1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. その500円、コンビニで使う?それとも? 将来が不安な20代女子に捧ぐお金のハナシ

その500円、コンビニで使う?それとも? 将来が不安な20代女子に捧ぐお金のハナシ

  • 2019.9.6
  • 2577 views

残業帰りに寄ったコンビニで、今日もデザートを買いながら、ふと考えるのは年金問題。

SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

「本当に自分で2000万円貯めなきゃいけないのかな〜」なんて、ため息つきながらレジ待ちしてるそこの女子ー!!

なんと、そのデザート代の500円が増えるかもしれない方法があるんです!!!

それが投資信託

いかつい四文字熟語でつい敬遠しがちですが、実は将来のお金について悩む女子の強い味方らしい…

では一体、投資信託とはなんなのか? 年金問題が気になりつつ今日もコンビニで無駄使いしてしまった25歳の編集部員が調べてみました!

投資と投資信託は違う!

一般的な投資とは、投資する側(自分)と投資される側(事業や会社)の1:1で行われるものですが、

投資信託は、そこに投資のプロが加わってくれるんです!

だから、初心者でも始められる!

運用などの難しいことは投資のプロがやってくれるから、毎月お金を納めるだけでOK♪

SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

投資信託は500円から始められる!その訳は…

さっき説明した投資のプロは具体的に何をしてくれるのかというと、

まず、投資する側の人たちからお金を集めて、その集めたお金をまとめて大きな資金にし、事業や会社に投資していきます。そしてその成果を、納めた金額に応じて分配してくれるんです。

つまり、みんなのお金を集めて投資するから、一人一人の投資金額が少なくても大丈夫というわけ。

なんだかこう聞くと得しかないじゃん♡と思ってしまいますが、もちろん投資信託にもリスクはあります。

次は、そのリスクについてみていきましょう〜

リターン(得)とリスク(損)は同じ!

投資信託のリスクとは、元金がマイナスになってしまうことを指します。貯めていれば10万円になっていたのに5万円になってしまった…というイメージです。

それを聞くと、「損するかもしれないなら、貯金したほうがよくない?」と思いますよね。

ですが、損する額もある程度は自分でコントロールすることができるんです!

それには『利回り』が関係しています。

SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD.

利回りとは、元金に対する利益率のこと。この利益率は、リターンにもリスクにも同じ。

つまり、利回り(利益率)が5%なら、得をするのも5%!損をしても5%までなのです!

リスク!なんて聞くと「莫大な借金を背負うの…?」なんて怖く感じてしまいますが、どうやらそういうわけではないよう。

投資にもそこまで詳しくなく、なるべく高額な損をしたくない私たち20代は、利回りが高すぎない商品を選ぶ方がいいのかもしれません。

今回のまとめ

その500円でできることがある!

コンビニに電気代を払いにきただけなのに、買う予定のなかったおやつやカフェラテまで買ってしまったなんてこと、よくありますよね。

そんな、誰もが毎月必ずやってしまっているちょっとした無駄遣い。その500円を投資信託に使って、増えればラッキーだし、たとえ損をしても結局は消えるはずだったお金だから、そこまで痛くはないはず。

将来が不安…と思うなら、まずは少額から投資信託を始めてみるのもいいのかも。

元記事を読む