結果へ導く! うっかり焼けてもリセットできる♡ プロが行う日焼け対策

日焼けしたあとに使える日焼け対策コスメ

ふだん使いのパックを徹底変更!

フェイスパック

紫外線の多い時期は、ふだん使いしているフェイスパックを、紫外線対策効果や美白効果の高いものへと徹底的に変更します。
パックはただ単に美白力が高いものより、保湿力が高めながら、ぬるつきやベタつきは抑えめで、毛穴がキュッとしまるタイプを選びます。
なぜなら夏は、開きぎみの毛穴やニキビも一緒にケアしたいので、ビタミンC誘導体配合のものが、美白と同時に毛穴・ニキビケアができるから、この時期にベストなんです。

こういったフェイスパックは、たるみやシワにも効果的なので、大人世代にもおすすめ。
日焼けしてしまったときのアフターケアとして、レスキュー的に使用してももちろん悪くないのですが、私はこういったフェイスパックを紫外線が強い時期は常用で使うことで、突発的なダメージを受けても、元に戻りやすい健康的な肌をキープできています(chihoさん)

夏でもボディ保湿を怠らない

ボディジェル

乾燥する秋冬は、誰もが体の保湿を念入りにするでしょうが、夏になると途端にそんな気持ちが薄れがちです。
しかし、夏もボディの保湿を怠らないことが大事! 少なくとも、毎日お風呂上がりにボディジェルをしっかりつけて保湿することで、焼けた肌の鎮静をしながら肌の乾燥も防ぎ、焼けにくい肌作りをすることができるんです。
紫外線が気になる今の時期は体も乾燥しますし、乾燥していると日に焼けやすくなります。
乾燥している肌も日焼け後の肌も、どちらも肌のバリア機能が弱っている状態です。保湿をして保護膜を作ってあげないと、紫外線などの外部刺激を表面で跳ね返すことができず、異物が肌の奥まで侵入してしまいます。
夏はクリームやローションタイプよりも、ベタつかないひんやりとしたジェルタイプを使って、体もしっかり水分補給をしています(chihoさん)

髪はヘアオイルを使いこなす

ヘアオイル

ヘアオイルには紫外線から髪を守る効果があるので、アウトバストリートメントや整髪料にいたるまで、徹底して使うようにしています。
夏の紫外線の多い時期はトリートメントも、洗い流すタイプより、洗い流さないアウトバストリートメントにしたほうが髪表面をコーティングしてくれるため、日焼けを防ぐ効果が高いんですよ。
とくにダメージが多く、帽子から出やすい毛先は焼けやすいので、ヘアオイルを集中的につけるのがポイント。そうすることで、ヘアオイルが髪の1本1本を薄い油膜で包んでくれ、摩擦や外からの刺激から守ってくれます(chihoさん)

この夏は、暑い夏が遅れているぶん、残暑が厳しくなりそうな気配…!? ぜひ参考にして、秋までしっかり日焼けを防ぎましょう!

取材・文/高田空人衣

【取材協力】ヘアメイクアーティストchiho
https://chiho-hairmake.amebaownd.com/
アーティスト・モデルのヘアメイク、ショーメイクからブライダルまで多様な業界で活躍するヘアメイクアーティスト。学校、企業等の講師として指導も行う。

元記事を読む
提供元: fytteの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。