1. トップ
  2. 恋愛
  3. 激痛ってホント? 子宮口を広げて分娩を誘発する“ラミナリア”の知識

激痛ってホント? 子宮口を広げて分娩を誘発する“ラミナリア”の知識

  • 2015.3.25
  • 22255 views

【パパからのご相談】

妻が第1子目を妊娠中です。もう臨月で、来週41週目に入ります。前回の検診に付き添ったのですが、医師からは子宮口がとても固いようだと言われました。 分娩を誘発することになりそうなのですが、その際にラミナリアというものを使うそうです。妻はそのことでとても不安になっています。男性である私が、知り合いの女性に聞いてみることもなかなかできず……ラミナリアとはどういったものなのでしょうか。

●A. ラミナリアは痛かった。でもそんなの忘れてしまうもの。

ご相談ありがとうございます。ママライターのマフィーです。

赤ちゃんに会えるのは楽しみ……でもその前に奥様のことが心配ですね。初めての出産で、初めて聞く言葉。不安にならないほうがおかしいですが、それでもこんなに心配してくれる旦那様をお持ちの奥様は幸せ者ですね。

私は医師でも助産師でもありませんので、医学的にどうか、ということはわかりません。ですが、第1子出産のときにラミナリアを使用しています。そのときの体験も含め、ラミナリアのご説明をしたいと思います。

●ラミナリアって何?

ラミナリアというのは、子宮口を広げたいときに使用される海藻でできた器具のことです。

ラミナリアには水分を含むと膨らむ特性があり、それを利用して子宮口を広げるんですね。徐々に水分を吸っていくので、少しづつ子宮口を広げていきます。主に、子宮口が0cmから1.5cmほどしか開いてないときに使用されるようです。

●ラミナリアの体験談

私がラミナリアを使ったときも、ご相談者様の奥様と状況は同じです。子宮口がまったく開かず、長時間歩いても体操をしてみても、何をしても固いまま。担当の医師に、「何か手術とかしているわけではないですよね」と聞かれても、どういう意味かも分からず、「何もしていませんが」と答えるような状況でした。

どうにもならないので、とりあえずラミナリアを入れてみよう、と言われたのは、過期産で入院した初日のことでした。ラミナリアは子宮口を開かせるためのものなので、子宮頚管から入れるのですが、これがもうとても痛くて痛くて……。

それはそうですよね。まったく開いていないところに、膨らんでいないとはいえ物質を入れるので痛くないわけがありません。ほとんど声になっていないような声を出していたように思います。入れた後は、違和感というほどの感覚もなく、意識すれば何か入ってることが分かる程度のものでした。普通に歩けますし、普通に座れます。

結果的に、私はラミナリアだけでは適切な陣痛が来ず、陣痛促進剤も併用することになりました。ただ、ラミナリアだけでも十分効果がある方もいらっしゃると思います。

●すぐに忘れてしまう痛み

痛みにも個人差があると思いますが、私にはとても痛い経験でした。ですが、出産の痛みはというと、ラミナリアの痛みを軽く超えるものだったんですね。それでもそんないくつかの痛みを忘れてしまって、私は第2子も無事に生んでいます。

奥様もご相談者様も、ご不安な気持ちはとてもよく分かります。私自身がとても不安でしたし。でも私が痛かったことも、奥様がこれから感じるかもしれない痛みも、赤ちゃんが生まれてしばらくたてば忘れてしまう。そのくらいのものです。奥様にわざわざ痛いかもしれないことを伝える必要はないと思いますし、母となる女性は多少の痛みくらい耐えることができます。

----------

どうか赤ちゃんが産まれるまでのあとわずかな時間が、不安だけで終わってしまわないよう、待ち望む時間が楽しい時間になることをお祈りしています。

【参考リンク】

・初めての分娩 | moony

●ライター/マフィー(ママライター)

大学を卒業して某都市銀行に勤務。いわゆる窓口のお姉さんになり、個人向け営業・資産運用相談業務に携わる。約7年間務めるものの、第2子妊娠を機に退職。退職後はベビーマッサージインストラクターの資格取得や、在宅ライターなど、趣味を兼ねてとりあえずいろいろしてみる。転勤族の夫と、生意気盛りの長女とマイペース過ぎる次女を持つママライター。