1. トップ
  2. メイク
  3. 「マスクの日」のメイク法、ポイントは「目力のコントロール」でした!

「マスクの日」のメイク法、ポイントは「目力のコントロール」でした!

  • 2015.3.25
  • 15165 views

花粉症の人にとって、まだまだ外せない“マスク”や“メガネ”。マスクをすることで顔の半分が隠れる分、目がすべての印象を左右します。メガネも同じく、フレームによって、自然と目元が強調されます。

つまり、

「マスクの日」と「メガネの日」は、“目まわり”がメイクのポイントに!

『美的』5月号の「どうする?マスクの日、メガネの日のメイク問題」から、「マスクの日」のメイクポイント、「メガネの日」のメイクポイントをそれぞれご紹介していきます。まず今回は「マスクの日」編!

<「マスクの日」のメイクポイント>
●白いマスクによって強調される“くま”は、明るさでカバー
●目元しか見えないから、目力を出しつつ優しい雰囲気に
●マスク内のヨレと、マスクの摩擦から肌を守るベース作りを

【アイライン】目尻のラインを少し下げ、丸みを出す

目尻のアイラインは、目を開けて正面を見ながら、目の形に沿って、少し下げ気味に5mmほどのばして描きます。優しい印象に仕上げるなら、ブラウンのアイライナーをチョイスして。

【まつげ】黒目の中央のみ上下に、マスカラを重ねる

マスカラを全体に塗った後、上下とも、黒目の中央にのみ重ねづけ。これで、丸みのあるかわいらしい目元に。

【下まぶた】目の下のキワにパウダーをのせヨレ防止

マスクをしていると目の下が蒸れて、メイクがヨレがち。ヨレ防止のために、フェイスパウダーを目の下のキワにまでしっかりつけます。

【くま】黄色系のコンシーラーをプラスし、トーンUP

マスクの白さで、目の下のクマがいつもより目立ちやすくなります。特に目立つのは、目頭下。黄色系のコンシーラーを目頭から放射線状にのせ、指でなじませましょう。

★さらに、プラスワンテクニック!

メイクの仕上げにミストでフィット感を高めたいけど、ミスト後にマスクをすると蒸れやすくなり、ヨレの原因に。そんなときは、マスクの上からミストをかけて、メイクをフィットさせるのがコツです。

 

マスクをすると、目元だけが見えるからと、盛りに盛ったアイメイクではなく、きちんとコツを押さえてメイクを仕上げたほうが、より魅力的な目元に仕上がります。次回、「メガネの日」のメイクポイントをお届けします!(さとうのりこ)

★こちらも参考に! 花粉症でも簡単に盛れる「マスクメイク」をお教えします!

(『美的』2015年5月号)