1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 松本駅の南、ガラス工房「リトグラス」のショールームへ。

松本駅の南、ガラス工房「リトグラス」のショールームへ。

  • 2019.7.29
  • 1160 views

リトグラス|松本市庄内

ガラス作家の永木卓さんと田中恭子さんが手がけるリトグラスが、小さなショールームを昨年オープンした。ブルーグレーやアンバーに色付けされたガラスは、どれも瑞々しく、まるで絵画のよう。ショールームは月に6、7回ほど不定期に開催しているので、インスタグラム(@ritoglass)で必ず確認を。

シンプルなワインカップは¥4,000前後から揃う。ダスティなカラーパレットが美しい。夫妻は安曇野市のガラス工房を経て、2017年にリトグラスをスタート。

松本駅から南に歩くこと約20分。工業地帯に工房とショールームを構える。

1906xx-matsumoto2-ritoglass-03.jpg

リトグラスRitoglass長野県松本市庄内2-6-54-2tel:なし営)11時~15時不定休※営業日はインスタグラムで要確認http://ritoglass.com

●松本へのアクセスJR新宿駅から中央線特急あずさ・松本駅まで約2時間40分。または、JR東京駅から北陸新幹線・長野駅まで約1時間30分、長野駅からJR東海線特急しなの・松本駅まで約50分。車の場合、東京都内から約3時間。

※『フィガロジャポン』2019年7月号より抜粋

元記事を読む