1. トップ
  2. グルメ
  3. 夏の食卓を彩る!涼しげに夏を楽しむテーブルコーディネートまとめ

夏の食卓を彩る!涼しげに夏を楽しむテーブルコーディネートまとめ

  • 2019.8.1
  • 8850 views

はじめに

夏の食卓のテーブルコーディネートは、暑い季節だけに涼しげなものにしたいですよね。食欲の落ちる季節だからこそ、お皿などにこだわってみませんか?

今回は、夏にピッタリなお洒落なテーブルコーディネートをご紹介します!

ブルーを効果的に

アラビアのお皿

こちらはフィンランドのテーブルウェアメーカー、「アラビア」のお皿。白のベースにブルーの模様が爽やかで料理を美味しそうに見せてくれます。

ライトグレーやホワイトのランチョンマットと合わせて涼しげに。

さらりとしたブルーのコースター

寒色系のコースターは、夏の食卓を彩るのにぴったり。

夏場はコップなどに付きやすくなる水滴をしっかりと吸い取ってくれる実用性もあります。

チェックのランチョンマット

チェック柄といえば秋冬のイメージがあり、夏場は向かない?という方にはこのようなブルーのウインドウペンチェックはいかがでしょうか。

ギンガムチェックなども夏のイメージにあいますよ!

藍染のランチョンマット

夏らしい色味と質感の藍染のランチョンマット。

写真のように海の近くのカフェのような雰囲気に合わせてもお洒落ですし、正統派に和食器に合わせても素敵で一揃い持っておくと便利です。

ガラスの器は夏こそ使いたい!

サラダと相性GOOD

夏のテーブルコーディネートにぜひ取り入れたいのが、ガラス製のうつわ。

いつもの食材を簡単に盛り付けるだけでセンスアップする優れものです。サラダとの相性がとくに良いですよ♪

取り皿にも

サラダの取り分けのお皿など、1人分の取り皿にガラスのお皿を準備するとお洒落。

写真のように柄の入ったものだと食卓に彩りも出て賑やかになります。お客様を招いた時にも。

イッタラ カステヘルミシリーズ

こちらもフィンランドのブランド、「イッタラ」のカステヘルミ。水滴が付いたような模様が施されたガラスのうつわで、夏にぴったりなデザインです。

写真のようにカップにデザートをパフェのように盛り付けるだけでカフェのような仕上りに。

夏ならではの冷たい料理にもカステヘルミのお皿は向いています。旬の枝豆を使った冷製スープや、カッペリーニなどを盛り付けると涼しげで素敵。

カステヘルミの平たいお皿も夏のスイーツの盛り付けに便利です。

ゼリーやパンナコッタ、アイスなどを盛り合わせてミントを飾ればお洒落なデザートプレートになりますよ。

出番の増える麺類の盛り付けアイデア

ガラスのお皿+自然素材

そうめんを盛り付けるときに透明なお皿に入れるだけでも良いですが、下に自然素材のランチョンマットを敷いてみてはいかがでしょうか。

お皿の透明感も際立ってセンス良く見えますよ。

藍色の器

藍色の絵付けのされた和食器は、色とりどりな冷やし中華などの麺類にも相性がいいですよ。

ターコイズブルーの食器も、ベーシックな白い器に合わせやすいので大皿や取り分け皿に用意しておくと重宝します!

薬味は小皿を並べて

そばやざるうどんなど、薬味をたっぷり入れたい麺類には小皿を並べて。

ねぎやしょうが、ミョウガなど夏らしいものを取り揃えて楽しい食卓にしたいですね!

ボウル以外の食器を

麺類はボウルに盛り付ける以外にも、このように少し深さのあるプレートに盛り付けるのもおすすめ。

いつもと違う盛り付けにするだけで、夏の定番の素麺も凝った料理に見えますね。写真はマリメッコのお皿です。

ドリンクもお洒落に

プラカップで提供するスタイル

夏のおうちパーティは冷たい飲み物を出すことが多いですよね。そこで活躍するのが使い捨てのプラスチックカップ。

最近は蓋つきのお店のようなカップが沢山100円ショップでも売られています。ドリンクが爽やかに見え、洗い物の手間もかからない嬉しい効果も!

い草のコースター

爽やかに見え、通気性も高いい草を使った自然素材のコースター。

夏のコーヒータイムを涼しげに彩ります。ランチョンマットなどとお揃いにしても良いですよね。

まとめ

夏の食卓を彩るテーブルコーディネートやおすすめの小物についてご紹介してきました。

この機会に、家のテーブルウェアやランチョンマットなどに新しいラインナップを追加するのも良いですね。ぜひ参考にしてみてくださいね!

オリジナルサイトで読む