1. トップ
  2. 桜井日奈子、主演作「ヤヌスの鏡」で主題歌を初担当 !二重人格の主人公、母親、歌手と“一人四役”

桜井日奈子、主演作「ヤヌスの鏡」で主題歌を初担当 !二重人格の主人公、母親、歌手と“一人四役”

  • 2019.8.3
  • 8534 views
主演作「ヤヌスの鏡」で主題歌を初担当することになった女優の桜井日奈子(22)
(C)幡手龍二

【写真を見る】桜井日奈子が歌う主題歌「花と毒薬」のビジュアル

女優の桜井日奈子主演で、34年ぶりに映像化される連続ドラマ「ヤヌスの鏡」が、フジテレビ運営の動画配信サービス「FOD」 で8月16日(金)から配信される。桜井は、厳格な祖母に育てられた優等生の小沢裕美(ヒロミ)、納戸の中で鏡台を見つけたことをきっかけに現れたもう一つの人格で不良少女のユミという二つの人格を演じ分けるほか、回想シーンでの母親役、そして初めてドラマ主題歌も担当することが3日、分かった。一人二役どころか“一人四役”という八面六臂の活躍を見せる桜井に、同作への思いや初主題歌挑戦への気持ちなどを聞いた。

「ヤヌスの鏡」は、1981年~1982年に「週刊セブンティーン」(集英社)で連載された宮脇明子の人気漫画が原作。1985年に杉浦幸が主演を務めて話題を呼んだ作品で、映像化は34年ぶりとなる。出演は主演の桜井のほか、祖母役の国生さゆりをはじめ萩原聖人、白洲迅、 塩野瑛久、 仁村紗和、 森マリアらが出演することも発表されている。

キービジュアル
(C)宮脇明子/集英社 フジテレビ

キャラクターの演じ分けは「声」に悩みました

――今回のドラマで“ヒロミ”と“ユミ”という二つの人格を持つ女性を演じられていますが、桜井さんにとって新たな挑戦ですね。

はい。二重人格の役は初めてで、しかも二つの人格が対照的なので、出演が決まった時、演じがいのある役をいただけたと思ってうれしかったです。不安もありましたけど、楽しみの方が大きかったです。

――ヒロミはすごくおとなしい女の子で、ユミは夜の街で悪さをしたりする不良の女の子。メイクや服装、雰囲気までガラッと変わりますよね。

二人のギャップがこの作品の魅力の一つですね。ヒロミの時は学校のカバンを両手でギュッと握りしめていて、内に閉じこもっている感じなんですけど、ヒロミになった途端にパーッと解放される感じです。ヒロミはすごくマジメなんですけど、やることなすことうまくいかない子なんですよ。でも、ユミは全てを手のひらの上で転がしているかのように、自分の思うように物事が進んでいくのが楽しくてしょうがないという感じです。

――ヒロミとユミを演じるにあたって、いろいろ研究されましたか?

それぞれのキャラクターを分かりやすく表現するにはどうしたらいいのかな?って。手の動き、言葉遣いも意識しましたけど、“声”で悩みました。ヒロミのか弱い声を表現するには、私の地声は低いので厳しいんじゃないかと思って、あえて高い声で演じてみました。ユミの声はヒロミとメリハリをつけた方がいいと思ったので、最初は“低く、低く”と意識していたんですけど、そんなに低くせず、割と地声に近いぐらいでもいいのかなと思って、あまり作りすぎないようにしました。

展開に引き込まれて台本を一気に読みました

――本作は34年前の作品より、より原作に沿った形だとお聞きしました。台本を読んだ印象は?

台本は1話から4話までと5話から最終話の8話までの2冊になっていて、1冊ずついただいたので最初は4話まで読みました。序盤はユミが何を企んでいるのか分からなくて。行動が読めないユミと翻弄されるヒロミの展開に引き込まれて、前半の4話分を一気に読んじゃいました(笑)。

――序盤は“ユミ”に関する謎が多い印象です。

そうなんです。ヒロミは「なんで記憶がないんだろう?」という状況で、書いた覚えのないのに日記が書かれていたり、知らない間に腕をケガしていたり…。ユミも最終的な目的があるにしろ、最初のうちはおばあさまにバレないようにこっそり家を抜け出して、ジャマだと思った人をはめたり、財布をすっちゃったり、不良少女が悪さをして周りを困らせている感じです。後半は、「なんで?」と思った謎がだんだん分かってくるんですけど。

国生さゆり
(C)宮脇明子/集英社 フジテレビ

――厳格なおばあさまに育てられたこともヒロミやユミの性格に影響を与えていそうですね。

あんなに厳しいおばあさまに育てられたら人格が乖離してもしょうがないよねって、観てる人も思うんじゃないでしょうか。国生さゆりさんが厳しいおばあさまを演じられていて、すごく説得力のあるものになったと思います。

――国生さんからの厳しい折檻シーンも印象的でした。

国生さんとのシーンでは神経を研ぎ澄ませるというか、すごくエネルギーを使いました。本当にすごい方で、本読みの段階から本気でぶつかってきてくださって、撮影の時にも定規でパシッと叩く時もビンタされる時も本気なんです。痛いという感覚もヒロミとしてはありがたかったですし、泣こうと思って泣いたんじゃなくて、自然と涙が溢れ出てきました。それぐらい本気でしたが、カットがかかったらすぐに「大丈夫?」って心配してフォローしてくださいました。

――それが先ほど言っていた“説得力”を生み出す結果に。

はい。折檻されるシーンをまとめて撮る日があったんですけど、うわぁって泣いて、ちゃんと疲れたというか。怒る側はもっとエネルギーがいると思うんですけど、国生さんはずっとキープされていましたし、学ぶことが多かった現場でした。この作品の期間中は、2役を演じたのでこれまで以上に疲れました(笑)。でも、その疲れたという感覚も心地よかったんです!「ちゃんと疲れてる」「今日も心を揺らせたなぁ」って、充実感と達成感が疲れから感じられたのは、ちょっと成長できたからなのかなって思いました。

桜井日奈子
(C)幡手龍二

主題歌「花と毒薬」を歌うのは桜井本人

――エンディングで流れる書き下ろしの主題歌「花と毒薬」は、様々なしがらみに縛られながらも、それに抗う心の叫びを表しているようなハードなロックナンバー。歌っているのは桜井さんご本人ですよね?

はい。主題歌を私が歌っているのを知ってビックリされる方も多いんじゃないかなって。私自身、まさか主題歌を歌わせていただけるなんてと驚きでした(笑)。

――歌詞の内容がドラマとリンクしていますね。

作詞のSally#Cinnamonさん(Heavenstamp)が台本も原作も熟読されて、一語一句ムダのない歌詞になっているとおっしゃっていましたし、Shoさん(MY FIRST STORY)が作られた曲もかっこいいんです! いろいろな方の思いが込められた曲を自分の声を通して伝えられることは素敵なこと。ボイストレーニングを受けて、ひとりカラオケに行って練習もして、頑張って歌いました。ユミの想いが詰まった歌詞とメロディのおかげで、歌は得意ではないですが、感情を込めて気持ちよく歌うことができました。

――そうなると、ヒロミとユミの一人二役どころか主題歌の歌手も入れて一人三役ですね。

実は、回想シーンの中でヒロミのお母さんも演じているので一人四役ですね(笑)。こんなにたくさん携わらせていただいたので、私にとって大きな作品になりました。この作品をきっかけに自分が大きく変われるんじゃないかなとも思っています。人間くさい役も改めて演じてみたいと気づけた作品になりました。

――最後に、放送開始を楽しみにされている読者の方に見どころと注目ポイントをお願いします。

ヒロミは厳しいおばあさまに対して「NO!」と声を上られなかったというよりは、声を上げない方が楽だから怒りや憎しみを見ないようにしていたんじゃないかなって思うんです。でも、ユミによって「それじゃダメだよ。変わらなきゃダメ」って自分の弱さと向き合っていくお話なので、ヒロミの中の闇の部分、抱えている葛藤がすごく丁寧に描かれているところにも注目してください。ドキッとさせるユミの何を考えているのか分からない感じを楽しみつつ、ヒロミが成長していく過程を最後まで見守っていただけたらうれしいです。

二重人格をイメージした鏡を使ったフォトセッション
(C)幡手龍二

(ザテレビジョン)

元記事を読む