1. トップ
  2. ヘア
  3. 艶とボリュームを出す「巻き方のコツ」とは?

艶とボリュームを出す「巻き方のコツ」とは?

  • 2019.7.17
  • 7141 views

全体的にボリュームはあっても、どうしてもトップがペタッとしがち。そんな髪悩みに応えてくれるのが、MINX 銀座二丁目店 店長/トップデザイナー、徳永利彦さん。

「髪を乾かす時点から頭頂部の髪を根元から立たせるように、分け目とは逆方向からドライヤーをあてるのがポイントです。頭頂部がフワッと立ち上がるだけで若々しい印象に仕上がります」(徳永さん)

トップに立ち上がりをつくり、ツヤ髪に整えるプロ技を教わります。

【お悩み】トップがへたりやすく、せっかくブローをしてもスタイルが長持ちしません!

ミディアム代表:渡名喜織恵さん(44歳/フリーアナウンサー)のお悩みを解消するには…

■髪型:レイヤーは顔まわりと頭頂部に入れ、全体を重めのシルエットに

完成
サイド
バック
渡名喜さんのHAIR CHART
  1. やわらかさ(柔→硬) ★★
  2. ボリューム(少→多) ★★★
  3. 髪の太さ (細→太) ★★
  4. うるおい (乾→潤) ★★
  5. 白髪の量 (多→少) ★★★

髪全体のボリュームはあっても、頭頂部がへたりやすい渡名喜さんの髪。「ボリュームを出すためにトップにレイヤーを入れています。全体に入れてしまうとツヤが出にくく、パサついてしまうので、ほかは控えめにしてちょっと重めのスタイルにしています」(徳永さん)

重たくなると動きが出にくくなるため、「顔まわりにレイヤーを入れて軽さを出しました。毛先の動きでフェイスラインが引き締まって見える効果も狙えます」(徳永さん)

■スタイリング:頭頂部はドライヤーとカーラーで根元から立たせること

すぐにペタッとなる頭頂部は、念入りなスタイリングを。「分け目とは逆方向からドライヤーをあてることで根元を立ちやすくし、カールアイロンで根元を起こすように巻いてクセをつけるのがポイント。サイドやバックはツヤ感が欲しいので、一気にカールアイロンをあてるのではなく、2~3ブロックに分けて、こまめにスタイリングしてください」(徳永さん)

スタイリング前
■1:分け目とは逆方向からドライヤーをあてる
手ぐしで分け目と逆方向にとかしながら、ドライヤーをあてる。
■2:頭頂部の真ん中あたりの毛束を中間から根元に向かってカールアイロンで巻く
カールアイロンで毛束の根元を起こしながら、後頭部の方向に巻く。
■3:サイドの髪を上下2ブロックに分け、カールアイロンで内巻きに
毛束の中間から毛先に向かって内巻きに。下段の髪が巻き終わったら上段の髪も同様に。
■4:バックも上下2~3段に分け、毛束の中間から毛先に向かって内巻きに
毛量に合わせて上中下または上下に髪を分け、各段の毛束をカールアイロンで内巻きに。
<老け見えをくい止めるポイント3か条>
  1. レイヤーは頭頂部と顔まわりを中心に入れる
  2. 頭頂部の髪はドライヤーとカールアイロンのW使いで根元から立たせる
  3. サイドとバックの髪はブロッキングしてこまめにカールアイロンで巻く

「ブロッキングしてカールアイロンで巻くと、上段のカールと下段のカールがぶつかり合って、それが毛先の表情になります。カールの位置を揃えてしまうと、重たい印象になってしまいます」(徳永さん)

MINX 銀座二丁目店 店長/トップデザイナー・徳永利彦さん。カフェ巡りが趣味。「昔ながらの喫茶店も好きですね。今は表参道のカフェを開拓中です」

お問い合わせ先

MINX 銀座二丁目店
住所/東京都中央区銀座2-3-1 Ray Ginza 9F
TEL:03-5524-0081
営業時間:平日:11:00~21:00、土:10:00~20:00 日・祝日:10:00~19:00
火曜定休(祝日の場合は営業)

技術はもちろん、インテリアや空間にもセンスが感じられる上質なサロン
元記事で読む