1. トップ
  2. 東京2020大会まであと1年!山崎賢人が“東京オリンピック”の物語をたどる新CMシリーズが放映開始

東京2020大会まであと1年!山崎賢人が“東京オリンピック”の物語をたどる新CMシリーズが放映開始

  • 2019.7.24
  • 402 views
山崎賢人が東京の“物語”に思いを馳せる新CMシリーズが放映開始!
KADOKAWA

【写真を見る】山崎賢人&サッカー・堂安律選手が見上げる先にはオリンピックスタジアム!

俳優の山崎賢人(※「崎」は正しくは「立さき」)が出演する東京メトロの新CMシリーズが7月24日から放映中だ。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会とその先の東京をテーマに据えた同社の企業広告シリーズで、山崎は東京の“過去・現在・未来”に思いを巡らせる。

山崎賢人が“物語”を持つ人々と対話

【写真を見る】山崎賢人が東京に刻まれた“物語”をひもといていく
KADOKAWA

前回東京でオリンピックが開かれた1964年、東京でどんな物語が生まれたのか。そして2020年は、どんな物語が生まれるのか――。同CMシリーズでは、山崎が1964年の東京オリンピック、そして東京2020オリンピック・パラリンピックに関連する人々と話をしながら東京の“物語”を見つけていく姿が綴られる。対話の場は、ほかに誰も乗っていない東京メトロの車内。

今回制作されたCMは4本。「#00」は、山崎が東京メトロに揺られながら1964年当時の東京に思いを馳せ、2020年の東京の姿を想像する。物語との出会いへの希望にあふれた“プロローグ”だ。

続く「#01」からは、さまざまな“物語”を持つ人々との対話が始まる。「#01」では元日比谷線運転士として東京1964大会を見つめた佐藤吉宏さん、「#02」では東京1964大会で金メダルを獲得したバレーボール元日本代表「東洋の魔女」メンバー・谷田絹子さん。

「#03」ではプロサッカー選手・堂安律さんが登場し、2020年への意気込みを語る。東京でその活躍を目撃する日がもうすぐ訪れようとしていることに胸を高鳴らせる山崎。そして、2人はオリンピックスタジアム(新国立競技場)を見上げる。

主演映画「キングダム」大ヒット!

【写真を見る】山崎賢人&サッカー・堂安律選手が見上げる先にはオリンピックスタジアム!
KADOKAWA

今CMシリーズで東京2020大会へと人々をいざなうナビゲーターを務める山崎は、主演映画「キングダム」(2019年)が興行収入56億円の大ヒットを記録したことも記憶に新しい。

今後も8月23日公開のアニメーション映画「二ノ国」で主人公の声優を務めるほか、福田雄一監督が手がける映画「ヲタクに恋は難しい」(2019年公開)、又吉直樹原作の映画「劇場」(2020年)で主演を務めることも決まっている。発売中の写真集「KENTO YAMAZAKI」もヒットするなど、今最も日本を熱狂させる俳優の一人だ。

そんな山崎が案内役を務め、「“物語”にあふれる東京を支え続けたい」という東京メトロの志が込められた同CMシリーズ。東京2020大会の開会までちょうど1年となる7月24日からTVCM、メトロ駅構内・車内ディスプレー、Youtubeで順次公開していく。(ザテレビジョン)

元記事を読む