1. トップ
  2. 恋愛
  3. 男子が「結婚はやっぱりやめよう」と考えてしまう女子の特徴

男子が「結婚はやっぱりやめよう」と考えてしまう女子の特徴

  • 2019.7.16
  • 56046 views

大好きな彼との結婚を意識し始めたのに、彼の態度が変わってきてしまった…。

女子が多くの不安を感じてしまうシチュエーションです。

そこで今回は、そんなシチュエーションにならないように、男子が「やっぱりこの子との結婚やめよう」と警戒してしまう女子の残念な特徴を、5つお伝えします。

男子が結婚をやめようと思う女子

特徴1:整理整頓ができない

結婚を意識している女子に対して男子がチェックをしていることとしては、“整理整頓ができるかどうか”。

結婚後は家計の管理、書類の管理などは男子が苦手。このように手が実際回らない箇所を女子に任せようとします。

ものをすぐどこかに無くしてしまったり捜し物が多かったりすると、男子は不安に思います。
2人とって重要なものが無くなってしまうかもという不安を持ちながら、心配をしながら過ごさないといけなくなってしまうので。

特徴2:お金の使い方を把握していない

女子の方が収入が高いケースも多くなってきました。そういう中で、自分の資産やお金についてきちんと把握していない女子は、男子から「やっぱりやめておこう…」と警戒されます。

結婚後に財産を共有にすることも多いでしょう。そんな中、自分自身のお金の使い方もはっきり把握していない女子に家計を任せるのは不安ですよね。

特徴3:好き嫌いが激しい

男子が結婚をやめようと思う女子

仕事ができる男子は特に、女子に健康管理、特に食事のバランスの管理などを期待することが多いです。

そのため、いわゆる好き嫌いが激しい女子は、それが結婚を考えるときにハードルになってしまうことが多いです。

もちろんアレルギーなどで食べれないものは仕方ありません。

一方で、自分の嫌いなものだとしても健康を考えて勧めてくれたり、そういう配慮ができるかどうかを男子はチェックしています。

好き嫌いがあることは仕方のないことですが、結婚は共同生活。

女子側も早めに意識改革をしておかないと、男子に警戒されてしまいます。

特徴4:ドはまりの趣味がある

趣味で生活にバランス、メリハリをつけることは非常に大切です。

ただ、“ドはまり”といったように過度な趣味を持つ女子は注意が必要です。

たとえば、毎週コンサートに行ったり、ゴルフ合宿へ2週間ほど休みを取って行ったり。

そういうドはまりした趣味を持っている女子は、そのペースた満たされないと大きなストレスになります。

一方、結婚生活ではそういった独りのときと同じような趣味の継続はほとんどの場合難しくなります。

子どもができると、特に小さいときなどは独身の時とは全く異なる時間の使い方になるでしょう。

男子もこの点はしっかり理解しているので、ドはまりした趣味のある女子は警戒対象となることが多いです。

特徴5:実家が大好き

結婚後、お互いの家族との交流は避けられないケースがほとんどです。

一方で、相手側の家族との交流は大きなストレスを伴うことがあります。

そのため、男子は、「実家が大好き。いつでも帰れる。毎回帰っている。」といったように実家大好き女子に対しては、結婚をイメージするときに「やっぱりやめようかな…」と一歩距離を取ってしまいがちになります。

もしも実家が大好きなのであれば、結婚前に彼にも大好きになってもらえるように、何度も連れていき、第二の故郷となるように計画していった方がいいでしょう。

おわりに

今回のヒント、いかがでしたでしょうか?

男子にとっても結婚と恋愛は大きく異なる捉え方をしていることが多いです。

結婚を前提としてお付き合いを深めている女子は、ぜひ今回のヒントを参考にしてみてくださいね。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事を読む