1. トップ
  2. 松本人志、“ウィットに富んだ”言動や本音の数々に絶賛の声殺到「上司になってほしい」「さすが松ちゃん」

松本人志、“ウィットに富んだ”言動や本音の数々に絶賛の声殺到「上司になってほしい」「さすが松ちゃん」

  • 2019.7.21
  • 1282 views
松本人志
KADOKAWA

7月21日に予定を変更して急きょ生放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、雨上がり決死隊の宮迫博之とロンドンブーツ1号2号の田村亮が20日に謝罪会見を行ったことに対して、松本人志と東野幸治が自身の見解と心情を吐露。

【写真を見る】後輩や会社を思いやり、ユーモアも交えて話す松本人志

歯に衣着せぬ松本の率直な意見、そして後輩と会社を思う、いろいろな意味で“ウィットに富んだ”言動にネット上で絶賛の声が殺到している。

宮迫と田村が「闇営業問題」について20日に緊急謝罪会見を開き、2人の発言により、吉本興業、さらに芸能界を揺るがす事態に発展していることを受け、同日松本はTwitterで「後輩芸人達は不安よな。松本動きます」とツイートし、早速吉本興業の大崎洋会長、岡本昭彦社長と会談を行った。

さらに同日中にすでに収録を終えていた21日の「ワイドナショー」を生放送にすることを提案し、実現。それを受け、松本と東野幸治、佐々木恭子アナウンサー、謝罪会見にも参加していた駒井千佳子リポーターがモニター以外何もないスタジオで、生放送を行い、宮迫と田村の会見の様子を見守り、それぞれ私見を述べるに至った。

松本は退社も考えたそう

番組内では、「僕の知らなかった事実があまりにも多過ぎて、俺も(会社に)だまされているような気になって。発端は彼らかもしれないけれども、ここまで追い込んだ、信頼関係がなくなってしまった会社に対しては絶対によくないし、吉本興業がこのまま壊れていく、潰れていくんじゃないかな、という危機感は持ちましたね」と、会社への不信感を赤裸々に語る。

さらに「みんながお金をもらったということを認めたと聞いて、よかった、俺の言う通りになったと思って会社としてはどうするか聞いたら『静観します』と言われたので、その時に『僕は吉本興業にいたくないかも。考えさせてください。こんな会社だったら駄目だと思うから』って言いました」と、退社すら考えたということも告白した。

また、実際に前日会長と社長に対峙(たいじ)した際には「芸人ファーストでなければならない。芸人のギャラの問題や、会社が変わらないといけない」ということや、「岡本社長に会見をさせなさいと。これは絶対にやらないと駄目だと言いました」という“松本にしか言えない”意見を述べたことを明かし、22日(月)に岡本社長の会見が行われることになった。

シリアスに本音を語る一方で、「会見後に宮迫から電話をもらったら、スッキリしていて。あいつまたやった(うそついた)な…」とスレスレのボケを入れたり、「やっぱり最後は岡本社長と宮迫が乳首相撲で対決して決着させるしかないと思う。乳首相撲は世の中のものを全部解決する!」と芸人ならではの解決策を提案したり…。

さらには仲良しの指原莉乃とのやりとりを明かし、「今日、僕仕事に出る前に指原からメールが来て…(笑)。『松本さん泣かないでね』って…。『泣くか!』と思っていたら、横で東野が号泣する…っていうね。それに駒井さんがもらい泣きするという地獄のような…挟まれ方」などと、決して重過ぎる空気にならないよう、誰もボケられない状況だからこそ自分が率先してボケるという、幾多の修羅場をくぐり抜けてきたからこそできる発言も織り交ぜ、生放送を終えた。

一連の松本の言動には、放送中・後に視聴者や著名人から賛辞の声が上がっており「松ちゃんみたいな上司が欲しい」「松本さんが社長になってください!」「松本さん、かっこいいです。こんな先輩がたくさんいたら…」「素晴らしい」「さすが松ちゃん」「東野さんが泣くのも珍しいよね」「この2人、最高にカッコイイ」などのコメントが相次いでいる。

また、「ワイドナショー」「松本人志」「松本さん」「東野さん」など関連ワードが続々とトレンド入りしていた。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む