1. トップ
  2. 野沢雅子が明かした“アニメの力”にまつわるエピソードに反響が

野沢雅子が明かした“アニメの力”にまつわるエピソードに反響が

  • 2019.7.29
  • 1880 views
7月28日の「視聴熱」バラエティー デイリーランキングTOP3
KADOKAWA

【画像を見る】1位は吉本興業・岡本昭彦社長の会見について松本人志がコメントした「ワイドナショー」

webサイト「ザテレビジョン」では、7月28日の「視聴熱(※)」バラエティー デイリーランキングを発表した。

【画像を見る】1位は吉本興業・岡本昭彦社長の会見について松本人志がコメントした「ワイドナショー」
KADOKAWA

1位「ワイドナショー」(毎週日曜朝10:00-11:15、フジテレビ系)15165pt

7月28日の放送で、22日に行われた吉本興業・岡本昭彦社長の会見について取り上げ、21日の緊急生放送に続いて再び大きな注目を集めた。

ダウンタウン・松本人志は岡本社長の会見について、「僕も東野(幸治)もがんばって、社長会見までおぜん立てという言い方が適切か分からないけれど、それなりのイイ感じのトスを上げられた」としたが、結果的に「0点」と厳しいコメント。

「スッキリ」(毎週月~金曜朝8:00-10:25、日本テレビ系)のMCを務める加藤浩次と対立構造のようになっているマスコミの報道については否定。電話連絡をひんぱんにして「ゴールに少し違いがあるので、その折衷案を探っている状態」と明かした。

また、「加藤には山本(圭壱)がいて、僕には浜田(雅功)がいて、相方が特別な存在やから、その2人を無視した発言をしてしまったことは、あまりよろしくなかったなとは思っています」とも発言。

今後については、「芸人が一体となって、会社に改善して、悪いことやっているなら、それを正直に全部言ってくれと。そこを明確にしないのだったら、芸人全員連れて(会社を)出ますわ」と松本。

その直後に「西川くんも付いてきてくれてるという…」と、隣席のゲスト・西川貴教を巻き込む発言をして笑いを誘ったが、松本は覚悟をあらためて表明した。

2位は「ボクらの時代」
KADOKAWA

2位「ボクらの時代」(毎週日曜朝7:00-7:30、フジテレビ系)10415pt

7月28日の放送は野沢雅子、田中真弓、山寺宏一が登場。日本を代表する声優陣が仕事やプライベートなどについて貴重なトークを繰り広げた。

番組では、「ドラゴンボール」で孫悟空・悟飯・悟天の声を担当している野沢が、“アニメの力”について語る場面も。余命宣告をされた子供を持つ親からサインを依頼する手紙が届いたが、野沢は悟空の声で「オラが劇場で待ってるからな、約束だぞ!」と吹き込んだテープを送ったという。

すると、その子は2月いっぱいは持たないと言われていたが、8月に公開された映画「ドラゴンボール」を観ることができたという。

その報告の手紙には、医者の手紙も同封されており「アニメの力って何なんでしょう、思い知らされました」と奇跡についてつづられていたと明かし、この“アニメの持つ特別な力”に関するエピソードは、視聴者にも大きな反響を呼んだ。

3位は「GENERATIONS高校TV」
KADOKAWA

3位「GENERATIONS高校TV」(毎週日曜夜9:00-10:00、AbemaTV)8389pt

7月28日は、「FANTASTICS体験入学SP~体当たり編」を放送。先週からの続きで、GENERATIONSの後輩グループ・FANTASTICSから世界、瀬口黎弥、堀夏喜、八木勇征が出演。GENE高の名物企画である「シャトルイート対決」「風船割れてもプリンス顔選手権」「ネオスイカ割り対決」でGENERATIONSメンバーと戦った。

「ネオスイカ割り対決」は、スイカに輪ゴムをかけていき、割れたら負けというもの。ガンガン攻め続けるGENERATIONSの一方、FANTASTICSチームはビビりながら進めていった。合計で900本となる20本の輪ゴムをかけようか迷っていたFANTASTICSチームだったが、世界が「何で体験入学しているかってことじゃん」と言ってチャレンジを決意。

だが、そんな4人の後ろで数原龍友が靴を手に持って「バン!」とたたいて鳴らし、FANTASTICSの4人は飛び跳ねて驚いていた。

その後、GENERATIONSメンバーが1590本にしたところで、スイカが爆発。GENERATIONSの負けとなり、代表して中務裕太が罰ゲームをすることに。空気清浄機の物まねなど、シュールなものを含めて1分間ギャグを続けた。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやドラマランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

元記事を読む