1. トップ
  2. グルメ
  3. おまかせで、“少しずつ”をたくさん! お一人様専用の小皿料理とワインで夜ごはん/神戸「豆皿小皿」

おまかせで、“少しずつ”をたくさん! お一人様専用の小皿料理とワインで夜ごはん/神戸「豆皿小皿」

  • 2019.7.24
  • 5765 views

神戸・トアイーストにご夫婦で切り盛りする「食卓とワイン 豆皿小皿」が今年2月にオープン。「日常にワインを」と、食卓に並ぶようなホッとするお惣菜を豆皿小皿で提供しています。深夜2時まで、ちょい飲みから食事まで大活躍する一軒です。

おまかせで、“少しずつ”をたくさん! お一人様専用の小皿料理とワインで夜ごはん/神戸「豆皿小皿」
おまかせで、“少しずつ”をたくさん! お一人様専用の小皿料理とワインで夜ごはん/神戸「豆皿小皿」
トアイーストの路地裏にある隠れ家
おまかせで、“少しずつ”をたくさん! お一人様専用の小皿料理とワインで夜ごはん/神戸「豆皿小皿」
カウンターメインなのでお一人様も多いそう

お店のあるヤナセビルは、賑やかなトアロードに面していますが、「食卓とワイン 豆皿小皿」の入口だけ、一筋東の裏路地にひっそりとあります。

お店のドアを開いて中に入り、むき出しのコンクリートの階段を上がって2階へ行くと、カウンター席越しに橋本竜児さんと理世さんご夫婦が笑顔で迎えてくれます。

料理担当の竜児さんは、イタリアンやフレンチ、日本料理などで修業し、元町の人気酒場「酒商 熊澤」で約6年間働いて独立。「仕事帰りにワインを飲みながらつまめるお店を」と、この店をオープンしました。

お一人様用のお得な豆皿小皿セット
おまかせで、“少しずつ”をたくさん! お一人様専用の小皿料理とワインで夜ごはん/神戸「豆皿小皿」
「お一人様の豆皿小皿のおまかせちょっとずつ」(5皿1280円)の一例、「グラスワイン」(550円~)

看板の「本日の豆皿小皿」は約12種類。内容は日替わりで、すべて450円だから、ちょっとずついろんな料理を味わえます。お得なおまかせセット(3皿1280円・5皿2380円)には、お一人様限定(3皿680円・5皿1280円)もあります。

ドリンクは店名通りワインがおすすめ。お酒好きのご夫婦がおいしいと思ったワインを、国内外を問わずに揃えています。グラスは赤白各4~5種類(550円~)から選べるので、料理に合わせてマリアージュも堪能できますよ。

おまかせで、“少しずつ”をたくさん! お一人様専用の小皿料理とワインで夜ごはん/神戸「豆皿小皿」
「自家製ロースハム」

ジャンルを問わず、お酒に合う料理が味わえます。野菜をたっぷり使い、味付けもやさしいので、遅めの食事でも胃に重たく感じません。

真空低温調理をした「自家製ロースハム」は、ジューシーでふくよか。トロッとした脂の甘みも秀逸で、人気メニューのひとつです。

おまかせで、“少しずつ”をたくさん! お一人様専用の小皿料理とワインで夜ごはん/神戸「豆皿小皿」
「切り干し大根アラビアータ」「明石蛸スモークのアリオリ」

家で日常食べるごはんの延長をコンセプトに、珍しい食材や工夫を凝らした味付けをプラス。ナンプラーなどを使ってピリ辛に仕上げたポリポリの「切り干し大根アラビアータ」や、スモークされた旨味たっぷりの「明石蛸スモークのアリオリ」など、予想外の美味しさに目を見張るはず。

おまかせで、“少しずつ”をたくさん! お一人様専用の小皿料理とワインで夜ごはん/神戸「豆皿小皿」
「ムング豆とトレビスのマリネ」「天女魚(あまご)南蛮漬け」

「どうやって作ったの?」「これに合うワインは?」と、カウンター越しの会話も弾みそうですね。

出汁とアオサの香り高さが光る、ふんわりオムレツ
おまかせで、“少しずつ”をたくさん! お一人様専用の小皿料理とワインで夜ごはん/神戸「豆皿小皿」
「あおさとからすみのオムレツ」(650円)

しっかり食べたい時には、アラカルトやメイン、パスタメニューのチェックもお見逃しなく。

アラカルトで人気の「あおさとからすみのオムレツ」は、ふわ~んと立ちのぼる和風出汁とアオサの香りがたまりません。大きめサイズながら、ふわふわで食べやすく、からすみをつけるとさらに食が進みます。一人でペロリと食べる女性も多いのも納得の逸品です。

ご夫婦で集めた豆皿小皿がいっぱい
おまかせで、“少しずつ”をたくさん! お一人様専用の小皿料理とワインで夜ごはん/神戸「豆皿小皿」
カウンターに並ぶ小皿豆皿にも注目

カウンターの上には、多種多様な豆皿小皿がズラリと並んでいます。橋本さんご夫婦が骨董市をはじめ、いろいろな場所で気に入ったものを少しずつ集めたもので、器好きもワクワクさせられるお店。

お店は深夜2時まで営業しているので、遅くなった夜も安心して、ワインや夕食を満喫できるのもうれしい限りです。

オリジナルサイトで読む