1. トップ
  2. <奪い愛、夏>水野美紀の“奇行動画”に中毒者続出「狂気の極み」「期待を裏切らない」

<奪い愛、夏>水野美紀の“奇行動画”に中毒者続出「狂気の極み」「期待を裏切らない」

  • 2019.7.30
  • 1144 views
「奪い愛、夏」公開を記念して、「奪い愛、冬」のカウントダウン再放送も決定
(C)AbemaTV

8月8日(木)よりスタートする水野美紀主演ドラマ「奪い愛、夏」(AbemaSPECIAL)で、水野演じる“花園桜”の公式Instagramに投稿された動画に反響が上がっている。

【写真を見る】ドライフラワーをハサミで切り刻む桜(水野美紀)

主演の水野の他、小池徹平や松本まりかが出演する同作は、危険な愛のトライアングルに挑むクレイジー“狂愛”ドラマ。2017年に放送された「奪い愛、冬」(テレビ朝日系)の制作チームも脚本作りに全面協力し、全く新しいオリジナル版として放送される。

7月2日に開設された主人公・花園桜(水野)の公式Instagramアカウント「監視日記」に公開された動画は、「本日は休日出勤。ストレス解消」と、桜が無心でシャトーボクシングをしている様子や、「無能な秘書に、思わず感情が高ぶってしまいました。#使えない部下」と社長室で誰かと電話していると、途中で何かにキレ始め、持っていた資料を怒りながら机の上に叩きつける様子、「悪い芽は摘み取らなければいけませんね」とドライフラワーに語り掛けながら、「水分が残ってるわね~これは失敗。これも失敗。失敗。失敗。失敗。失敗。失敗。失敗。」と花をざくざくハサミで切っていく様子などが映し出されている。

社長室で行われる行動の数々に、「意味深で怖すぎる…」「狂気の極み」など恐怖を感じるという声の他、「毎回期待を裏切らない」「ボクシングもできるんですか!意外性抜群でハマってます」「桜さんが気になりすぎてドラマ絶対観ます!」「癖になります!」「次の投稿も楽しみにしてます!」と、放送前からさまざまな姿を見せる水野演じる桜が徐々に癖になり、投稿を待ち望むコメントも多く寄せられている。

「奪い愛、冬」がよみがえる!

さらに、8月8日(木)に迫った「奪い愛、夏」の放送開始を記念し、7月31日(水)から「奪い愛、冬」のカウントダウン再放送も決定。

鈴木おさむが脚本を務め、テレビ朝日系で2017年1月から3月にかけて放送された同作は、狂気と怪演、ドロドロの愛憎劇がSNSなどを中心に爆発的に話題となった恋愛ドラマ。

7月31日(水)より8月8日(木)の放送直前まで、毎日夜10時から1話ずつドラマチャンネルにて全話放送予定だ。

「奪い愛、夏」あらすじ

マッチングサービス「ラブネクスト」で広報部に所属する桐山椿(小池)は、同じ部の空野杏(松本)と恋に落ちた。「会社では秘密」という杏の条件の中、交際を始める2人。

椿の実家は日本橋で和菓子店を営んでいた。だが父親が1億円の借金を抱え、店を手放さなくてはならない状況に陥ってしまう。返済期限が迫るも、椿にはどうしようもない。

そんなある夜、1人で夜道を歩いていた椿のもとに、ラブネクスト社長の花園桜(水野)が現れ、いきなりキスをされる。桜は「私はビジネスだけじゃなくて、キスも一流よ」と言い放ち、明日社長室に来なさいと椿に命令する。

翌日、社長室を訪れた椿を待っていたのは、桜からの驚くべき提案だった。(ザテレビジョン)

元記事を読む