1. トップ
  2. 恋愛
  3. 入念にチェック! 夏のランチデートで気をつけたいポイント5つ

入念にチェック! 夏のランチデートで気をつけたいポイント5つ

  • 2019.7.25
  • 39721 views

季節は夏! 夏デートは日差しが強くて日焼けをするし汗をかくしで、女子は大変ですよね。そんな夏のランチデート、長年付き合った彼とのデートなら普段通りの自分でいいかもしれませんが、いい感じだけど恋人未満の男子との初デートならいろいろ気をつけたいポイントが! そこで今回は、夏のランチデートで印象を下げないために気をつけたいポイントを紹介。

メイク崩れ

好きな子とデートをしたけど、なんかメイク崩れがすごい……となれば、男子も「あれ? なんか違ったな」と、あなたへ対する印象が下がってしまう可能性も。
やっぱり夏デートはメイクが崩れやすいです。崩れ防止のためにもしっかりメイク崩れ防止の下地を塗ったり、丁寧なメイクをしてデートに行きましょう。デート中もお手洗いの際にササっとメイク直しをして、崩れないように。特に初デートなら第一印象が大事なので、顔は要注意です。

足のケア

夏ならサンダルを履く機会も多いでしょう。サンダルから出ている爪やかかとは大丈夫ですか? さすがにガン見はされないでしょうが、チラッと見られていることはあります。爪が汚い、かかとがガサガサでは彼も萎えちゃうかもしれません。メイクや手の爪はバッチリでも、足が残念では印象もイマイチ。デートに行く前に、ちゃんと足もチェックしましょう。

下着透け

暑いとやっぱり薄着になりますよね。服によっては素材が薄くて下着が透けてしまうものもあります。正直、下着が透けているのは下品です。薄手の服を着るときはキャミソールを着たり、透けない対策を。また、トップスの色次第では脇汗が目立つこともありますよね。夏デートならグレーや水色など、汗ジミが目立つような色のトップスは避けたほうがいいかもしれません。

日焼け対策

日焼け止めを塗ったり髪に日焼け止めスプレーをふったりと、日焼け対策をするのは大事なのですが、長袖にロングスカートなど肌を一切出さないファッションだったり、日傘をさしたりはちょっとデートではやりすぎかもしれません。
ランチだけなら行き帰りは基本一人なので日傘もOKですが、その後に映画を観たり街をフラフラするなど、一緒に歩く時間が長い場合は日傘をさすのは微妙かも。日傘を邪魔と思う男子もいるし、日傘があるだけで歩くときに彼と距離ができたりしますからね。

多量の香水はNG

汗っかきな女子からしたら汗のニオイが気になりますよね。かといって、香り付きの制汗剤を大量にふったり、香水を多めに付けてニオイを消そうとするのは危険。ほのかな香りならいいですが、ランチのときに制汗剤や香水の強いニオイは食事の邪魔です。マナー的にもよろしくないので、強めのニオイで隠すのではなく汗拭きシートで拭いたりしましょう。

元記事を読む