1. トップ
  2. おでかけ
  3. 「カルピス」みらいのミュージアム、カルピスの歴史&製造工程を学べる見学施設が群馬にオープン

「カルピス」みらいのミュージアム、カルピスの歴史&製造工程を学べる見学施設が群馬にオープン

  • 2019.7.24
  • 1657 views

「カルピス」みらいのミュージアム、カルピスの歴史&製造工程を学べる見学施設が群馬にオープン

「カルピス」みらいのミュージアムが、2019年10月1日(火)より一般公開をスタート。「カルピス」製造工場初の見学施設が、群馬工場内にオープンする。入場は無料。

undefined
www.fashion-press.net

「カルピス」の歴史&製造工程を学べる

「カルピス」みらいのミュージアムは、100周年を迎えるカルピスの歴史や製造工程を学べる施設。モンゴルでみつけた発酵乳をヒントにして作られた飲み物「カルピス」の誕生から今日までの長き歴史を体験型コンテンツを通して触れることができる。

ミュージアムの顔となるエントランスには、「カルピス」の巨大オブジェを設置。ブルー×ホワイトのアイコニックなカラーで彩られたベンチやカウンター席も設けられ、開放的な空間が広がっている。

ミュージアムグッズも発売

また、エントランス横には、ショップコーナーも用意。ミュージアムならではのオリジナルデザインのカルピスグッズを発売する。

入口を抜けると、はじめに「カルピス」の生みの親・三島海雲の原体験を振り返るシアタールーム“はじまりのへや”が待っている。「カルピス」の起源・発酵乳を見つけた、モンゴルでのエピソードをアニメーション映画を通して振り返る。

オープンスペースには、カルピスの歴代広告やパッケージを展示した「カルピス」100年ギャラリーを設置。立体展示パネルやプロジェクション映像によって、カルピスの製造工程を説明するコーナーなども用意される。

“発酵のへや”と名が付いたスクリーンゾーンでは、「カルピス」独特の香りを体験可能。1次・2次発酵の様子を映し出した円形スクリーンを鑑賞すると、タンクの中に入ったかのような気分を味わることができる。

カルピスの試飲もOK

また、「カルピス」ラボでは試飲が可能。工場で生産した「カルピス」の水割りや炭酸割りを提供する。

【詳細】

アサヒ飲料群馬工場見学 「カルピス」みらいのミュージアム
住所:群馬県館林市大新田町166
休業日:年末年始、指定休日※必ずHPまたは電話で問い合わせ
一般公開日:2019年10月1日(火)
入場料:無料
一般予約開始日:2019年7月24日(水)※電話予約は8/1~
※見学は予約制。
※必ず事前に電話、インターネットで申込み必要。
※見学時間1日3回、10:00~11:30、13:00~14:30、15:00~16:30
※所要時間約90分(映像観賞・工場見学・試飲など)
※各回定員:25名

URL:https://www.asahiinryo.co.jp/factory/gunma/

【問い合わせ先】
TEL:0276-74-8593
受付時間:9:00~17:00
(年末年始・指定休日を除く)

元記事で読む