1. トップ
  2. ファッション
  3. アカネ ウツノミヤ 2020年リゾートコレクション - 時に清楚に、時に色っぽく

アカネ ウツノミヤ 2020年リゾートコレクション - 時に清楚に、時に色っぽく

  • 2019.7.27
  • 373 views

アカネ ウツノミヤ 2020年リゾートコレクション - 時に清楚に、時に色っぽく

アカネ ウツノミヤ(AKANE UTSUNOMIYA) 2020年リゾートコレクションが発表された。

undefined
www.fashion-press.net

女性らしさ香るレースの装飾

今季のワードローブは、レースをふんだんに取り入れているのが特徴。目の覚めるような鮮やかなブルーのドレスには、その胸元にセクシーなブラックのレースを大胆にあしらって。またカジュアルなボーダー柄のリブニットやキャミソールには、裾や胸元にさりげなくレースを飾って、フェミニンな表情へと昇華させている。

大きな襟で個性をプラス

ブランドの定番となる“セーラー型”ウェアは、襟のカッティングやディテールのアレンジによって、それぞれ異なる雰囲気を纏っている。例えば、ふんわりとしたパフスリーブが目を惹く柔らかなワンピースには、優美な曲線と共に、肩幅をゆったりと覆う襟をあしらうことで清楚な空気感を助長。

一方ブルーのチェックのカットソーは、後部の襟の下に隠れた洋服のテキスタイルをガーゼで切り替えた。ふとした瞬間に襟の隙間から見える素肌が、女性らしい色っぽさを感じさせる。

また胸下までヒラヒラと揺れる大きな襟をあしらったブラックのシャツは、撥水加工を施した機能的な一枚。ロングスリーブのトップスが身体をすっぽりと包む分、ボトムスには、網タイツのように見えるレース付きショートパンツ、胸元にはボトムスと同素材で仕立てたレースのスカーフをまいて、抜け感を演出する。

シルクで作られた“ニット風”ワンピース

素材にもアレンジを加えて。ニットのようにみえるロングドレスは、実はシルクを洗いざらしにした後に、編上げたこだわりの一着。手に触れてみると、しっとりとしたソフトな質感で、女性の身体を優しく包み込んでくれる。分量を多くとったドレスのスカートは、アシンメトリーにカットしたことで、優雅なドレープを描き、エレガントな空気を添えてくれる。

カラーパレット

パレットは、ブルーやグリーンをアクセントに、ベーシックカラーを基調に。また三角形をランダムにミックスさせたかのような幾何学模様のプリントが、シルクを使用したワンピースやプリーツスカートの上を彩っていた。

オリジナルサイトで読む