、圭子の夫で桑野の良き理解者でもある中川良雄役・尾美としのり。

さらに、桑野といつもケンカになる大工の棟梁役に不破万作らの出演が決定。13年前から変わらないメンバーもそろい、当時のファンも“まだ”結婚できない彼に会えるのを心待ちにしていそうだ。

吉田「まだ結婚していなかったのか!」

7月中旬から撮影がスタートした本作。3人の女性と出会った桑野はタイトル通り“まだ結婚できない男”のままなのか、桑野と女性たちがどう関わっていくのか。

その“3人の女性”の1人である吉田は、出演に当たり「13年前、視聴者としてこのドラマを見ていたので、オファーを頂いた最初の感想は『まだ結婚していなかったのか!』でした。

根強いファンも多い桑野さんの間近にいる女性という大役が、私に務まるだろうかという不安もありましたが、毎週お茶の間をハッピーにしたこのドラマに携わりたいという思いと、何より阿部寛さんとぜひお芝居したいという気持ちが勝ちました。

当時と同じスタッフさんが再集結ということもありますので、阿部さん含め、皆様の胸をお借りしながら、楽しんで作っていけたらと思っております」と喜びを表しつつ、コメント。

阿部の印象を「シリアスからコメディーまで幅広く、どの役にも説得力がある。加えて、嫌な役をやっても憎まれないのは阿部さんの人間力なのだろうなと思います」と評し、「今回間近で阿部さんの役作りを拝見できること、阿部さんと一緒にアイデアを出し合ってシーンを膨らますことが、とても楽しみです」と期待に胸を膨らませた。

深川「まさか参加させていただけるなんて」

また、深川は「前作の大ファンだったので、その13年後のお話が描かれる今回の作品に、まさか自分も参加させていただけることになるなんて。出演が決まった時は、本当にうれしかったです。

たくさんのファンの方に愛されている作品なので、今回新しいキャストとして参加させていただくことにプレッシャーもありますが、何より楽しみながら戸波早紀という女性を演じていきたいと思います」と出演に当たっての心境を。

そして、阿部と21年ぶりの共演となる稲森は「阿部さんのセリフの間や言い回しが絶妙で、それにはまって笑いが止まらなくなってしまった思い出があります」とかつての共演を振り返る。

続けて「今回も阿部さんが演じる桑野の、あの桑野節が見られるのをとても楽しみだったんですが、実際、ご一緒してみて、独特な存在感や、現場で穏やかな佇まいは変わっていませんでした。

阿部さんとのお芝居では、桑野さんの表情が面白過ぎて…、鼻がちょっと膨らんだり、目が大きくなったり、ちょっとした表現が絶妙で、セリフを言いながら、本気で笑ってしまいそうになりました」と明かした。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む