1. トップ
  2. 恋愛
  3. 映画『最初の晩餐』⽗の遺⾔“⽬⽟焼き”から浮き彫りになる家族の時間、染谷将太×⼾⽥恵梨⾹×窪塚洋介

映画『最初の晩餐』⽗の遺⾔“⽬⽟焼き”から浮き彫りになる家族の時間、染谷将太×⼾⽥恵梨⾹×窪塚洋介

  • 2019.7.26
  • 4325 views

映画『最初の晩餐』⽗の遺⾔“⽬⽟焼き”から浮き彫りになる家族の時間、染谷将太×⼾⽥恵梨⾹×窪塚洋介

映画『最初の晩餐』が、2019年11月1日(金)に全国で公開される。

undefined
www.fashion-press.net

目玉焼きの通夜ぶるまいから描き出す“家族の時間”

『最初の晩餐』では、⽗の遺⾔により、“⽬⽟焼き”から始まる“通夜ぶるまい” を通じて、<家族になる瞬間>を過去と現在を織り交ぜながら、丁寧に描いていく。物語を通じて、唯一無二で新しい「おみおくり」の形を見せる。

亡くなった⽗の通夜の夜、⺟が仕出し屋を突然キャンセル。運ばれてきた“通夜ぶるまい”は、なんと⽬⽟焼きだった。みんなが⼾惑う中、次々と出される料理から、主人公・麟太郎はあることに気づく。特別な“通夜ぶるまい”を通じてなくなった⽗との思い出や、家族も知らなかった秘密が浮き彫りになっていく。

実力派俳優が夢の競演

染谷将太、戸田恵梨香、窪塚洋介が兄弟に

主人公・麟太郎役は、『ヒミズ』を始め、『パラレルワールド・ラブストーリー』『聖☆おにいさん』シリーズなど、幅広い作品で多彩な顔を⾒せる実⼒派俳優の染谷将太。

またその姉・美也⼦役には、『劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-』に出演し、2019年後期NHK連続テレビ⼩説「スカーレット」ではヒロインを務める⼾⽥恵梨⾹。兄・シュン役は、映画『沈黙-サイレンス-』の窪塚洋介が務める。

父は永瀬正敏、母は斉藤由貴

さらに、⺟・アキコ役は⻫藤由貴、⽗・東⽇登志役は永瀬正敏が演じ、実力派俳優達の夢の競演が繰り広げられる。

また、⼾⽥恵梨⾹演じる美也⼦の少⼥時代を、新海誠の最新アニメ映画『天気の⼦』のヒロインに抜擢された森七菜が、窪塚洋介演じるシュンの⻘年時代を、⽩⽯晃⼠の監督作品『地獄少⼥』でメインキャストの⼀⽬蓮役を務める楽駆が演じる。

監督は、「サザンオールスターズ」のドキュメンタリー映画をはじめ、CMやミュージックビデオ、短編映画など、国際的に評価を受けている常盤司郎が務める。構想に7年をかけ、渾⾝のオリジナル脚本によって制作された『最初の晩餐』は、満を持しての⻑編映画デビュー作となる。

ストーリー

忘れられない味で僕らはもう⼀度、家族になった。 カメラマン東麟太郎(染谷将太)は父・日登志(永瀬正敏)の葬儀のために故郷へ帰ってきた。姉の美也⼦(戸田恵梨香)と準備をする中、 母・アキコ(斉藤由貴)が、通夜ぶるまいは⾃分で作ると言い出した。やがて運ばれてきたのは、⽬⽟焼き。親戚たちがざわつく中、麟太郎は気がつく。「これ、親⽗が初めて作ってくれた、料理です」なつかしい⼿料理を⾷べるたび、思い出が麟太郎たちの脳裏によみがえってくる。20年前に⽗と⺟が再婚した⽇、連れ⼦の兄シュン(窪塚洋介)と5⼈で暮らした⽇々のこと……。⽌まっていた家族の時が今、ゆっくりと動き出す。

【詳細】
映画『最初の晩餐』
公開日:2019年11月1日(金)
出演:染谷将太、⼾⽥恵梨⾹、窪塚洋介、⻫藤由貴、永瀬正敏、森七菜、楽駆、牧純⽮、外川燎、池⽥成志、菅原⼤吉、カトウシンスケ、⽞理、⼭本浩司、⼩野塚勇⼈、奥野瑛太、諏訪太朗
監督:常盤司郎
脚本:常盤司郎
編集:常盤司郎
配給:KADOKAWA

■ムビチケ
価格:1,400円(税込)
前売り特典︓オリジナル・ポストカードセット
※特典はなくなり次第、終了(⼀部劇場を除く)。

元記事で読む