1. トップ
  2. レシピ
  3. 旬野菜×ご飯でひと皿で満足感あり。間違いなくおいしい「夏野菜のチャーハン」5選

旬野菜×ご飯でひと皿で満足感あり。間違いなくおいしい「夏野菜のチャーハン」5選

  • 2019.7.16
  • 7866 views
「豚肉とゴーヤーの昆布チャーハン」
料理:小林まさみ 撮影:田村昌裕

彩りも鮮やかな「ピーマンとししとうのチャーハン」

手軽に作れるチャーハンは、余ったご飯のアレンジとしても便利なメニュー。野菜も一緒に摂れるため、1皿で満足できる献立としても人気があります。今回は、夏が旬の野菜を使ったチャーハンのレシピをご紹介。夏らしさが感じられる野菜たっぷりのチャーハンは、忙しい日の夕食にも、お手軽ランチにぴったりですよ。

豚肉とゴーヤーの昆布チャーハン

【材料・2人分】

ゴーヤー 小1本(約150g)、卵 2個、豚ひき肉 100g、塩 小さじ1/4、塩昆布 大さじ2、温かいご飯 300g、しょうゆ 小さじ1、サラダ油

【作り方】

1. ゴーヤーは縦4等分、横5mm幅に切る。ボウルに入れ、塩小さじ1/4を混ぜる。卵2個は溶きほぐす。

2. フライパンにサラダ油大さじ1/2を強火で熱する。溶き卵を入れ、半熟状に炒って取り出す。フライパンを拭き、油大さじ1/2を足して強火で熱する。豚ひき肉を入れ、色が変わってポロポロになるまで炒める。ゴーヤーの水けを絞って加え、約2分炒める。

3. 温かいご飯を加えてほぐしながら炒め、しょうゆ小さじ1を回しかける。卵を戻し入れ、塩昆布を加え、大きく混ぜて炒める。

(1人分520kcal、塩分2.1g)

卵は半熟状に炒めておいて、ご飯を炒めた後で追加するのがふんわりさせるポイント。塩昆布を使ったあっさり味で、豚ひき肉とゴーヤーの味が引き立ちます。

ピーマンとししとうのチャーハン

ピーマンとししとうのみそ漬けを使った1品。辛めの味つけが食欲を刺激するので、スタミナ不足になりがちな夏にピッタリです。

彩りも鮮やかな「ピーマンとししとうのチャーハン」
料理:野口真紀 撮影:日置武晴

ガーリックレタスチャーハン

炒めたご飯に、ミニトマトと一口大にちぎったレタスをプラス。野菜の食感を楽しめるチャーハンになりますよ。

「ガーリックレタスチャーハン」
料理:藤井恵 撮影:木村拓

なすとひき肉のチャーハン

焼き肉のたれを使ったコクのある味わいが魅力です。せん切りにした青じそと合わせれば、一風変わったチャーハンのできあがり。

「なすとひき肉のチャーハン」
料理:小林まさみ 撮影:木村拓

干しきゅうりチャーハン

天日干ししたきゅうりは、うまみが凝縮されていて炒め物にぴったり。余分な水分が抜けて、コリコリとした食感になります。

「干しきゅうりチャーハン」
料理:飛田和緒 撮影:広瀬貴子

同じチャーハンでも調味料や具材を変えれば全く違う味に。定番の味になってしまいがちなメニューだからこそ、旬の食材を取り入れてみてください。(レタスクラブニュース)

元記事を読む