1. トップ
  2. 松本人志、会社に直談判「“松本興業”じゃないですけど、僕の部署を作ってくれ」

松本人志、会社に直談判「“松本興業”じゃないですけど、僕の部署を作ってくれ」

  • 2019.7.21
  • 292 views
松本人志
KADOKAWA

独自の視点で時事問題や芸能ニュースを取り上げるバラエティー番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)。7月21日の放送は、予定を変更して急きょ生放送となり、雨上がり決死隊の宮迫博之とロンドンブーツ1号2号の田村亮が20日に謝罪会見を行ったことに対して、松本人志と東野幸治が自身の見解と心情を語った。

【写真を見る】芸人らしく時折ボケを交えつつ話す松本人志…男気あふれる姿に絶賛の声が多数上がっている

番組は、冒頭で東野の謝罪とともに松本のボケも交えつつ始まり、生放送ということで視聴者からTwitterによる質問、意見も募集した。

率直な意見を求められた松本は「最初のフライデーが出た時に宮迫は『お金をもらっていない』と言ってたけど、あのパーティーの動画を見た時、やっぱりノーギャラとは思えないから『誰もお金をもらっていないというのは世間が絶対納得しないから、そこは認めないと反社(会的勢力)とは知らなかったということすら疑われてしまうよ』ということを言ったんですけど、納得してもらえなくて」と当初、宮迫にアドバイスしたことを明かした。

しかし、前日の会見を見て「やっぱり僕の知らなかった事実があまりにも多過ぎて、これは俺も(会社に)だまされているような気になって。発端は彼らかもしれないけれども、ここまで追い込んだ、信頼関係がなくなってしまった会社に対しては絶対によくないし、吉本興業がこのまま壊れていく、潰れていくんじゃないかな、という危機感は大分持ちましたね」と吉本興業に対しての不信感を募らせた。

一方、東野も吉本が問題を起こした芸人たちが会見したいと言っているのにさせない、「今さらひっくり返せません、静観で行きましょう」という方針、岡本(昭彦)社長の「会見をやってもいいけど連帯責任で全員クビにするからな」という発言を受けて「印象としてはそんなに驕り高ぶった言い方で、そんな偉そうになったんだと」と松本に同調した。

さらに松本は「みんながお金をもらったということを認めたと聞いて、よかった、俺の言う通りになったと思って会社としてはどうするか聞いたら『静観します』と言われたので、僕はその時に『僕は吉本興業にいたくないかも。考えさせてください。こんな会社だったら駄目だと思うから』って言いました」と会社に自身の態度を表明したという。

そして、東野と2人で吉本本社に直接出向き話した内容について聞かれると、松本は「結構いろいろさせてもらいました。芸人のギャラの問題や、会社が変わらないといけないということ。一番大きいのは、岡本社長に会見をさせなさいと。これは絶対にやらないと駄目だと言いました」と吉本に意見、そこで22日(月)に岡本社長の会見が行われることになった。

また、松本は「あと吉本内に“松本興業”じゃないですけど僕の部署を作ってくれと。やらかした子たちやイエローカードの子たちを俺が引き取るから。保証人になるから、ちゃんと生かしたってくれと。お笑いを愛する人間を、自分から辞めるならともかく、上から言われてクビっていうのは僕は絶対に違うと思うから」と要望し、上層部もそれを受け入れたそう。

そんな中、佐々木恭子アナウンサーから「すごく後輩思いであるっていうことが一連の騒動を通して感じられるんですけど、絆というか…」と言われると、松本は「絆なのかなあ。みんなお笑いに助けられたんじゃないですかね。お笑いがなかったら今の自分がないわけやから、お笑いが好きやし、お笑いが好きな子たちが好きやから、それだけのことですけどね」とお笑いへの感謝を述べ、東野も「宮迫と亮が吉本からこう言われたああ言われたって言ってましたけど、やっぱ吉本が好きだっていうのが伝わってくる会見でしたよね」と吉本への愛を確かめていた。

次回の「ワイドナショー」は、7月28日(日)朝10:00より放送予定。(ザテレビジョン)

元記事を読む