1. トップ
  2. <ルパンの娘>深田恭子“華”と瀬戸康史“和馬”が…!衝撃ラストに騒然「中盤でこの展開!?」

<ルパンの娘>深田恭子“華”と瀬戸康史“和馬”が…!衝撃ラストに騒然「中盤でこの展開!?」

  • 2019.8.2
  • 423 views
【写真を見る】「華…?」と呼び止められ、固まる華(深田恭子)。マスク&コスチュームでもプロポーションまでは隠せない!?
「ルパンの娘」第4話より (C)フジテレビ

【写真を見る】「華…?」と呼び止められ、固まる華(深田恭子)。マスク&コスチュームでもプロポーションまでは隠せない!?

深田恭子が世紀の大泥棒一家“Lの一族”の一員として暗躍するドラマ「ルパンの娘」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)の第4話が8月1日に放送された。三雲華(深田)が直面した衝撃のラストシーンにファンから驚きと心配の声が上がっている。

(以下、ラストシーンまでのネタバレがあります)

結婚詐欺師のアジトでニアミス!!

「ルパンの娘」第4話より (C)フジテレビ
KADOKAWA

「ルパンの娘」は横関大の同名小説を原作に、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・華(深田)と代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の決して許されない恋愛を描くラブコメディー。第4話では、華たち“Lの一族”が結婚詐欺師の隠し持つ金塊を狙うエピソードが登場した。

コスチュームに着替え、詐欺師・蛭沼(諏訪雅)のアパートに押し入り鉄槌を加えた華。同じ頃、和馬は現場の状況からLの一族が絡んでいると見抜き、アパートへと向かっていた。

蛭沼を縛り上げて立ち去ろうとすると突如ドアが開き、そこには和馬の姿が…。和馬に「見つけたぞ!Lの一族」と呼び止められ、固まる華。その横顔を見た和馬は「華…」とつぶやいた。

「ルパンの娘」第4話より (C)フジテレビ
KADOKAWA

世紀の大泥棒・Lの一族の一員である華と、警察官一家に生まれた根っからの警察官・和馬。和馬が華の正体を知ってしまったら、2人の恋は終わりを告げることになる。そんな宿命を背負った2人がニアミスしたラストシーンに、視聴者は騒然!

さらに次週予告では、和馬の「来ると思ったんだ…でも本当は、来ないでほしかった…」というセリフとともに、和馬がおそるおそる華のマスクに手を伸ばす衝撃シーンも…。

第4話にしていきなり訪れた主人公の大ピンチに、SNSでは「和くん、怪盗が華ちゃんだって気づいちゃったの!?」「中盤でこの展開!?」「華ちゃん固まったまま…来週まで待てないよ!!」「来週どうなるのー!?華ちゃん泣いてる…」「こんなシリアスな展開が待ってるなんて…ラブコメディじゃなかったの?」といった驚きと心配の声が続々と上がっている。

正体がバレてしまうのか!?第5話あらすじは…

華の正体はバレてしまうのか!?第5話は8月8日に放送する。

ついに和馬に自分の正体がバレてしまったのではないかと不安になる華は、和馬に呼び出される。和馬は昨日の18時ごろにどこにいたのか尋ねて来た。それは、華が和馬と顔を合わせた時間だった…。

その頃、尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)、マツ(どんぐり)は次のターゲットを決めていた。世界各国の男にすり寄り、金品を奪う女泥棒から200億円はするという伝説のダイヤモンドを奪う計画。しかし、まだ女泥棒のアジトがつかめていない。渉(栗原類)はタブレットから、女泥棒には男二人の強面の手下がいると警告する。もう泥棒はしないと断った華だったが…。(ザテレビジョン)

元記事を読む