1. トップ
  2. レシピ
  3. これでパスタができるって本当!?まな板もゆで鍋も不要、フライパンひとつでラクごはん

これでパスタができるって本当!?まな板もゆで鍋も不要、フライパンひとつでラクごはん

  • 2019.7.28
  • 23884 views

何もしたくなくて…夏。

3ステップで、お湯もわかさず完成!? フライパン1つのスピードオイルパスタにパパが挑戦

子どもの送り迎えに自分の仕事でドタバタ、加えてこの暑さで、夕方にはもう1mmも動きたくない、クーラー効いた部屋でゴロゴロしてたい。晩御飯?こんな日はそうめん?……いや、そうめん茹でるのすら嫌。

まず大きな鍋を出したくないし、お湯を沸かしたくないし、すぐにザルにあけて冷水でしめるとかしたくない、それなのに「またそうめんか〜」とか言われるし。

KADOKAWA

かといって暑い中買い物も外食も行きたくないし、なんとかならないかと、レタスクラブ7月号をパラパラ眺めると、目にとまったのは「フライパンひとつのスピード麺」ゆで鍋不要、どんどん投入すれば完成な、パスタのレシピ!

確かにこれなら簡単そう……しかもちゃんと美味しそう!やってみます!

【ベーコンとブロッコリーのオイルパスタ】

[材料・2人分]

スパゲッティ(1.6mm、ゆで時間7分のもの):160g

ベーコン:3枚(2cm幅に切る)

ブロッコリー:小1/2個(約100g)

オリーブ油、塩、こしょう

[作り方]

(1)フライパンにオリーブ油大さじ1とベーコンを入れ、中火で1〜2分炒める。水2カップ、塩小さじ1/2、スパゲッティを半分に折って入れ、蓋をして強めの中火にする。

(2) 煮立ったら麺をほぐす。ブロッコリーを加え、ふたをして弱めの中火で約7分蒸し煮にする。

(3)ふたを取り、強めの中火で炒めて水分をとばす。塩、こしょう少々で味をととのえる。

え、これでいいの!?という簡単さ。

しかし私は、もっと楽してやろうと、まな板と包丁を使わず、キッチンバサミでベーコンをちょきちょき。

KADOKAWA

炒めたベーコンの上に、半分に折ったパスタをバサッと乗っける。しつこいけど、これで本当にいいの!?

KADOKAWA

そしてブロッコリーは冷凍のものを使用。投入するタイミングを少し後にしてみました。

KADOKAWA

本当にこれでいいのかな!?とここまで来てもまだ不安。

とりあえず7分の蒸し煮タイムに、スープとサラダも作成し、晩御飯完成!

KADOKAWA

出来上がってみたら、めっちゃ美味しそう!

そして、食べてみたら、しっかり美味しい!

ベーコンの旨味を吸ったパスタはもちもち、え、これ、こんなに簡単なのに、味付けも超シンプルなのに、いいんですか!?

味変で子どもたちは粉チーズをかけて、大人はブラックペッパー&ニンニク&オリーブ油をプラスしたら、かなり満足度高っ!

何より、ゆで鍋を使ってないから、洗い物も少なくて、最高!!

こんなに簡単なら、フライパンひとつのスピード麺、もっとやってみたい!

【お好み焼き風うどん】

[材料・2人分]

冷凍うどん:2玉

豚こま切れ肉:150g

キャベツ:大2枚(約200g)(一口大に切る)

青のり、紅しょうが:各適量

ソース(中濃ソース:大さじ2、和風だしの素:小さじ1、水70ml)

[作り方]

(1)フライパンにうどんを凍ったまま入れ、豚肉、キャベツを重ね、ソースの材料を混ぜて回しかける。ふたをして中火にかけ、約6分蒸し煮にする。

(2)ふたを取り、強めの中火でほぐしながら水分をとばすように炒める。器に盛り、青のりをふり、紅しょうがを添える。好みでマヨネーズをかける。

KADOKAWA

これまた材料も少ないし、これでいいの?ってくらい簡単。

とりあえずフライパンに投入。豚コマはそのまま、キャベツは手でちぎって、包丁&まな板使わず!

点火して放置、その間に簡単なスープと買ってきた漬物を用意。

あっという間に完成!

KADOKAWA

ねえ、本当にこんなに簡単でいいんでしょうか。

しかも子どもたち大好きなうどんがお好み焼き風って、好きの二乗じゃないですか。

お好み焼き焼くよりももちろん簡単だし、これなら休日のお昼ご飯にもめっちゃ助かる。

「フライパンひとつのスピード麺」レシピ、がっつり使わせてもらえたら、この夏、かなり幸せに過ごせそうです!

作=うだひろえ(レタスクラブニュース)

元記事を読む