ここで見極めよう! 遊びじゃない「本命女子」への接し方5つ

気になる彼が自分のことをどう思っているのか、気になるのは当然ですよね! とはいえストレートに「私のこと好き?」と聞いてギクシャクしたら困ります。というわけで、彼の気持ちを普段の言動から探ってみましょう! 今回は男性たちの意見を参考に「遊び目的じゃない“本命女子”への接し方」をご紹介します。

「本命女子」への接し方は?

1. いいお店に連れていく

男性は好きな女性には「かっこいいところ」を見せようとするもの。初めてのデートや数回目のデートでは「いいお店」に連れていって「かっこいい!」と思われたいという声も目立ちました。オシャレなお店、高級なレストランなどいい場所に誘うなら脈アリの可能性が!

「気になる女性にはかっこいいところを見せたいので、いいお店に誘いますね! 背伸びして高級レストランを予約して『素敵なお店を知っていてさすが!』と思われたい(笑)。かなり仲良くなるまではいいお店に連れていきます」(31歳・通信会社勤務)

▽ もちろんお互いに肩がこらない場所が好きなタイプなら、カジュアルなお店にも誘いますが、リーズナブルすぎるお店には連れていかないという声も目立ちました。

2. ボディタッチしない

本命の女性には、できるだけボディタッチをしないという声も! 軽い男だと思われて嫌われたくないので、正しくは「ボディタッチできない」「手を出せない」という感覚なのだとか。本当に好きな女性に対しては、奥手になってしまう男性も少なくないそうです。

「本当に好きだと尊い存在になるので、軽くボディタッチできないですよね。意識すればするほど、手を出せなくなります。軽い男だと思われて嫌われたらアウトなので本命には慎重!」(29歳・メーカー勤務)

▽ 体目的だと思われたくないので、ボディタッチはしない。他には、デートでは遅くとも終電で帰らせるのが本命のサインという声が!

3. 二人で会おうとする

みんなで会う仲なのに、二人だけで会おうとするのも「本命」という声がありました。女性は周りをかためてからアプローチしようとするケースが多いですが、男性の場合は「好きな女性は最初からデートに誘う」という違いがあるのだとか!

「好きだなって思ったら、二人で会おうとします。最初からデートに誘ってしまう! みんなで会う仲でも二人きりで会う口実を作ります。完全に友達なら、わざわざ二人だけで会わないかも」(30歳・IT関連)

▽ 彼のほうから二人きりで会う提案がある場合は、脈アリの可能性大! みんなで会うより二人で会おうとするかどうか、も判断基準になりそうですね。

4. 誰に会ったのか知りたがる

○○にいってきた! ○○の飲み会に参加したよ! と話をしたときに「誰といったの?」「誰が来たの?」と聞いてしまうのは本命女子だけという声も。内容について聞くのではなく「Who」が気になるのは、恋する女子と同じではないでしょうか?

「気になる女性が『○○さん主催の飲み会にいった』と言うときには『誰が来たの?』『誰といったの?』と聞いてしまう。どんな男が来たのか、めっちゃ気になるじゃないですか(笑)」(31歳・通信会社勤務)

▽ 内容についてではなく「誰が来たの?」「誰といったの?」と聞く場合は「あなたが誰と会っているのか」を気にしているサイン。

5. 忙しくても会おうとする

好きな女性に「会いたい」と言われたら、どんなに忙しくても時間を作るという声も目立ちました。会えなくても「○日なら空いているよ」と別日を提案して「○時以降でどう?」とたとえ短い時間でも会おうとするのは「好意」があるからこそ!

「本当に好きな女性とは忙しくても、スキマ時間で会おうとします。会いたいと言われたら確実に応えるし、こっちからも『○日の○時とか空いていない?』と声をかけます」(30歳・商社勤務)

▽ ごめん、忙しくて時間がない……とあいまいにせずに「○日なら空いているよ」と提案してくれる場合は脈アリ率が高いです!

まとめ

こんな接し方に思いあたるところがあれば「遊びではなく本気で好き」である可能性が! 本命女性に対しては慎重になってしまうという声もあるので、大切にされているかどうかも彼の気持ちを見極める判断材料になるのではないでしょうか?

元記事を読む
提供元: Googirlの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。