1. トップ
  2. 『東京喰種』の窪田正孝たち、りんごちゃんのモノマネに大爆笑

『東京喰種』の窪田正孝たち、りんごちゃんのモノマネに大爆笑

  • 2019.7.30
  • 161 views
『東京喰種 トーキョーグール【S】』の大ヒット舞台挨拶が開催
KADOKAWA

【写真を見る】りんごちゃんに大爆笑する窪田正孝たち

現在公開中の『東京喰種 トーキョーグール【S】』の大ヒット舞台挨拶が、7月30日に新宿ピカデリーで開催され、窪田正孝、松田翔太、山本舞香、川崎拓也監督、平牧和彦監督が登壇。スペシャルゲストとして、「東京喰種」の大ファンだというものまねタレントのりんごちゃんが登場、大友康平の「ff」や武田鉄矢の「贈る言葉」を熱唱し、窪田たちは大爆笑した。

人間を喰らう“喰種(グール)”が蔓延する世界を描く本作。主人公のカネキ役を窪田が、ヒロインのトーカ役を山本舞香が、カネキに固執する宿敵の月山習役を松田翔太が演じる。

SNSでも話題沸騰の本作について窪田は「舞台挨拶で『皆さんの素直な感想を聞かせてほしい』とお伝えさせてもらったんです。もちろんいい意見もあるけど、『生々しすぎて引いた』とか、『ちょっとグロかった』とかいう意見も言ってくれて良かったなと。ちょっと攻めた作品なので、リアルな言葉が聞けたのはよかったです」と笑顔でコメント。

松田も「“怪演”とかいろいろ言われてますが、純粋にカネキくんをただただ好きになったというだけなので、僕の愛情表現が上手くいったのかなと」と手応えを口にした。

予想以上にアクションを絶賛された山本は「窪田さんがやっぱり“やられ”が上手いので。いつもやられてるから。すごく痛そうにしてくれるので気持ちよくやってました」と言うと、窪田も「おしりを蹴られたのは本当に痛かったけど」と苦笑いしつつ「あなたはできてます!」と、山本を絶賛した。

モノマネで熱唱するりんごちゃん
KADOKAWA

続いて、りんごちゃんが現れ、野太い声で、大友康平や武田鉄矢になりきっての熱唱パフォーマンスを見せると、窪田たちは大ウケ。窪田が、「武田さんは、歌に入る前の“ん”というの(呼吸)が強調されてますね」と感心すると、りんごちゃんが窪田にそのモノマネを伝授。窪田もやってみたが、松田から「窪田、全然違くない?」とツッコミを入れられ、会場の笑いを誘った。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

元記事を読む