1. トップ
  2. グルメ
  3. 日本最大級の和牛フェス「東京和牛ショー2019」日比谷公園で、淡路牛ステーキや神戸ビーフ握り

日本最大級の和牛フェス「東京和牛ショー2019」日比谷公園で、淡路牛ステーキや神戸ビーフ握り

  • 2019.8.7
  • 604 views

日本最大級の和牛フェス「東京和牛ショー2019」日比谷公園で、淡路牛ステーキや神戸ビーフ握り

「東京和牛ショー2019-Autumn-」が、日比谷公園にて2019年9月11日(水)から9月16日(月・祝)まで開催される。

undefined
www.fashion-press.net

「東京和牛ショー」は、様々な国産和牛を堪能できる日本最大級の和牛フェス。2018年9月には5日間で約14万人の来場者数を記録し、これまで計4回の開催で累計34万人以上を動員している。

5回目の開催となる「東京和牛ショー2019-Autumn-」には、13の和牛料理店が参戦。通常店舗では食べられない国産和牛を使用したイベント限定メニューを提供する。さらに、レモンサワーやスイーツなど5店舗も含む全18店舗を展開し“食欲の秋”を盛り上げる。

提供されるメニューは、毎回人気の「淡路島と喰らえ」による「淡路牛のステーキ」など。希少価値の高い濃厚な味わいの淡路牛を、甘みの強い淡路産玉ねぎを使ったねぎ塩だれで、さっぱりと味わうことができる。

前回開催時、日を追うごとに列が長くなっていった人気店「たれ焼肉(やきにく)のんき」も再登場。開発に1年半を費やした“ご飯に合わせた秘伝の自家製たれ”がたっぷりと染み込んだ薩摩和牛を、「たれ焼肉丼」として提供する。

西麻布の紹介制店舗「霞町三〇一ノ一」の日本料理職人が握る、「極上神戸ビーフの握り」にも注目。日本三大和牛でもある神戸ビーフの赤身の旨味、上質な脂の香りを堪能することができる。

その他、初登場となる人気焼肉店「炭火焼ホルモン 三四郎 西荻窪店」による「チーズ羽根付き 和牛肉汁餃子」や、「元祖もつ鍋 博多屋 赤坂店」の「岩手短角牛のサーロインステーキ」、「浦芝 URASIBA」の「ゴロッと肉肉 和牛100%カレー」など、様々な和牛調理を楽しむことができる。

【詳細】
東京和牛ショー2019-Autumn-
期間:2019年9月11日(水)~9月16日(月・祝) 6日間 ※雨天決行・荒天中止
時間:11:00~22:00 ※初日は16:00から/最終日は21:00まで
会場:日比谷公園 噴水広場、第二花壇
出店店舗:18店舗(和牛料理13店舗/その他5店舗)
料金:入場無料
メニュー例:
・淡路島と喰らえ「淡路牛のステーキ」S 1,200円/M 1,500円/L 2,400円
・霞町三〇一ノ一「極上神戸ビーフの握り」3貫 1,500円/5貫 2,100円
・炭火焼ホルモン 三四郎 西荻窪店「チーズ羽根付き 和牛肉汁餃子」900円
・たれ焼肉 のんき「たれ焼肉丼」1,800円
※画像はイメージ。価格は全て税込み。
※メニュー内容は一部変更となる可能性がある。

元記事で読む