1. トップ
  2. ファッション
  3. この夏おすすめのワードローブでつくった6つのシルエット

この夏おすすめのワードローブでつくった6つのシルエット

  • 2019.7.23
  • 1400 views
undefined

「好き」や「欲しい」というつながりで集めたワードローブ。その裏側には「自分をキレイに見せてくれる」形のよさというプラスの効果が含まれている。そんな好都合なアイテムだからこそ、いつものシルエットの中で自由に組み合わせてもおのずとバランスのとれた着こなしが実現。

LONG & LONG
「長いものをさらに長く」
体の凸凹を都合よく隠し、フラットに見せてくれる安心感のある大人なロング丈。ボトムで丈増ししてさらに長さを出すことで、ゆるいものでもすっきりと落ち着きのある印象に。

LIKE ONE-PIECE
「シルエットをつなげて1枚のようにアレンジ」
もはや定番となった、ゆったりと包み込むような長めのカットソー。メリハリはあえてつけずに、地面ギリギリのマキシ丈スカートを重ねれば、気楽さはそのままに、すらりとした縦長フォルムが完成。


ベージュニットタイトスカート 13,000円+税/カレンソロジー(カレンソロジー 新宿) 黒サイドスリットチュニックトップス 8,500円+税/ジャーナル スタンダード(ジャーナル スタンダード 表参道) ショルダーストラップつきベージュレザーバッグ 33,000円+税/nana-nana(ミッド タウン プロジェクト) ダークブラウンビーチサンダル 6,300円+税/AKTE ベージュフレームサングラス 25,000円+税/BLANC シルバーボリュームリング 28,000円+税/エナソルーナ(エナソルーナ 神宮前本店) ゴールドリング 5,500円+税/TODAYFUL(LIFEs 代官山店) オフ白フリンジストール(リビングライン) 78,000円+税/デミリー(サザビーリーグ)

RELAX & LEAN
「締めつけない Iライン」
シャープには見せたいけれど、あからさまなのは気分じゃない。そんなときは無理なくIラインがつくれる服自体のデザインをとことん利用。

DEEP TONE
「1枚完結のジャンプスーツが主役」
1枚で簡単にIラインがつくれるジャンプスーツをメインづかい。渋いカーキの色みにテンションを寄せたブラウン小物の上下で挟めば、統一感が出てより細く長い印象に。デコルテからのぞかせた小さな白で間のび感をセーブ。


カーキツイルジャンプスーツ 48,000円+税/THIRD MAGAZINE 白クルーネックTシャツ 5,800円+税/THE SHINZONE(シンゾーン ルミネ新宿店) ブラウン中折れウールハット 54,000円+税/JAMES LOCK(CA4LA ショールーム) レオパード柄ハラコショートブーツ 142,000円+税/シャーロット オリンピア(ロンハーマン)

MORE LEAN
「端正なロングジレを軸にする」
はおるだけで縦長感を強調できるハンサムなノースリーブのロングジレ。目線アップに効果的なロゴや、脚伸びするハイウエストパンツでとことん縦のラインを意識。セットアップ感覚で上下を黒でつなげば、さらにシャープ。


黒スエードヘップサンダル 28,000円+税/BED&BREAKFAST(GREED International Tokyo Store) 黒フェイクレザー巾着バッグ 5,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) 黒ロングジレ 80,000円+税/robelite & CO.(アイクエスト ショールーム) ゴールドプレートピアス 14,500円+税/TODAYFUL(LIFEs 代官山店) ゴールドリング 5,500円+税/TODAYFUL(LIFEs 代官山店) 黒センタープレスパンツ(8月展開予定) 24,000円+税/ENFOLD イエローロゴTシャツ 5,100円+税/キッド デンジャラス(エディット フォー ルル)

LOOSE & LOOSE
「品よくラクをしたい」
気楽なムードをかもし出すゆるやかな組み合わせ。ワードローブ内の落ち着く色がベースのものなら、脱力感のあるスタイルでもそれとなくシックに着こなせる。

NUANCE COLOR
「白っぽいトーンで好感度」
動きやすさにこだわったメンズライクな着こなし。清潔感を意識したわずかな色の差が奥行きをもたらし、だらしなさやもたつきを回避。


サングラス 32,000円+税/BJ CLASSIC COLLECTION(Eyes Press) 白クルーネックTシャツ 5,800円+税/THE SHINZONE(シンゾーン ルミネ新宿店) 黒フェイクレザー巾着バッグ 5,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) ミントスエードパンプス(8月発売予定) 26,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa オフ白タックテーパードパンツ 19,000円+税/カレンソロジー(カレンソロジー 新宿) グレースエットトップス(8月展開予定) 17,000円+税/nagonstans


COMPACT & FLARE
「適当なメリハリ」
それとなく体のラインをごまかせる広がりと、そのボリュームをそぎ落としてくれるミニマムさ。スタイルアップに直結する黄金バランスだから、あえてラフに仕上げるくらいがちょうどいい。

BALANCE UP
「素材を生かしてとどめる、流す」
腰から下のラインを隠してくれるフレアスカートは、フィット感のあるトップスでボリュームダウン。すそをINしないあいまいな境界線でかたさを払拭。上半身を包むようにスエットを肩にかければ、タイトな形の緊張感はさらに薄れる。


黒スエードヘップサンダル 28,000円+税/BED&BREAKFAST(GREED International Tokyo Store) ネイビー×イエロー花柄フレアスカート 21,000円+税/RHC(RHC ロンハーマン) ゴールドプレートピアス 14,500円+税/TODAYFUL(LIFEs 代官山店) オフ白スクエアネックタンクトップ 6,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) グレースエットトップス(8月展開予定) 17,000円+税/nagonstans

VOLUME & LONG
「それとなく隠して、下で流す」
体にまとわりつかず、シルエットをやさしく包むオーバーサイズ。流れを生み出す、長くてしなやかなボトムを合わせることで快適さはそのままに、強さや迫力をトーンダウン。

EFFORTLESS
「フリルを落ち着かせるしなやかなネイビー」
シンプルの気分転換としてワードローブに選ばれたフリルブラウス。視線を縦に流してくれるネイビーのとろみパンツなら、甘さもエレガントにおさまる。


共布ベルトつきネイビーワイドパンツ 16,000円+税/AKTE ベージュフレームサングラス 25,000円+税/BLANC レオパード柄ハラコショートブーツ 142,000円+税/シャーロット オリンピア(ロンハーマン) 白ノースリーブフリルブラウス 18,000円+税/ソブ(フィルム)

LAYERED
「ワンピ1枚のときよりほっそり」
広がりのあるワンピースに、ビッグシャツを+1。前を軽く結んでウエストにアクセントをつけることで躍動感がきわ立ち、大きいフォルムを軽やかに好転。


ダークブラウンビーチサンダル 6,300円+税/AKTE ベージュリネン混マキシワンピース 24,000円+税/NINE(NINE ルミネ新宿) ゴールドプレートピアス 14,500円+税/TODAYFUL(LIFEs 代官山店) 白ビッグシルエットシャツ 35,000円+税/robelite & CO.(アイクエスト ショールーム)

SQUARE & LEAN
「心地のいい四角形」
服と体との間に適度な余白をつくってくれる、横にゆとりのある四角いフォルム。広がりすぎないすそのおかげで、リラクシーな形でもきちんと感を演出可能。

WITH LONG SHIRT
「シャツのハリさえも味方につける」
シャツのぱりっとしたかための生地が、すっと伸びた四角いシルエットをあと押し。上下からわずかにのぞかせた少量の淡色でボリュームを適度に引き算。ひかえめなストライプも細見えをアシスト。


ベージュニットタイトスカート 13,000円+税/カレンソロジー(カレンソロジー 新宿) ブラウン×白コンビローファー 62,000円+税/ジョセフ チーニー&サンズ(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店) オフ白スクエアネックタンクトップ 6,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) ブルー×白ストライプバックティアードシャツワンピース 24,000円+税/NINE(NINE ルミネ新宿) 細フレーム眼鏡 29,000円+税/Seacret Remedy(Eyes Press)

元記事を読む