1. トップ
  2. スキンケア
  3. あぶら取り紙は乾燥しない!夏の美肌をキープするあぶら取り紙の使い方

あぶら取り紙は乾燥しない!夏の美肌をキープするあぶら取り紙の使い方

  • 2019.7.22
  • 10602 views

そもそもあぶら取り紙の仕組みって?

そもそもあぶら取り紙の仕組みって?
出典:GODMake.

あぶら取り紙って何でできてるの?

そもそも、あぶら取り紙が何でできているのか意外と知らないという方は少なくないはず。実はあぶら取り紙の原料は、日本の伝統製法で作られている和紙なんです。

細かい繊維質によって皮脂を吸い上げる効果が高いとされ、もともとは舞妓さんのお化粧直しに使われ始めたのが、メイクグッズとして広く使われるようになったきっかけ。ティッシュペーパーなどよりも繊細な繊維質が特徴なので、肌に刺激を与えにくいのが特徴なんです。

あぶら取り紙は肌にいい!

顔のテカリが気になると、ハンカチやティッシュなどで抑えたくなってしまいますよね。でも、ティッシュペーパーやハンカチの繊維は肌に残ってしまいやすいので、かえって肌荒れの原因になってしまう可能性があるんです。

その点、繊維質が細かく繊細なあぶら取り紙なら、肌に繊維を残さずに肌にとって不要な皮脂だけを取り除くことができて便利。肌に浮いた不要な皮脂はテカリやメイク崩れだけでなく、ニキビや毛穴の黒ずみの原因にもなってしまうので、あぶら取り紙を使って適度に取り除いてあげることで、肌を健康な状態に保ってあげることができるんです。

「あぶら取り紙は肌が乾燥しやすくなるから肌に良くない」というイメージは、あぶら取り紙を上手に使えずに、肌にとって必要な皮脂まで取り除いてしまっていたから。あぶら取り紙の肌にいい効果だけを感じるために、正しいあぶら取り紙の使い方をおさらいしておきましょう!

サラツヤ美肌をキープ!あぶら取り紙の使い方

あぶら取り紙を使った方が良いパーツは?

あぶら取り紙を使った方が良いパーツは?
出典:GODMake.

あぶら取り紙を使った方が良いパーツは、皮脂の分泌が多いパーツ。皮脂が分泌される「皮脂腺」は顔全体に存在していますが、特に多いのはTゾーンとあごです。メイク崩れやテカリが生じやすいのもこのパーツなので、テカリが気になった時だけ使うようにしましょう。

反対に、皮脂腺が少ないのは頬などです。あまりテカリが気になることもないかと思いますので、あぶら取り紙は使わないようにしましょう。肌にとって必要な油分まで取り除いてしまい、乾燥の原因になってしまうかもしれません。

意外と忘れがちなのが、眉やまぶた。思いのほか皮脂が分泌されやすい部位なので、メイク前やメイク直しの時などにあぶら取り紙を使うようにしましょう。余分な皮脂を取り除くことで、アイシャドウの発色が良くなったり、メイクがFIXしやすくなるのでおすすめです。

当てる時は“そっと、優しく”

当てる時はそっと、優しく
出典:GODMake.

あぶら取り紙を使う時は、肌にそっと優しく当てるのが原則。時々あぶら取り紙で肌をゴシゴシとこすっている方を見ることがありますが、ゴシゴシこすったからと言って皮脂がより多く取れるということはありません。むしろ、皮脂を取りすぎてしまい、肌の乾燥やべたつきなどの原因になってしまいます。

気になる皮脂だけを取り除くように、テカリが気になるパーツにそっと押し当てて使うようにしましょう。

あぶら取り紙は絶対に使いすぎないで!

あぶら取り紙は絶対に使いすぎないで
出典:GODMake.

あぶら取り紙を使っている方の中には、「1年中あぶら取り紙が手放せない!」という方もいらっしゃるようです。ですが、原則あぶら取り紙が活躍するのは、1年の間でも特に皮脂の分泌が多くなる夏場だけ。秋冬になれば気温が下がるので、皮脂分泌も少なくなり、あぶら取り紙を使う必要があるほど分泌されなくなるはずなんです。

それでも「1年中テカリが気になる!」という場合は、テカリを気にしすぎて皮脂を取りすぎてしまっている可能性があります。テカリや毛穴の汚れの原因になる皮脂ですが、一方で肌のうるおいをキープする大事な役割も担っています。1年中季節を問わずあぶら取り紙などで皮脂を取りすぎてしまうと、肌が乾燥を抑えようとかえって皮脂を過剰に分泌してしまうんです。

肌のテカリを予防するためにも、あぶら取り紙は絶対に使いすぎないようにしましょう。夏場でもあぶら取り紙の使用回数は多くて1日2回まで。秋冬はメイク直しの際に1回抑える程度にとどめましょう。

あぶら取り紙を使ったら必ず充分に保湿を

あぶら取り紙を使ったら必ず充分に保湿を
出典:GODMake.

あぶら取り紙で肌の皮脂を取り除いたら、必ず保湿をするようにしましょう。 肌にそっと当てて皮脂を取り除いただけでも、あぶら取り紙を使った後の肌はやっぱり皮脂が普段より少ない状態になってしまいます。皮脂が少ない肌は非常に無防備な状態なので、すぐに保湿をするようにしてください。

メイク直しの時にあぶら取り紙を使ったら、最後に化粧水ミストを吹きかけてうるおいを与えてあげるのが丁度良いですね。気になるテカリを抑えながら、ツヤのある肌に仕上がります。

あぶら取り紙を使って夏の美肌をキープ!

あぶら取り紙を使って夏の美肌をキープ
出典:GODMake.

肌が乾燥しやすくなるイメージがあるあぶら取り紙ですが、正しく使うことでテカリのないサラツヤ肌をキープすることができます。夏を美肌で乗り切るために、あぶら取り紙を賢く活躍させてあげましょう!

元記事で読む