1. トップ
  2. 恋愛
  3. 女優の夫は「プロ彼氏」?芸能人と結婚する男性の本質とは【恋占ニュース】

女優の夫は「プロ彼氏」?芸能人と結婚する男性の本質とは【恋占ニュース】

  • 2015.3.26
  • 1290 views

女優の観月ありささんが結婚しましたね。

超絶美少女からお茶目で天真爛漫なナースに、そしていつの間にか強くたくましい大人の女性へと変貌していた彼女が、ついに人妻に!

とてもおめでたいことですが、ネットには「大丈夫なのか、このオトコで」「旦那さん、なんか聞いたことのある名前だと思ったら…(^_^;)」などの声も。

そう、ご主人で会社社長の青山光司さんは、女優の上原さくらさんの元夫なんですよね。

≪友達の元夫と奪略婚!?≫

観月さんと上原さんは過去に何度か共演している友達同士。しかも2人の交際が発覚したのは、彼が上原さんと離婚した直後だったという…。

奪略婚は結構よくあることと言いますが、友達の元夫かと思うと、ちょっともやもや。仮に好きでも、なかなか手を出しづらい相手なんじゃないかなと。

でも、布袋寅泰さんと結婚した今井美樹さんは前妻の山下久美子さんと友達、渡部篤郎さんと熱愛中の中谷美紀さんも、もともと前妻の村上里佳子さんとは友達だったらしいので…芸能界ではわりと普通にあることなのかもしれません。

≪女優の夫は「プロ彼氏」?≫

観月さんのご主人は、前妻も再婚相手も芸能人ということで、「プロ彼氏」なんて言い方をする人もいるようです。

西島秀俊さんやロンブー田村淳さんの結婚で話題になった「プロ彼女」の男性版…?

お金持ちでそれなりにイケメンとはいえ、何でそんなにモテるの?と不思議になりますよね。

以前、エッセイストの能町みね子さんが「ヒモ=プロ彼氏」と言っていましたが、青山さんの場合は違う意味で、より「プロ感」があるような。

そういえば、米倉涼子さんのご主人も一般人(会社経営者だけど)ということで、一時期「プロ彼氏」と言われていました。

佐藤江梨子さんの旦那さんもそうなんでしょうか?

真木よう子さんの元夫も一般人でしたが…なぜ一般人があれだけの美女と結婚できるのか、謎は深まります。

≪友達の彼氏を奪う女性の精神構造≫

話は戻りますが、友達の彼氏と付き合ったり、結婚したりする女性について。

作家で僧侶の小池龍之介さんは、

「もともと(相手に恋人や奥さんがいると)知っていて付き合っている場合は、彼が好きなんじゃなくて、他の人のものが好き。手に入らないものが好きということ」と語っています。

そういう女性は

「手に入らない間はずっとドキドキしていて恋を楽しめるけれど、実際に自分のものになってしまうと、ドキドキがおさまり、つまらなくなってしまう」とも。

常に“他人の芝生は青い”状態の女性は、永久に手に入らないような相手を好きになって苦しみ、悲劇のヒロインでいることが気持ち良くなるってことですね。

≪芸能人と結婚する男性の本質≫

…で、巷の不倫女子の場合は基本的に、既婚男性のほうが「今は楽しいけど、長い目で考えたら妻と一緒にいたほうがいい」と判断し、一時のお遊びで終わらせようとするわけですが…。芸能人と付き合えるクラスの男性になると「こっちもいい、でもこの人はもっといい」という感じで目移りして、不倫相手を選びがちなのかも!?

青山さんがそうなのかはわかりませんが、上原さん以前もタレントと交際していたという噂もあるので、なんとなくそういうタイプなんじゃないか?と心配になります。

観月さんも、彼が手に入った喜びで今はハッピーでも、しばらくしたら「刺激が足りん」と思うようになるかもしれないし…。

≪観月さんと青山さんの相性≫

ここまで良くないことばかり書いてきましたが、占いの結果によるとお2人の相性はこんな感じ。

◆鑑定者:観月ありさ×青山光司

◆鑑定結果:

「一緒にいることで、お互いを育てることができるおふたりです。何気ない会話や一緒に取り組むことが、ごく自然にお互いに成長のためになります。」

素晴らしい結果ですね!

24年連続“連ドラ主演”のギネス更新中の観月さんには、プライベートでもバラ色の日々を過ごしていただきたいもの。

そうじゃないと、全国のファンが泣いてしまいますから。

観月さん、青山さん、どうぞ末永くお幸せに!

(文=Kawauso)