1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「夫、いらない!」収入なし、家事しない、姑付きの夫に爆発寸前【ココロで読み解く「ママのお悩み相談室」 第2回】

「夫、いらない!」収入なし、家事しない、姑付きの夫に爆発寸前【ココロで読み解く「ママのお悩み相談室」 第2回】

  • 2019.7.24
  • 76437 views



こんにちは、心理カウンセラーの佐藤栄子です。

これまで、子育てや夫婦関係、ママ友トラブルや自分のココロの在り方についてなど、さまざまなテーマを心理カウンセラーの立場で取り上げてまいりました。

そういった記事に寄せられた「もっと深掘りした内容が知りたい」「個々のケースで対応は変わるの?」といった皆様のお悩みにお答えする連載「ココロで読み解く『ママのお悩み相談室』」。

今回は、「夫、いらないかも…? 妻が見切りをつけたくなるとき」という記事に寄せられた「夫や義母に対して爆発寸前」というお悩みです。


■お悩み:収入もない、家事もしない夫「もう爆発しそう」



結婚する際に、夫が起業しました。以来、12年間、夫からの生活費は年間50万円程度です。私の収入で生活ができるのですが、家事も手伝い程度しかしないのに、夫が私の行動を制限します。

自分はゲーム仲間と遊びに行くのに、私が仕事で出かけると不満を言います。姑は、私を「わがままな嫁だ」と言います。

私は「誰のおかげで生活できているんだ!」と爆発しそうです。誰に相談したらいいでしょうか?

■回答:夫婦それぞれ「見ている方向」が違っている?



旦那様が起業してから12年。それ以来、生活費が月4万円少々しか渡されていないとのことですが、旦那様は起業があまりうまくいっていないのでしょうか。それとも奥様の収入に甘え、自分自身のためだけにお金を使ってしまっているのでしょうか。

いずれにしても「夫婦」という運命共同体のグループにおいて、お互いが見ている方向が違うように感じます。

また、旦那様は家にお金を入れないうえに、家事にもさほど協力的ではないようですね。

家事を手伝わない男性というのは、結婚前からその予兆があります。次のようなタイプは、「女性は家のことをしたり、自分の世話を焼くのが当たり前」と思っている傾向が強いように感じます。

・女性に何かしてもらっても感謝の言葉をかけない。

・合理的で効率重視の考え方をする頭の良いタイプ。

・母親が世話好きで、何かと手を出してしまう。

・父親が亭主関白で、男尊女卑的な態度を見て育っている。

旦那様も結婚前からそういう面があったのでしょうか。だとするとますます同じ方向を向いて生活するのは難しいかもしれませんね。





■妻に依存する夫 「あなたに見捨てられるのが怖い?」



旦那様は、自分は遊びに出かけるのに、あなたが仕事に出かけると不満を言うとのこと。

もしかすると夫は、仕事を通じてあなたがいろいろな人と会うことにより、「妻が自分(夫)のいたらなさや情けなさに気づいてしまい、ついには自分を見捨てるのではないか」と危惧しているのかもしれません。

夫本人は気づいていないでしょうけれど、12年間も生活費を年間50万しか渡さず、かといって家事もせず今まで過ごしてきたということは、経済的にはもとより精神的にもあなたに依存している状態であるように思われます。

そのような夫をかばうような発言をする姑も、間接的にあなたを頼っているのでしょう。あなたのことをわがままだと責めているようですが、言葉の裏には「あなたがいなくなっては困る」という気持ちが隠れているような印象を受けます。

■怒りを出し切ったあと「今、自分はどうしたいか?」



あなたのご相談は「誰に相談したらいいか」ということですが、まずは「今」あなたは現状に対してどうしたいと考えていらっしゃいますか?

ご相談の内容を字面だけで追えば、真っ先に旦那様に相談(というより抗議)するべきでしょうけれど、おそらく何らかの理由でそれができないから悩んでいらっしゃるのかなと感じるのです。

たとえば「今」あなたの怒りを爆発させたいなら、ひとまず信頼できる友人やカウンセラーなどに相談して話を聞いてもらい、思いきり怒って愚痴って気持ちをぶちまけましょう。

「人に話すのはちょっと…」と思われるのであれば、1人でノートなどに気持ちを殴り書きして怒ってもいいと思います。

そうして現在、抑えつけている怒りを解放して怒りきると、自分が本当はどうしたいのかが見えてきます。

旦那様にもっと生活費を入れてほしいのか、自由に行動させてほしいのか、もしくはもう生活の面倒を見切れないので別居ないし離婚したいのか。それによって相談する相手も変わってくることになります。


あなたの思いによっては、親や弁護士などの第三者に相談することになるかもしれません。でも、夫婦の問題そのものは他人が仲介するのは難しいものです。あなたがどんな思いにいたったとしても、いつかは直接、旦那様に思いを伝える勇気を持っていただきたいと思います。

いかがでしたか。これからも皆さんのお悩みに答えていきたいと思います。お気軽に、下の読者アンケートにお寄せください。お待ちしております。


(佐藤栄子)

元記事を読む