1. トップ
  2. <あなたの番です>荒木飛羽“総一”が…!!明かされた榎本家の事情にファン驚愕「ヤバい…」

<あなたの番です>荒木飛羽“総一”が…!!明かされた榎本家の事情にファン驚愕「ヤバい…」

  • 2019.7.29
  • 1236 views
「あなたの番です-反撃編-」第14話シーン写真 (C)NTV
KADOKAWA

【写真を見る】夏祭りの夜、そら(田中レイ)を人気のない場所へ連れて行く総一(荒木飛羽)…!

田中圭演じる手塚翔太らが連続殺人事件の謎に挑むドラマ「あなたの番です -反撃編-」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)の第14話が7月28日に放送された。402号室・榎本家の正志(阪田マサノブ)・早苗(木村多江)夫婦が息子・総一(荒木飛羽)の存在をひた隠しにしてきた理由が明かされ、視聴者を驚愕させている。(以下、ラストまでのネタバレがあります)

榎本家の事情…

【写真を見る】夏祭りの夜、そら(田中レイ)を人気のない場所へ連れて行く総一(荒木飛羽)…!
「あなたの番です-反撃編-」第14話シーン写真 (C)NTV

2週ぶりに放送された「あなたの番です」は新たな展開に満ちていた。中でも視聴者に衝撃を与えたのは、正志が語り出した“榎本家の事情”だった。

水城刑事(皆川猿時)から総一の「実験とか頑張る」というメッセ―ジを聞き、拘留中の榎本夫妻の様子は一変。早苗はさらに狂ってしまい、正志は「総一を捕まえてくれ」「総一はな…普通の子じゃないんだ」と突如、真実を語り始めた――。

その内容がまた衝撃だった。小学校でニワトリを大量に殺してしまったり、「人が死ぬところを見たかったの」と、友達をトラックにひかれるよう車道に突き飛ばしたり…。息子の行く末を案じた夫婦は、その存在を隠して「キウンクエ蔵前」に引っ越してきたという。

正志はさらに衝撃の告白を続けた。総一が前管理人の床島(竹中直人)に見つかってしまい、それをネタにゆすられていたこと。早苗が殺人ゲームで「管理人さん」と書き、床島の死後は何者かに脅され、ドクター山際(森岡豊)を殺害。その“首”を総一が持ち出していたこと…。

ドラマはさらに、夏祭りの夜に総一がそらを連れ出し、人気のないところでその首に手をかけるという衝撃のクライマックスを見せた。

犯人は「快楽を求めて殺人を犯す嗜好の持ち主」

「あなたの番です-反撃編-」第14話シーン写真 (C)NTV
KADOKAWA

次々と明らかになった榎本家の事情、常軌を逸した正志と早苗、そして総一の一連の行動に、視聴者は騒然!SNSでは「これはまじでヤバい…」「あなたの番です怖すぎ」「総一くん狂ってる。不気味すぎる」といった声が躍った。

さらに、二階堂(横浜流星)のAIが菜奈(原田知世)と赤池家夫婦(峯村リエ、徳井優)・浮田啓輔(田中要次)を殺したのは75.3%の確率で総一だとの結果をはじき出し、二階堂自身も「犯人は快楽を求めて殺人を犯す嗜好の持ち主かと」「殺人犯が事件を起こす前に、動物に危害を加えている比率は高い」などと語っていた。

このことから「総一くん真犯人説、AIが立証したのか…」「75%って結構な確率」「AIすごい。総一にたどり着いた」などAIに注目するファンも多い。

気になる!第15話あらすじは?

「あなたの番です -反撃編―」第15話は8月4日に放送する。

翔太、二階堂、南(田中哲司)は、総一を捕まえ、そら(田中レイ)を保護する。そらは澄香(真飛聖)のもとに戻り、総一は警察に引き渡される。翔太たちは、現場に駆けつけた水城(皆川猿時)から、黒島(西野七瀬)が電車のホームから突き落とされたと聞いて…。

神谷(浅香航大)は、正志の供述から収賄と交換殺人ゲームの隠蔽によって、懲罰会議にかけられることになり、当面謹慎処分となる。神谷のために手柄を上げると息巻く水城をよそに、神谷は独自に捜査を続け、思わぬ事実にたどり着く。一方、翔太は、早苗と正志の協力者である謎の声の主が神谷だと気付く。

「あなたの番です-反撃編-」第14話シーン写真 (C)NTV
KADOKAWA
「あなたの番です-反撃編-」第14話シーン写真 (C)NTV
KADOKAWA
「あなたの番です-反撃編-」第14話シーン写真 (C)NTV
KADOKAWA
「あなたの番です-反撃編-」第14話シーン写真 (C)NTV
KADOKAWA
「あなたの番です-反撃編-」第14話シーン写真 (C)NTV
KADOKAWA
「あなたの番です-反撃編-」第14話シーン写真 (C)NTV
KADOKAWA
「あなたの番です-反撃編-」第14話シーン写真 (C)NTV
KADOKAWA
「あなたの番です-反撃編-」第14話シーン写真 (C)NTV
KADOKAWA
「あなたの番です-反撃編-」第14話シーン写真 (C)NTV
KADOKAWA

(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む