1. トップ
  2. <おっさんずラブ>田中圭&林遣都の巨大ポスターが表参道駅に!公式Twitterで全貌公開され地方ファンも感謝

<おっさんずラブ>田中圭&林遣都の巨大ポスターが表参道駅に!公式Twitterで全貌公開され地方ファンも感謝

  • 2019.7.30
  • 1048 views
7月29日の「視聴熱」ドラマ デイリーランキングTOP3
KADOKAWA

【写真を見る】総一(荒木飛羽)のサイコな一面が明かされた「あなたの番です」が1位

webサイト「ザテレビジョン」では、7月29日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「あなたの番です」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)12654pt

2週間ぶりの放送となった7月28日の第14話。不穏な動きをする登場人物の謎の深まりと共に、明らかになった事実が大きな衝撃となり、引き続き話題に。

二階堂(横浜流星)のAI分析では、犯人として早苗(木村多江)の息子・総一(荒木飛羽)の名前が挙がった。そして、刑事の水城(皆川猿時)が、「実験をがんばる」という総一の言葉を榎本夫妻に伝えると、様子が一変。早苗(木村多江)は常軌を逸した行動を始め、正志(阪田マサノブ)は、同級生を突き飛ばしたり、学校のニワトリを大量に殺したりといった総一の猟奇的な凶暴性により、隔離していたと告白した。

そして、夏祭りの夜、総一は元住人・澄香(真飛聖)の息子・そら(田中レイ)の首を締め上げるが、間一髪で翔太が駆け付けて救った。総一の隠されていたサイコな一面にSNSも騒然。「まじでヤバい」「怖すぎ」といった声が上がった。

一方、ラストは黒島(西野七瀬)が列車の迫る駅のホームで突き飛ばされる展開に。黒島と二階堂の淡い恋(?)模様も描かれていただけに、こちらも衝撃が走った。前話に続いて黒島のストーカーらしき男の登場や、黒島と二階堂の様子を怪しげに見つめていた尾野(奈緒)の存在など、謎の考察が加速している。

また、29日に、201号室の住人・柿沼を演じている中尾暢樹が自身のTwitterを更新。「撮影終わり、みんなで屋台満喫しました」とつづり、奈緒、シンイー役の金澤美穂、江藤役の小池亮介とのオフショットを公開した。

春田(田中圭)&牧(林遣都)が雑誌の表紙を飾った「おっさんずラブ」が2位
KADOKAWA

2位「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)2828pt

2018年4~6月に放送された連続ドラマの続編となる映画「劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD~」が8月23日(金)に公開。その“予習”展覧会となる「劇場版おっさんずラブ展~君を好きになってよかった。~」が、東京・テレビ朝日EXシアター17F特設会場で開催中。実際に使用された衣装、小道具、大道具、劇場版でカギを握る再現エリアなど、映画を楽しめる仕掛けが満載となっている。

また、7月26日に発売された雑誌「Hanako」(マガジンハウス)で表紙を飾った主人公・春田を演じる田中圭と、その恋人・牧を演じた林遣都の巨大ポスターが東京・表参道駅に登場。公式Twitterでは、地方ファンのため、その全貌がわかる動画が公開され、感謝のコメントが寄せられた。

中村倫也の“芝ドン”シーンに沸いた「凪のお暇」が3位
KADOKAWA

3位「凪のお暇」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)2664pt

7月26日に放送された第2話では、主人公の凪(黒木華)と隣の部屋に住むゴン(中村倫也) の、“壁ドン”ならぬ“芝ドン”シーンに大いに沸いた。

“芝ドン”シーンが生まれたのは、2人が近所の公園でバーベキューをしていたときのこと。芝生の上に敷いたレジャーシートに横たわり、凪が胸の内を明かしていると、ゴンがおおいかぶさり、「凪ちゃんやっぱり面白い。そんで、かわいい」と見つめた。視聴者からは「破壊力ありすぎ!」との声が上がった。

8月2日(金)の第3話は、近所に引っ越してきた龍子(市川実日子)に元カレ・慎二(高橋一生)との出来事を聞いてもらう凪。慎二がクズだと分かると「なんで付き合っていたのか」と問われるが、凪は答えられないでいた。ある日、龍子は凪に内緒で婚活パーティーに申し込み、強制参加させられた凪は“ある事”に気付く。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

元記事を読む