1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 睡眠の質をあげたい人必見!今すぐにでも取り入れたい心地良い寝室作り♪

睡眠の質をあげたい人必見!今すぐにでも取り入れたい心地良い寝室作り♪

  • 2019.7.19
  • 30150 views

いざ寝よう!とお布団に入っても、なかなか眠りにつけない方も多いかと思います。今回は、そんな睡眠にとって大切な寝室の作り方についてご紹介。

カラー、インテリア、レイアウト、家電、グリーンなど、心地良い睡眠のためのヒントをお伝えしているので是非参考にしてみてくださいね♪

同系色でまとめ統一感のある寝室

落ち着いたカラーでシンプルにまとめる

睡眠前には気持ちを穏やかにし、交感神経を落ち着かせることが大切です。赤などの刺激的なカラーよりも、落ち着いた色味がおすすめ。

こちらのお部屋はグレーのモノトーンで統一した寝室なので、脳の刺激も少なく落ち着いて眠りにつけそうですね♪

温かみのある木テイストの寝室

こちらは一人暮らしなど1R、1Kにおすすめしたいお部屋の事例です。狭いお部屋だとベッドはどうしても圧迫感を感じるもの。

低いベッドと木テイストのブラウンで統一することで、お部屋を広く使えるので落ち着いて寝れそうですね♪

利便性を考えた寝室作り

通気性が抜群!すのこベッド

梅雨や夏は湿気や熱が溜まりやすく、寝苦しい夜を過ごしている方も多いですよね過度な熱は睡眠の敵です。

そんな方は、マットの下にすのこのように通気性の良い木材を使用するのがおすすめです。

サイドテーブルにファンも置き、自然な風で空気の循環できるのも良いですね♪

隙間パッドで寝返りも楽ちん!

シングルベッドを2つくっつけて、キングベッドとして使用している人が抱える悩みが”隙間問題”!寝返りを打つうちに隙間が大きくなったり、ずれてしまったり。

そんな不快な寝心地を改善してくれるのが隙間パッドです。これで隙間を気にせずにゆっくり眠れますね♪

アイデアを取り入れた寝室

睡眠前の娯楽を楽しむ!

寝室にテレビを置いている場合、テレビを見るときだけ横向きになったりする方もいますよね。しかしちょうど良い高さって難しく、なかなかしっくりこない方も。

そんな方は、枕を重ね置きし緩やかなカーブを作ることで、壁に持たれられるアイデアリクライニングはいかがでしょうか。

未来を見据えた寝室作り!

こちらのお部屋は、将来の子供部屋を見据えて、壁を作って2部屋に分けられるようになったお部屋です。

それまでは家族仲良くベッドで川の字で睡眠。ベッドが分離しているので振動もなく快適睡眠ですね♪

簡単にできる模様替え

海外風のクッション重ね置き!

カバーを変えるのは面倒!そんな方は、クッションを追加してみるのはいかがでしょうか。

一度は憧れる海外風のクッション重ね置きベッド。ライトグレーで統一することで軽いテイストで落ち着いているけど、おしゃれな寝室に早変わり♪

ウォールステッカーで一気に様変わり!

たまには気分を変えて、キュートなデザインのタイポグラフィとクッションはいかがでしょうか。

木目調のベッドと化粧台、ホワイトのシンプルベッドカバーの寝室が一気に様変わり!

壁にさらっと描いたような、ナチュラルな雰囲気のステッカーなので、インテリアを邪魔することなく初心者でも取り入れ易そうですね♪

快適な寝室作りのためのアイテム

サイドテーブルを有効活用

ベットのサイドテーブルに消臭スプレー、壁にグリーンを配置。寝る前や寝起きにシュシュっとスプレーして消臭することで、嫌な匂いとさようなら!

グリーンを置くことでフィトンチッド効果もあり、心地良い睡眠へ導いてくれそうですね♪

睡眠時は携帯と距離をとる

枕元にアラーム設定をした携帯を置いて寝ている方も多いのでは?

スマホやPCからでるブルーライトの過度な刺激は、睡眠の妨げになるので要注意です。

お布団に入ったらぐっすり眠るためにも、少し離れたラックなどに置いてみると良いかもしれませんね。

睡眠前の読書タイム

スマホのブルーライトは良くないけど、読書は目の負担さえなければ寝る前に楽しみたいもの。

読書用のライトを照らして、ギリギリまで読書して眠りを誘うのも良いですね。くれぐれも寝落ちしないように寝る前にはライトを消しましょう♪

体内リズムを整える

朝日で自然と目が覚める寝室

ブルーライトをカットしたら、次は朝の目覚めの改善です!大きな窓から差し込む朝日で目を覚ますと、ストレスのない目覚めが期待できます。

夜モードから朝に体内リズムをリセット!強引に起こされる感じも少なくて良いですね♪

アロマと加湿器で保湿

喉のケアと言えば、加湿器。無印良品のアロマ加湿器はデザインもシンプルだし、コンパクトなので狭いスペースにも配置可能です。

快適な睡眠のために、自分の好きな香りを取り入れるのもおすすめです♪

快適に過ごす寝具のメンテナンス

定期的にダニや汚れのケアも

シーツと違いメンテナンスが難しいマットレス。知らず知らずのうちにダニの温床になっているなんてケースも。

毎週はできなくとも、定期的にダイソンやレイコップなどの家電でメンテナンスすると安心して眠れそうですね。

洗濯できないものは紫外線除菌!

子供がいると、オネショや汗など布団トラブルが日常茶飯事。カバーは洗濯できるけど、お布団のケアにお悩みの方も多いもはず。

そんな時は、布団干しを活用して部屋でも適宜紫外線除菌。湿気も取れるのでおすすめです♪

まとめ

睡眠は、健康的な日常生活を送るためには大切な要素です。

ちゃんと寝たはずなのに疲れが取れないというのは、何かしら問題を抱えていることも。積み重なると不眠にも繋がりかねません。

少しでも気になる方は、快適な睡眠を確保するためにも是非取り入れて見てくださいね♪

元記事を読む