1. トップ
  2. 土屋太鳳、ひそかに抱く願望を告白「きょうだいで九州に行きたい」

土屋太鳳、ひそかに抱く願望を告白「きょうだいで九州に行きたい」

  • 2019.7.29
  • 2681 views
イベントに登壇した渡辺直美、土屋太鳳
KADOKAWA

【写真を見る】商品を試飲してウットリとした表情を見せる土屋太鳳

「8/1は水の日『い・ろ・は・す 天然水』10周年記念イベント」が7月29日に都内で行われ、CMに出演中の土屋太鳳、渡辺直美が登壇した。

「い・ろ・は・す 天然水」が10周年の2019年、熊本・阿蘇が新たな採水地に加わり、全国7カ所(北海道・清田、岩手・奥羽山脈、富山・砺波、山梨・白州、鳥取・大山、宮崎・えびの、熊本・阿蘇)の水源が、より分かりやすいデザインで裏面のパッケージがリニューアルされる。

CMソングを仲良く歌いながら登壇した土屋と渡辺は、アクアソムリエマイスターの鶴田雅人氏から、採水地ごとの水の特徴を学ぶことに。

土屋は「いろいろなお話が聞けそうで楽しみ。(鶴田氏は)たくさん水を飲んでいるからか、肌の質感がいいですね」と語ると、「(肌が)ツヤツヤですよね」と渡辺も賛同し、会見場を和ませた。

まず、鶴田氏が「(富山の)砺波の水は硬度が低く、他の水に比べてミネラルが少ないです。すっきりしていてクリアな飲み味です。料理で使うと、素材やだしの味を引き出してくれる特徴があります」と解説。

土屋は「体にスッと入ってくる感じ」、渡辺は「言われて飲んでみると、そうだなと気付きました」と、砺波で採水された商品の感想を語った。

さらに、富山に何度も訪れたことがあり、おいしいものを食べてきたという渡辺は「白えびがおいしくて、すごくたくさん食べました。お水がきれいだからか、そうめんもおいしかったです」と、水に関連したエピソードを交えてコメント。

土屋も「ロケで地方に行った時に、ボトルの裏を見るのが楽しみになりそう」と目を輝かせていた。

“天然水講座”を受ける土屋太鳳と渡辺直美。左は鶴田雅人氏
KADOKAWA

土屋太鳳が九州とのゆかりを明かす

続いて、鶴田氏が阿蘇の水の特徴について、「7つある水の中でも最も硬度が高くて、含まれているミネラルが多いです。水としての味わいやうまみが出ていて、いい意味で重たいです」と解説。

それを受けて試飲した土屋は「しっかり味わうと味があります。コク?なのか、引っ掛かりというか」と語ると、鶴田氏が「ミネラルから来る引っ掛かりはあると思います」とフォロー。

一方、渡辺は「口に入れた瞬間から雰囲気が違いますね。トロッとした感じで(砺波の水と)後味も違います」と、2人とも“水”の魅力に目覚めた様子。

ここで土屋が、九州とのゆかりを告白。「祖父母が福岡、宮崎、鹿児島に住んでいて、宮崎によく車で行くんですが、阿蘇の近くにも行くことがあって、親しみを覚えています。こういう形で、(その土地の)水に携われてうれしいです。(阿蘇の)水は体のベースになるもの。私の原点の一つ」と喜びを口にした。

さらに、土屋の弟で俳優・土屋神葉と、2019年ミス・ジャパン東京大会グランプリの姉・土屋炎伽も多忙なようで、「今はそれぞれが忙しいので、九州に行くのも1日ずれたりとかになってしまって。みんなで行けたらいいなと思います」と願望を明かした。

最後に、商品の利用者に向けて土屋は「CMで披露している歌で7つの採水地を覚えていただけたらうれしいです。ぜひ皆さんも地方に行った時はボトルの裏を見てワクワクしてもらいたい」とコメント。

渡辺は「CMソングを歌ってもらって、おいしいおいしい『い・ろ・は・す 天然水』たくさん飲んでほしい」とアピールしていた。(ザテレビジョン)

元記事で読む