1. トップ
  2. シム・ウンギョン、松坂桃李 映画「新聞記者」10回リピーターに驚き「我々よりもセリフを覚えている」

シム・ウンギョン、松坂桃李 映画「新聞記者」10回リピーターに驚き「我々よりもセリフを覚えている」

  • 2019.7.24
  • 1225 views
映画「新聞記者」の大ヒット御礼舞台挨拶にシム・ウンギョンと松坂桃李が登壇
撮影=田中隆信

7月23日、東京・新宿ピカデリーで映画「新聞記者」の大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、シム・ウンギョンと松坂桃李が登壇した。官邸とメディアの裏側を描く社会派作品で、6月28日に公開され、3週間で33万人を動員し、興行収入4億円を突破。

【写真を見る】花束を贈呈され感慨深そうな表情の松坂桃李ほか映画「新聞記者」の大ヒット御礼舞台挨拶ショット集

「連日ほぼ満席が続いており、問い合わせが殺到。若い世代の方も足を運んでいる」という新宿ピカデリーの支配人をはじめ「エンドロールの最後までお客さんが席を立たず、拍手が沸き起こることも珍しくない」「公開初週、突然拍手が起きました」「日に日にお客様の熱が波及していく様子を現場で直で体感しています」という全国の劇場支配人からのレポートを司会者が報告すると、松坂は「こうやって劇場の声を聞けるのは貴重でうれしいですね。なかなかそういう声を聞ける機会はないので、支配人の方々、ありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。

シムも「まだ実感が。信じられなくて…」と反響の大きさに戸惑いながらも大阪の劇場からのレポートもあったということで「“おおきに”ですね(笑)」と大阪弁で答え、会場を和ませた。

この日の観客はリピーターも多く、中には10回以上観ているという人も。これには「我々よりもセリフを覚えているんじゃないですか」と松坂も驚いた様子。イベントでは、観客がふたりに感想を直接伝えたり、観客からの花束贈呈も行われた。「本当に計り知れません。感動しました!」(シム)、「この作品で花束をもらったのは2回目です。1回目はクランクアップした時、そして今ということで、現場のことが一瞬フラッシュバックしました」(松坂)と笑顔を見せた。

最後は、シムが「みなさんにとって、いい時間になりましたか? 私にとって、今日、みなさんに会えて、この映画に対する熱量が感じられ、感無量です。これからもどんな選択の分かれ道でも迷わない力がみなさんに届きますように願っています」と感謝を。

松坂が「公開して約1ヶ月。こうしてみなさんと会えるということはなかなかないことだと思います。みなさんの言葉が違う人を呼んで、その方が言葉を発してまた違う人を呼んで。それが数珠繋ぎになってこの映画を育ててくれたんだと強く感じております。賛否があって、みなさんが語れる作品だからこそ、強い熱量になるのかなと。まだまだ上映が続くと思いますので、この作品を最後までよろしくお願いします」とコメントし、舞台挨拶を締めくくった。

映画「新聞記者」は新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国公開中。(ザテレビジョン)

元記事を読む