1. トップ
  2. メイク
  3. デートでドン引きはイヤ!汗だくのメイク崩れを防ぐ方法

デートでドン引きはイヤ!汗だくのメイク崩れを防ぐ方法

  • 2019.7.25
  • 19329 views

「気合を入れたメイクが汗で崩れてドン引き……」なんて男性の声からもわかるように、暑い夏はメイクの仕上がりよりもメイク崩れに重点を置くのが正解!

今回は、汗によるメイク崩れを防ぐ方法を伝授します。夏のメイク工程のひと手間でメイク崩れを防ぎましょう!

デートメイク

収れん化粧水を取り入れる

「朝も汗ばんでいることが多い夏は、顔に扇風機をあてることからスタート。スキンケアの最後には収れん化粧水で毛穴をしっかりと引き締めます。収れん化粧水を取り入れ始めてから、メイク崩れが少なくなった気が!夏は毎日愛用しています」(23歳/営業事務)

毛穴が開いたままにしていると、そこから皮脂が出てメイク崩れの原因になるそう。

毛穴の開きが気になるなら、夏のメイク前は収れん化粧水を取り入れてみて。

洗顔→保湿化粧水→美容液→乳液という、一連の流れの最後に収れん化粧水を使うのが、メイク崩れ防止に効果的。

ひんやりするまで優しくパッティングして肌を引き締めてください。

スキンケアの浸透時間を長めに設定

「スキンケアがしっかり浸透する前にメイクすると、メイク崩れの原因になる。そう美容部員さんに教えてもらったため、化粧水と乳液→浸透させつつ朝ごはん→メイクという流れに変更!以前よりもメイク崩れが気にならなくなったように思います」(26歳/メーカー勤務)

肌とスキンケアがなじんでからメイクすることで、メイクのノリがグッと高まり化粧崩れを防ぐことができます。

スキンケアのあとすぐにメイクではなく、浸透時間をきちんと確保してあげましょう。

下地もファンデも厚塗りNG!

夏のメイク

「厚塗りするとメイク崩れが壮絶!夏は下地もファンデも厚塗りしないよう心掛けています。メイク下地をUV効果のあるものにして日焼け止めは使いません。下地のあとすぐにファンデを重ねず、ハンドプレスしながら少し時間を置くのもポイント。

メイク崩れ対策には、時間をかけたナチュラルメイクが1番です。仕上げには化粧崩れ防止スプレーで完璧!」(22歳/受付)

厚塗りすると崩れが目立つ原因に。メイク崩れを防ぐためにも、徹底的に厚塗りを避けるのが正解!

特に薄塗りを心掛けたいのが、ヨレやすい口回りや目の周りといった動くところ。

最後に汗や皮脂を抑える化粧崩れ防止スプレーをすれば、メイクのモチが格段にアップします。

100年の恋も冷める夏のメイク崩れ

メイクが崩れた顔はすっぴんよりも残念。夏の恋が冷める原因になるかもしれません。

メイク崩れを防ぐためには、朝のスキンケアから勝負は始まっています。

朝のひと手間でメイク崩れを予防し、いつでもキレイな顔をキープしておきましょう。

(愛カツ編集部)

オリジナルサイトで読む