岸井ゆきの、深田恭子は「色に例えると“桃”!」初共演の印象語る<ルパンの娘>

岸井ゆきのが、深田恭子主演ドラマ「ルパンの娘」第3話以降の追加レギュラーキャストに決定した
(C)フジテレビ

【写真を見る】和馬(瀬戸康史)とのお見合いで「見ないでいただけますか」照れる岸井ゆきの

深田恭子が主演を務めるドラマ「ルパンの娘」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)の、第3話以降のレギュラーキャストとして岸井ゆきのが出演することが分かった。

エミリについて、岸井ゆきのは「とても面白い役だなと感じています」とコメント
(C)フジテレビ

「ルパンの娘」は横関大の同名小説を原作に、代々泥棒一家の娘・三雲華(深田)と代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の、決して許されない恋愛を描くラブコメディー。

岸井が演じるのは、代々エリート警察一家の令嬢・橋元エミリ。エミリは、加藤諒演じる巻栄一のいとこで、警視庁刑事総務課に所属している。

和馬が無理やり行くことになるお見合いの相手だが、挙動不審な上に男性が苦手。

和馬と目が合うと「見ないでいただけますか」と言ってしまい、さらに「五七五の中でしか自分の感情をうまく出せない」という変わった性格の持ち主だ。

岸井がフジテレビドラマに出演するのは、2019年3月の「大奥 最終章」以来で、木曜劇場は2018年の「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」以来、約1年ぶり。

岸井は、脚本を読んでの最初の印象を「『なんだこれー!?』と思いました(笑)。すごく面白かったです。飛び出す絵本のような感覚です」と話す。

役柄については、「とても面白い役だなと感じています。私自身も感情を言葉にするのが苦手なので、似ている部分もあるのですが、私が思っている以上にエミリは切実な子なんだと演じてみて感じ、これからもしっかりと向き合いたいなと思っています」と紹介。

そして、「エミリが加わって、さらにいろいろな事が起きると思うし、私に限らず、きっと思いもよらないことがこれから起きると思うので、1話も見逃さずに最後まで楽しんでいただけたらうれしいです!」とメッセージを送った。

岸井ゆきのが、深田恭子主演ドラマ「ルパンの娘」第3話以降の追加レギュラーキャストに決定した
(C)フジテレビ

岸井ゆきのコメント

――原作、脚本を読まれた印象をお聞かせください。

脚本を読んでの最初の印象は、「なんだこれー!?」と思いました(笑)。すごく面白かったです。飛び出す絵本のような感覚です。

この文字に書かれている以上のことが映像になっていくと思うと、すごいことになるだろうなと感じました。そして2話まで放送を見ましたが、最初の印象以上にさらにキラキラしていて、すごく壮大でした。

見ていて、とてもワクワクしましたし、今の時代だからこそできるドラマだなと感じました。本当に面白かったです。

――今回の役柄については、どう思われますか?

とても面白い役だなと感じています。その一方で、せりふでスピーディーに話が展開されるこの作品の中で、エミリをどう演じたらいいのか、正直今でも悩んでます。

彼女はコミュニケーション下手で“五七五で気持ちを伝える”と、既にキャラクターが本の段階で立っていたので、最初に読んだ時はそこにとらわれがちでした。でも、一番大事なのはエミリの和馬に対する気持ちだと、撮影に参加してみてすごく感じました。

私自身も感情を言葉にするのが苦手なので、似ている部分もあるのですが、私が思っている以上にエミリは切実な子なんだと演じてみて感じ、これからもしっかりと向き合いたいなと思っています。

――今回、主演の深田恭子さんとはドラマでは初共演になります。

まだ撮影はご一緒できていないのですが、とても優しい印象で、色に例えると“桃”のようなイメージです!

遠くにいても優しいオーラが出ていて、CMでご一緒した時は現場が和む空気を作っていて、あれはやろうと思ってもできない空気だと思うので、本当に素敵なオーラを持っている、素敵な方だなと感じました。

――瀬戸康史さんとは、連続テレビ小説「まんぷく」(2018年~2019年、NHK総合)以来の共演になりますね。

やはり、長い期間一緒に撮影をしていたので、瀬戸さんがいると、とても安心します。今回の撮影でも、瀬戸さんはシーンや状況に合わせて距離感を変えて察してくれるので、こっちも気持ちを作りやすく、「まんぷく」の時を思い出して懐かしさも感じます。

あの時は瀬戸さんに好かれる側だったのが、「ルパンの娘」では私が和馬に一方通行の恋をする役なので、役の関係性が変わるのはこの仕事をする面白みでもありますし、楽しいです!

――「ルパンの娘」の中で気になるキャラクターはいますか?

栗原類さん演じる渉は、いつか外へ出ることがあるのか…。とても気になります!(笑)

――最後に、ドラマを楽しみにしているファンの皆さんへメッセージをお願いします。

これから「ルパンの娘」に参加させていただきます!

エミリが加わって、さらにいろいろな事が起きると思うし、私に限らず、きっと思いもよらないことがこれから起きると思うので、1話も見逃さずに最後まで楽しんでいただけたらうれしいです!

「ルパンの娘」第3話あらすじ

「きっと思いもよらないことがこれから起きると思います」と、今後の見どころについて話した
(C)フジテレビ

三雲華(深田恭子)は、交際相手の桜庭和馬(瀬戸康史)が警察官であることを祖母のマツ(どんぐり)に知られてしまった。華はマツに尊(渡部篤郎)たちには黙っていてほしいと頼むのだが、答えは得られない。

一方、和馬はアポ電強盗逮捕の手柄を典和に褒められる。だが、美佐子(マルシア)は華からの連絡が、和馬の犯人逮捕のきっかけだと知り疑念を深めていく。

タワーマンションに戻った華は、尊から“Lの一族”を潰すつもりかと言われてしまう。マツがバラしたのだと観念する華。しかし、尊が怒っていたのは悦子(小沢真珠)の手刀を浴びた和馬が倒れてしまったこと。

そんなことでは、泥棒一家に迎え入れることはできないと尊と悦子。話はズレていたが、どちらにしても華は和馬と別れを決意しなくてはいけない流れになってしまう。

そこに、渉(栗原類)からお宝を見つけたと報告が入る。IT会社社長が某王国の秘宝を落札したのだ。しかも、社長は脱税した金で購入する悪人。“Lの一族”、次のターゲットが決まった。

和馬はSNS強盗の担当に。SNSで目をつけた相手の住所や行動を追って、留守中に高級品を奪う手口だ。そのころ、華は美佐子に誘われ桜庭家にいた。美佐子は華に料理などを手伝わせ、指紋や血液型などを身に付けた鑑識能力で探ろうとしている。

和馬が帰宅すると、美佐子は和一(藤岡弘、)を呼びに行ってほしいと華に頼む。華が部屋に入ると、瞑想中の和一が真剣をふりかざして来た…。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。