1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 大きなキャニスターが便利!キッチンを便利に&インテリアをおしゃれに彩ろう

大きなキャニスターが便利!キッチンを便利に&インテリアをおしゃれに彩ろう

  • 2019.7.27
  • 22550 views

おしゃれインテリアの大定番でもあるキャニスター。小さなものから大きなものまで豊富なサイズ展開ですが、今回、おすすめしたいのは大きい方のキャニスターです。

大きさゆえのインパクトがあり、なおかつ繊細なインテリアとしても大活躍する巨大キャニスターは、おしゃれなお部屋づくりにぴったり!上手な活用方法をインスタグラマーたちから学んでみませんか?

大きなキャニスターをお部屋に飾ろう

ドライフラワーを入れるのが定番

大きなキャニスターの画像を探すと、ドライフラワーを詰める人が多い印象です。

画像は、大きなキャニスターにわずかにドライフラワーを入れたもの。

品があり、可憐で女性らしいインテリアです。

こちらはドライアイテムをわりとぎっしりめに入れたアイディア。

雑貨屋さんのような風貌になり、並べて飾ると統一性も出てお部屋のアクセントになります。

麻布とタグをプラスすることで、カントリー感も強調。

こちらはドライフラワーに、英字の紙切れを一緒に入れています。

同じドライフラワーでも、ずいぶん印象が違って見えますね。

中に入れるドライの種類や量、付属のアイテムで見え方が変わってきます。

あじさいのドライを一輪、大胆に詰め込んだアイディアです。

カントリー感が強く出て、女性らしくどこか懐かしい印象に。

リビングはもちろん、玄関インテリアとして置いても素敵ですよ。

キッチンでも大活躍な大きなキャニスター

キャニスターは本来、お料理用の保存瓶として活用されてきたもの。

そのため、キッチンにひとつ大きなキャニスターがあると便利です。

画像のようにお菓子や細かいものを入れておいてもgood!

こちらはシリアルを大きなキャニスターに保存した画像です。

湿気に弱いシリアルは、蓋にパッキンがついたキャニスターへの密閉がおすすめ。

見た目も外国のキッチン風でかわいくなる上、箱に入れたままにするより取り出しやすいですね。

梅シロップや果実酒の保存にも、大きなキャニスターはとても便利!

とくに梅シロップは作る過程の色合いもきれいなので、容器もおしゃれなものをチョイスしたいところ。

こちらはキャニスターにタップがついたもので、そのまま直接コップに注ぐことができます。

ミントとレモン、氷水を入れたデトックスウォーターは見た目&実用性も高いためおすすめです。

赤いカラーが鮮やかなアカジソジュースも大きなキャニスターに入れてカフェ風に。

英字の入ったものだと、よりお店っぽい印象になりますね。

こちらは大きなキャニスターにお米を保存しています。

密閉性の高いキャニスターなら、お米の保存もOK!

ナチュラルな印象になり、ただのお米がインテリアに早変わりです。

照明を入れてランプとして

大きなキャニスターにLEDを入れて、おしゃれなランプにしたアイディア。

寝室はもちろん、玄関や廊下に飾ってもかわいいですよ。一緒にグリーンを詰めるのもおすすめ!

花瓶として活用するのも◎

中には大きなキャニスターにグリーンを插し、その枝ぶりを楽しむインスタグラマーも。

シンプルで大きなキャニスターは木のインパクトを強調し、お部屋の中ですっきりとした存在感を主張します。

男前インテリアにも大活躍

大きなキャニスターの中に入っているのはテクトクラム。

大きなデザインがシンプルさによって良い引き算となっています。

ドライフラワーの男前バージョン、といった感じです。

何も入れずに飾ってもOK

センスの良い大きなキャニスターはそれだけでインパクトがあるため、そのまま飾るだけでもおしゃれです。

キッチンやリビングなど、目立つところに置いてみては?

まとめ

キャニスターは小さなものをいくつも…というのもかわいいですが、大きなものだとインパクトも強く、シンプルな空間でよく映える存在となります。100均でも200円程度で売っているので、ぜひ、試してみてくださいね。

元記事で読む