1. トップ
  2. 独占密着!「最恐映像ノンストップ7」で体験した、“ガチ”過ぎる恐怖の数々…

独占密着!「最恐映像ノンストップ7」で体験した、“ガチ”過ぎる恐怖の数々…

  • 2019.7.24
  • 1070 views
恐怖映像の連続に中山秀征らがビビりまくる
KADOKAWA

テレビ東京の夏の風物詩となったホラー番組「最恐映像ノンストップ7」が、7月24日(水)に放送される(夜6:55-10:00、テレビ東京系ほか)。

【写真を見る】「必ず撮れる」という有名な某トンネルに恐る恐る足を踏み入れると…

畳み掛けるように流される恐怖映像や写真、体験者自らが語る恐怖のエピソードに震えながら、いわくつきのスポットを巡るシリーズ第7弾。中山秀征がメインMCを務め、ゲストに西村知美、高田延彦、はいだしょうこ、藤田ニコル、ジャングルポケット・斉藤慎二が出演する。

同番組の撮影に「ザテレビジョン」が独占潜入。思わず背筋が凍りついた裏側をリポートする。

「毎年収録中なにかしら起こるんだよね」。密着前、そんなことを石井成臣プロデューサーから聞いて笑っていたが、まさかあんなことが…。

機材トラブル続出の真相は果たして

『最恐映像ノンストップ 行き』のバスに乗り一行は山奥の古民家へ。そこで恐怖映像を見るという。すると出演者らを乗せた車が到着するや否や、セッティングを終えていた機材にトラブルが発生し、15分ほど車中で待機することに。“何か”を感じ取った中山が「もう始まってる」と呟き、車中に緊張感が漂った。

機材が無事に復旧し、収録場所に入った高田は「皆さん、見えていい人ですよね?」と暗がりに立つスタッフの人数を確認し、現場の空気を和ませていた。

番組では、過去に「幽霊のウワサ」と新聞で取り上げられるほど騒ぎとなった事件や、供養に訪れた妻に取りついた水子の霊の真相などを取り上げる。このラインアップに藤田は、「こんなに“ガチ”なの他のテレビで見たことない」と驚くほど。

また、出演者の恐怖感をあおるため、モニターの映像が急に流れ出す演出があり、中山は「チビっちゃった」と苦笑い。

そうして何事もなく収録が進んでいたかのように見えたが、突如中山のマイクに不具合が生じた。記者は「これも恐怖感をあおるためだろう」と思っていたが、慌てて撮影を止めるスタッフや、収録後に「そんなに長く収録していないから、電池じゃないよね?他の機材もおかしかったんでしょ?」と中山と技術スタッフが話す様子を見て、「“ガチ”だ」とビクビク。

しかしこの後も、さらなる恐怖体験が一行を襲うのだった。

最恐トンネルで西村知美が…

中山らは、再び『最恐映像ノンストップ 行き』のバスに乗り、“必ず撮れる”と言われている都内の最恐トンネルを2カ所訪れた。ロケ日は雨でじめじめして生暖かい風が吹いていたが、トンネルに入るとひんやりとしていた。足を踏み入れた途端、「なんか気持ち悪い」「体がふわふわする」と怖じ気づく一行だったが、平然としている西村は「霊的なものを感じた」と話し、自身の携帯でトンネル内を撮っていた。

さらに別のトンネルへ移動。周囲は木々が生い茂り、静かな空気の中に沢の音がごうごうと響き渡っていた。気味の悪さを感じ、「1カ所目よりすごい」「近づいただけで鳥肌が立つ」と震えあがる一行。そんな中、ここでも西村が携帯でトンネル内をあちこち撮影。

トンネル内で撮影したポラロイドカメラの枚数が合わなくなる事件が起き、ざわついていたが、それを上回る出来事が。

なんと西村の撮った写真に、ある出演者の付近に写るはずのない“ヤバい”ものが写っており、一同大絶叫でパニックに。中山や藤田たちが、その出演者に話しかけるも、あまりのショックに撃沈している様子。他にも西村によって最恐写真がいくつか撮影され、記者の後ろにも…!?中山は「これは“ガチ”すぎる。大問題の写真が何枚もある」とぽつり。

休憩中、西村に携帯を見せてもらったところ、2018年にも同番組内で撮った心霊写真が多数保存されていた。これは西村に霊を呼び寄せるような力があるのだろうか。ヤバすぎてお蔵入りになるかもしれないほどの“ガチ”最恐写真は、番組を要チェックだ。(ザテレビジョン)

元記事を読む