1. トップ
  2. 「僕らの武器は結局 “顔”です!」はんにゃ、毎年恒例の単独ライブ開催【インタビュー前編】

「僕らの武器は結局 “顔”です!」はんにゃ、毎年恒例の単独ライブ開催【インタビュー前編】

  • 2019.8.1
  • 1033 views
写真右:金田哲(かなだ・さとし) 1986年2月6日生まれ、愛知県出身。左:川島章良(かわしま・あきよし) 1982年1月20日生まれ、東京都出身。NSC東京10期生の二人が2005年にコンビ結成
KADOKAWA

【写真を見る】芸歴15年目を迎えたはんにゃ。最近は金田が“ダメ人間”、川島が“料理好きのマイホームパパ”と、新しいキャラで注目され始めている

はんにゃの単独ライブ「するって~とDoかい?」が、2019年8月9日(金)、東京・ルミネtheよしもとにて開催される。

完全新作のコントを披露する、正真正銘のお笑いライブ。ファンはもちろん、大人から子供まで、さらには、かつて流行した「ズクダンズンブングンゲーム」をまねしていたかつての子供たちも含め、老若男女が楽しめる、夏休みにぴったりのイベントとなりそうだ。

今回ザテレビジョンでは、金田哲と川島章良の二人に、全2回のロングインタビューを敢行。前編では、単独ライブ「するって~とDoかい?」への意気込みを聞くとともに、コンビ結成15年目を迎えた現在の心境にも迫った。

「単独ライブのタイトルは毎回、感覚でつけてるとしか言いようがない(笑)」

――毎年恒例の単独ライブ、今年のタイトルは「するって~とDoかい?」。まず、このライブタイトルの由来からお聞かせください。

金田哲:僕らの場合、単独ライブのタイトルって、全く意味がないんです。去年(2018年)は「マジ家康ぅ~」で、その前(2017年)は「てんや はんにゃ わんや」だったんですけど、毎回、感覚でつけてるとしか言いようがない(笑)。強いて言えば、最近は落語をよく聴いているので、「てやんでえ」とか「べらぼう」みたいな言葉を使いたいなっていうのがあって。語呂的にも感覚的にも「するって~とDoかい?」が一番しっくり来たんですよね。

川島章良:毎年、タイトルの候補が3、4個あって、作家さん含めてみんなで決めるんですけど、「どれがいい?」って聞かれても、みんな結局どれがいいのか分からなくて、金田が「これ」っていうのを待つんです。僕らは正直「なんでもいいよ」って思ってます(笑)。

――単独ライブは、いつもどんな工程でネタ作りをしているんでしょうか。

金田:いつも8本くらいの新作コントをやるんですけど、まず僕がやりたいネタのアイデアを出して、作家さんに集まってもらって、それを具現化していって。で、本番の1カ月くらい前に川島くんに来てもらって、ネタ合わせをする、という流れですね。

――ネタ合わせの段階で、川島さんからダメ出しや直しが入ることは?

川島:自分のセリフとか、細かいところは意見を出しますけど、設定をどうこうとは言わないですね。でも、1カ月前になってもネタが2、3本しかできてないってこともよくあるんですよ(笑)。

金田:本番3日前になって「これやめよう」とかいうことも…。

川島 ありますね~。

金田 幕間に流すVTRを撮影したのに本番で使わないとか、無駄なカロリーを消費することが多くて。芸歴15年にして、そのへんのペースはまだつかめてないんです。

「15年間、顔で勝負している芸人もなかなかいないと思うので」

「僕らは大喜利力とかトーク力が皆無なので(笑)、基本、顔や動きで笑わせる分かりやすいネタをやってきた」と、15年の活動を振り返るはんにゃの二人
KADOKAWA

――15年もの長い間、毎年のように単独ライブを続けてきて、芸風やコントの作風に変化はありますか?

金田哲:芸人って、大喜利力とかトーク力を求められますけど、僕らの場合それらが皆無なので(笑)、基本、言葉で笑わせるというよりかは、現象だったり顔や動きで笑わせるっていう、分かりやすいネタをずっと続けてきてるんですね。

ただ、2、3年前からは、そうではないネタも意識してやっていて。今回はタイトルにもあるように、落語的な、人情噺的なネタもやろうかなと考えてます。

――“見た目で勝負”ではないネタもやるようになったのは大きな変化ですね。

金田:そうですね。10年くらい前、ショートネタブームの頃は、見た目のインパクトばっかり考えてたんですけど、「これだけじゃダメだ」っていうことにようやく気付きました。

――それでは、ズバリ、今のはんにゃのネタの強みとは?

金田:物語的な展開とか二人の関係性とか、いろいろ考えて作ってはいますけど…最終的には“顔”かもしれないです。

――結局、顔ですか(笑)。

金田:ハハハハ。どんなフレーズを言ってても、「結局、顔じゃん!」っていう(笑)。でも15年間、顔で勝負している芸人もなかなかいないと思うので。

川島章良:以前は“顔と動き”だったので、ちょっとした変化ですよね(笑)。

金田:動きがあって、そのあとの顔ですから(笑)。

――では、今年の単独ライブは顔に注目、ということで(笑)。

「今年はちょっと落語っぽいことをやりたい。ユニットコントというより、ユニットお芝居みたいな」

【写真を見る】芸歴15年目を迎えたはんにゃ。最近は金田が“ダメ人間”、川島が“料理好きのマイホームパパ”と、新しいキャラで注目され始めている
KADOKAWA

──今回のライブでは他に、今年ならではの試みなどはありますか?

金田哲:毎年、最後に、芸人さんを呼んでユニットコント的なネタをやっていて。これまではずっと、カオスなコントというか、「劇団ジョセフィーヌ」(2009~2010年、フジテレビ系「爆笑レッドシアター」で披露されたコントシリーズ)っぽいことをやってきたんですけど、先ほど言ったように、今年はちょっと落語っぽいことをやりたいので、これまでとは真逆になるかもしれないですね。ユニットコントというより、ユニットお芝居みたいな。

――そこに参加される芸人さんは、本番までシークレットですか?

金田:いやいや、全然。ここで言っても、「この人が!?」とはならないと思います。シューレスジョーさんと、かたつむりの章吾(中澤本鮪)です。

川島章良:言っちゃった(笑)。

金田:シューレスさんは、僕一人で単独ライブを見に行くくらい大好きな芸人さんで、ずっと僕らの単独に出てもらってるんですよ。シューレスさんのネタって、どこか哀愁を感じさせるところがあって。だから、僕らが表現できない部分をシューレスさんに補填してもらってる感じです。

――シューレスジョーさんと言えば、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」(1997~2018年、フジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」の1コーナーから発展した人気企画)で、小倉智昭さんの物まねをされていた方ですよね?

金田:そうです! 元祖・小倉さん…小倉さん本人が元祖なんですけど(笑)。

川島:ややこしい(笑)。「あまたつー!」とまねをされていた方ですね。

金田:昔、ジンバブエに留学して野球を教えてて、その教えていた人たちの中にシューレスジョーさんという方がいたことから、その名前を芸名にした、でおなじみの、あのシューレスジョーさんが僕らの単独ライブに戻ってきます!(笑)

※後編へつづく

8月9日(金)に開催される「はんにゃ単独ライブ『するって~とDOかい?』」のポスタービジュアル
KADOKAWA

(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む