1. トップ
  2. 松本妃代“クラス委員長”役に『毎日刺激をもらえました』横浜流星主演「いなくなれ、群青」新映像解禁!

松本妃代“クラス委員長”役に『毎日刺激をもらえました』横浜流星主演「いなくなれ、群青」新映像解禁!

  • 2019.7.26
  • 342 views
映画「いなくなれ、群青」で真面目なクラス委員長・水谷を演じる松本妃代
(C)河野裕/新潮社 (C)2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会

横浜流星主演映画「いなくなれ、群青」が9月6日(金)に公開。今回、横浜演じる七草、飯豊まりえ演じる真辺由宇のクラスメートで、真面目なクラス委員長・水谷役の松本妃代にフィーチャーした新映像が解禁となった。

【写真を見る】制服姿の注目美少女

一際存在感を示す松本妃代

河野裕による青春ファンタジー小説を、柳明菜監督が実写映画化した本作。謎だらけの階段島を舞台に、そこで暮らす主人公・七草(横浜)と、七草の幼なじみ・真辺由宇(飯豊)の交流を描く。

本作で水谷を演じる松本は、2014年に「劇場版 零~ゼロ~」でスクリーンデビュー。

2019年は本作の他、8月16日(金)公開の矢口史靖監督作品「ダンスウィズミー」、そして1月に公開された二宮健監督作「チワワちゃん」の3本の映画に出演。

清楚さとともに醸し出される、気品あふれる風貌と確かな演技が評判を得て、ネクストブレークが期待されており、本作でも一際存在感を示している。

松本と水谷の共通点…

松本は「水谷は、高校生のころの私みたいだなと思いながら原作を読んでいました。なので、役を作るというよりは、過去にしまった引き出しを開けるような感覚でした。自分が作ったルールに縛られたり、いい人でありたいあまりに大事なことを言えなかったり」と、水谷と自身の共通点を明かす。

そして、「でも、水谷のような人って、少なくないような気がします。そんな水谷にとって佐々岡(松岡広大)は、常識をどんどん壊していくような存在。このコンビには、演じていても毎日刺激をもらえました」と振り返った。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む